大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


鶯谷 「焼貝うぐいす」 アゲイン

投稿日時:2012/06/18(月) 12:55rss

私のブログ記事を観た貝好きの方からのリクエストで、「焼貝うぐいす」さんを再訪しました。



今宵は、カウンター席でいただくことにいたしましょう!

最初の一杯は、お店オススメの青森の「陸奥八仙 夏吟醸 生」と島根の「出雲富士 夏雲 生原酒」から。

「陸奥八仙」は夏らしい爽やかな飲み口、一方の「出雲富士」はがっつん系のしっかりした夏酒。



出だしの刺身は、前回と同じ貝三点盛りで決まり!



この日は、メディアでも有名な貝ソムリエのご主人が板場で調理していました。

追加のお酒は、茨城の「来福 純米吟醸」と山形の亀ノ尾を使った「上亀元 純米吟醸 生」。

「来福」はバランスの良さが光る食中酒、「上亀元」は止められない止まらないこの日イチオシのお酒。



焼貝三点は前回と同じ、まずは白貝焼きから。



続いては、肝まで全部美味しいサザエ焼き。



こちらは、絶品だった大あさり焼きの青のりのせ。



この日のチェイサーは、秋田「白露垂殊 天然波動水」という仕込み水。

これを飲んでいれば悪酔いしなそうです。



〆は、がっつりと貝中華丼をいただいてみましょう。



大ぶりのあさり汁は味噌が薄めなので、あさり本来のダシが味わえます。



デザートは、福島天明の「スノードロップ」というカルピスのような乳酸菌リキュールで決まり!



今宵も、新鮮な貝類と美味しい日本酒を味わうことができてサイコーなり~!


トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2019年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一