大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


暑さ寒さも彼岸まで

投稿日時:2006/09/24(日) 16:50rss

この連休、東京地方は、穏やかな陽気で気持ちよく過ごすことができました。
でも、朝晩はめっきり肌寒くなりましたね。
まさに、「寒さ暑さも彼岸まで」とは、よく言ったものです。

23日の秋分の日、「先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」日として、1948年、法律で国民の祝日に制定されたそうです。
また、この日が別名「彼岸の中日」と言われるのは、仏教でいう7日間の彼岸の、ちょうど真ん中に当たっているためだそうです。
明治時代、宮中で先祖を祭る日になったことから、一般にも定着したようです。

この日にお墓参りをするのは、宗教的な慣例だけでなく、広く先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ気持ちが習慣化したものといえるようです。
命の尊さに思いをはせ、先人の努力や自然の恵みに、改めて感謝する日にしてみるのもいいのではないでしょうか。

2年前に亡くなった家内の母は、長い間、根岸のお寺の門前で、お線香や生花を生業にしていたこともあって、今でも、お彼岸やお盆になると、うちの家内は、お寺のお手伝いに借り出されます。

お彼岸

こちらのお寺、2000件以上もお檀家がある大きなお寺さんなので、お彼岸のピーク時はお参りにみえる方でごったがえしてます.。
そんなお彼岸のお手伝いも、今日でおしまいです。

「おかあさん、20日から今日まで、お疲れ様でした。」
「また月曜から、会社の経理やら、内職やら、よろしくお願いしますね。」

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一