大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


千葉のおばちゃん

投稿日時:2006/07/28(金) 08:19rss

毎週金曜日の朝、うちの実家に野菜の行商をやっている、通称”千葉のおばちゃん”が台車を押してやってきます。
”千葉のおばちゃん”は、千葉県佐倉市郊外の農家の方だそうで、朝一番の京成電車に乗って、収穫した取立て野菜を売り歩いてまわっています。
以前は、いっぱいの野菜を、小さな背中にしょってまわっていましたが、最近は町屋駅の近くに台車を預けてあるので、ずいぶん楽になったそうです。

さて今日はどんな野菜があるかなぁ。
のぞいてみると、トマトに人参、キュウリに枝豆などなど、取立ての野菜がかごの中に詰まってます。
この野菜は、おばちゃんとご主人が丹精込めて作ったんだそうです。

笑顔の素敵なおばちゃんとツーショット。
千葉のおばちゃん
こちらのおばちゃん、今年でナント!80歳!だそうです。とても見えませんね。

おばちゃんのお話によると、東京には週2回来ているそうで、それ以外の日は、同い年のご主人と仲良く畑仕事をしているとのこと。
生まれてこのかた病気知らずで、医者の世話になったことがないんですって。
元気の秘訣は、毎日楽しく働くことだそうで、まさに生涯現役ですね。
同じ行商の仲間がリタイアしていく中で、元気なうちは、ずっと仕事を続けると意気込んでいるおばちゃんを見て、「可愛くて」、「かっいこいい」と思いました。

今朝も、おばちゃんの満面の笑顔で元気をいっぱいいただきましたので、
皆さんにも、おばちゃんの元気な笑顔のおすそ分け。
千葉のおばちゃん2

千葉のおばちゃんの取立てトマトと枝豆、しめて、800円なり~!チャリ~ン!

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一