大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


浅草 「酔虎」のふぐ

投稿日時:2008/01/30(水) 08:39rss

「きりたんぽ鍋」に続き、この寒い時期になると食べたくなるのが「ふぐちり鍋」。
私のお気に入りは、浅草雷門通りの路地裏にある、こちらの「割烹 酔虎」。

0128022

浅草の繁華街にある「酔虎」ですが、一見さんを寄せ付けない独特の雰囲気をかもしだしています。

店内に入ると、確かにご主人と顔なじみの常連さんばかりのようですね。

0128008

いただいた「ふぐコース」の出だしは、こちらの前菜から。
レアな鴨ロース、ふぐの煮こごり、きぬかつぎ、どれも酒の肴にぴったりです。

0128001

ふぐひれ酒が五臓六腑にしみるなぁ~。

お待ちかねの「ふぐ刺し」が登場、こちらで二人前になります。
関西では「てっさ」って言うんでししたっけ?

0128003

さすが新鮮な天然もの、肉厚なんで食感からして違いますねぇ~。

お鍋がくる前にこちらの「ふぐのから揚げ」をいただきました。

0128013

もう一個食べたくなる美味しさ!しあわせ~!

いよいよ「ふぐ鍋」の準備ができたようです。

0128016

見てください!この「ふぐ」のボリューム!ふぐチェーン店の何倍もありますよ!
ふぐの骨まわりと野菜を煮ておいてから、ふぐの肉部分は、軽~くシャブシャブしていただきました。

最後はもちろん、「ふぐ雑炊」にしてきれいに残さずいただきました。

0128020

こちら「酔虎」さんの「ふぐコース」、お一人様、8,000円なり~!
天然ものでこのボリューム、ぜったいお値打ち間違いなしです。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一