大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


甲子温泉 大黒屋

投稿日時:2006/08/18(金) 07:20rss

昨日ご紹介した、甲子温泉の大黒屋さんへのアクセスは、白河方面から国道289号を行き止まりまで向かいます。
こちらが、旅館の先にある行き止まり地点です。

国道289号

この旅館では、テレビはBS放送しか入らないですし、携帯もうまく受信できません。
そんな山奥なので、夜になると珍客があらわれます。
こちらが、夜な夜な餌をお目当てにあらわれる”テン”という動物です。

テン

イタチにも似た一見かわいい、”テン”ですが、調べてみると、山地に生息し、樹上の小鳥やリス、ネズミなどを素早く捕らえる肉食性の動物だそうで、餌になる小動物がいない森では、決して生きることのない、極めて自然環境に敏感な、警戒心の強い動物だそうです。
すなわち、ここは”自然度”の高い場所といえるようです。

しかし、現在行き止まりの289号も、2年後には、会津田島から新潟へ抜けるトンネルが開通するそうなので、自然環境が大きく変化するのは間違いないようです。
話はさかのぼること30年前、田中角栄さんの一声で始まったトンネル工事だそうで、ようやく開通のめどが立ったようです。
現在のところ、4月上旬から11月中旬営業中の大黒屋さんですが、トンネルが開通すると、年中無休になるそうなので、うれしいやら、大変やら、複雑な心境のようです。

また、国道289号沿いの西郷村には、村営の”キョロロン村”という自然を生かした遊戯施設があります。
連日、チビッ子とアスレチックやテニス、パターゴルフなどをして楽しんできました。

キョロロン村

いっぱい遊んだ後は、名物の白河ラーメンを食べてみんな大満足でした。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一