大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


錦糸町の居酒屋 「井のなか」で広島の酒「誠鏡」を飲む

投稿日時:2012/09/04(火) 10:56rss

9月2日、「すみだ日本の技と酒めぐり2012」が開催されました。

会場のすみだリバーサイドホールには、700人もの方が集まり大盛況でした。

夕方からのアフターイベントでやってきたのは、こちら錦糸町の「井のなか」さん。



こちらで開かれた広島県竹原市の蔵元「誠鏡」さんとのコラボイベントに参加してきました。

一度訪れてみたかった「井のなか」は落ち着いた佇まいの店構え。

店内もカウンターを中心とした落ち着いた雰囲気。



「井のなか」のご主人と「誠鏡」の営業さんの音頭で宴席の始まりです。



いただいたお酒はご覧の通り。

有名な大吟醸酒「幻」(まぼろし)をはじめ7種類のお酒をいただきました。

男らしい灘の酒を少し上品に優しくした飲み口は私の好みです。



出てきたコース料理もたいへん豪華で美味しくいただきました。

こちらは手の込んだ前菜の盛り合わせ。



脂ののったかつおのたたきと甘鯛のお刺身。

日本酒がすすみます。



こちらの大きなカサゴの唐揚げは2度上げしてあるので骨までいただけます。



メインディッシュは大きなローストポーク。



食べきれないと思っていましたが…お酒の勢いもあってペロリと平らげちゃいました。

お猪口に「酒は純米 燗ならなお良し」と書いてあったのに…ほとんど冷酒でいただきました。




素晴らしい会を企画してくださった久米繊維の村上さんはじめ、皆さま感謝!感謝!です。

でも会費の5000円って安すぎませんか?

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一