大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


南千住 「尾花」の「うな重」

投稿日時:2010/06/09(水) 10:02rss

南千住の「尾花」といえば飲食店のジャンルを問わず、荒川区を代表する名店と言えるでしょう。
常磐線の線路沿いという不便な立地にもかかわらず、遠方からの来店も多いようです。
自宅の目の前にある洋食の「香味屋」同様、近くにあるお店って、なかなか足が遠のいてしまうのはなぜ?

さて今回ゲストさんのリクエストで久々「尾花」を訪問しました。

00387j

相変わらず立派な佇まい、風格さえ感じますねぇ~。

大広間の座敷の隅に案内されて、お品書きを見て生唾を飲んでしまいました。

00393j

しばらく来ない間にまたお値段が上がっていたんですね。
まずは、お新香と燗酒でウォーミングアップ。

00391j

「う巻き」でもと思いましたが値が張るので、お品書きにはない普通の「厚焼き玉子」を注文。

00394j

ここの玉子焼、いつ食べてもふんわりしていて美味しいけど…お値段はいくらなんだろう。
値段を聞いたら食べられなくなりそうで聞けませんでした。

40分ほど待っていて登場したのは、3000円なのにすその「うな重」。

00398j

香り豊かな山椒をかけていただく「うな重」は相変わらず「旨い!」の一言。

鰻の大きさといい、蒸し加減といいい、焼き入れの具合といい、タレの甘辛加減といい、どれも最高です。

お隣さんが食べていた鰻のタレを使った「焼き鳥」が美味しそうだったなぁ。

次回は懐具合を気にしないで思いっきり食べてみたいと思います。

それから、明後日から日曜日まで神奈川にある断食道場に行って「毒だし」してきま~す。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年6月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一