大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「谷中の雀」で荒川若手の会を開催

投稿日時:2012/03/31(土) 11:19rss

今年の入って初めての「荒川若手の会」をおなじみ「谷中の雀」さんで開催しました。

いつもようにご主人が笑顔でお出迎えしてくれました。



定刻前というのに私以外のメンバーさんは皆さんお揃いです。

メンバーは30代が2名、40代が2名、そして50代が2名の若き精鋭6名?



まずは、レアな酒、三重県の「而今 純米吟醸 千本錦無濾過生」でかんぱ~い!

やっぱり、誰が飲んでも美味しい完成度の高いお酒です。



いつもように色とりどりの前菜は季節感のある凝ったものばかり。



この日のお酒は宮城県の「乾坤一」と秋田県の「一白水成」の特別純米酒から。

「乾坤一」はすっきりしたで飲み口で私の大好きなお酒。

「一白水成」は米粉の香りが豊かで飲みごたえがあります。



こちらも定番料理、旬のお刺身と大きな茶碗蒸し。

生でいただく若竹は春を感じる心地よい食感です。



続いてのお酒は長野県の「澤の花 純米無濾過生原酒」と兵庫県の「播州一献 純米酒」。

「澤の花」は爽やかでフルーティな味わいで香りも豊かな女性好みのいいお酒。

相対する「播州一献」は灘の酒らしく切れ味もよくすっきり系の男酒。



さてこちらは桜餅風の一品、もち米の上に鳥のはつが乗り、桜の葉で包み若竹を乗せ餡をかけた江戸前料理。



今宵の最後を飾るお料理は、お店自慢の軍鶏鍋。



3時間ほどの時間でしたが、皆さんと様々な意見交換ができて有意義な時間を過ごしことができました。

本日の会費は、飲み代込で、ナント!4000円なり~!ちゃり~ん!

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年6月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一