大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


紅葉の京都へ

投稿日時:2006/11/27(月) 08:55rss

先週末、両親と弟の4人で、晩秋の京都へ紅葉を観に行ってきました。

25日の土曜日は、紅葉見学のピーク、清水寺や東福寺などの人だかりを避け、あえて桜で有名な醍醐寺を見学してきました。

daigozi1

こちらは、醍醐寺奥にある弁天堂の紅葉です。
人出も少なく、のんびりと紅葉を鑑賞することができました。
あまりの見事さに、感慨もひとしお、思わず紅葉じゃなく高揚してしまいました。

daigozi3

こちらの五重の塔は、京都で一番古い五重の塔だそうで、ユネスコの世界遺産にもなっているそうです。
見上げているだけで、歴史の重みを感じました。

daigozi4

こちら醍醐寺は、江原啓之さんの「神紀行 京都」でも最初に取り上げられている、スピリチュアルスポットということで、パワーをたくさんいただけたようです。

昼は、京都の中心地、四条へ行って、「たん熊北店本店」で、こちらの見て楽しい、食べて美味しいお弁当をいただきました。

tankuma

さて、午後からは、北へ上ってあこがれの修学院離宮を見学してきました。

shugakuin

こちらは、宮内庁の管轄なので、前もって抽選で申し込み、みごと当選!
今回の見学が実現しました。
宮内庁職員の案内で、1時間半かけて3つのエリアをゆっくり見学してきました。
まるで風景画を観ているような庭園は、手入れが行き届いていて、感動しました。

hunaoka1

夕飯を予約した麩屋町三条へ行く前に、時間があったので、船岡温泉でひとっ風呂浴びて、冷えた身体を温めたおかげで、疲れも取れて、がぜん元気な状態で、夜の部を迎えることができました。

船岡温泉、大人1名、390円なり~!ちゃり~ん!安~い!

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一