大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


佐賀のがばいばあちゃん

投稿日時:2006/09/20(水) 07:29rss

小説を読んで、ぜひ観たかった映画、「佐賀のがばいばあちゃん」を観てきました。
この映画、マイナーらしく、上映する劇場や開演する時間が限られていましたが、うまく上野東急で観ることができました。

がばいばあちゃん

この映画は、漫才ブームの火付け役として、一時代を築いたB&Bの島田洋七が、少年時代、佐賀の祖母の家へ預けられた体験を基に書き下ろした同名自伝小説を映画化した感動作です。

どんな極貧生活にあっても持ち前の人生哲学でポジティブに乗り越えるばあちゃんを、ベテラン女優の吉行和子が人間味たっぷりに熱演しています。

がばいばあちゃんのあふれる愛情と、明るくたくましい生き様で、人生の指針を指し示していくパワフルな姿に、元気をいっぱいもらいました。

最後の別れのシーンは、もう涙、涙で、思いっきり泣いてしまいました。

映画「佐賀のがばいばあちゃん」 大人1名、1,800円なり~!



映画を観ない方には、島田洋七さんの小説、「佐賀のがばいばあちゃん」の一読をお勧めします。

gabaibaa

島田洋七を育てた育てた、おさのばあちゃんの楽しく生きる方法語録

・嫌われているということは、目立ってるということや。

・通知表は、0じゃなければええ。1と2を足していけば5になる。

・人に気づかれないのが本当の優しさ、本当の親切。

・ケチは最低!節約は天才!

・人間は死ぬまで夢を持て!その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。

「佐賀のがばいばあちゃん」、徳間文庫より、1冊、540円なり~!

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一