大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


お気に入りの店「谷中の雀」さんでふぐ三昧

投稿日時:2012/03/20(火) 10:16rss

新橋以来となる「日本酒博士と日本酒王子を囲む会」を「江戸料理 谷中の雀」さんで開きました。



まずは、ひれ酒で乾杯!

ふぐの煮こごりの入った前菜、そしてふぐの皮ポンズと期待した通りのお料理です。



この日の参加者の皆さんが持参した日本酒はご覧の通り。

左から「菊姫 鶴の里 山廃純米」、「北雪 純米大吟醸」、「白露水殊 どらごん にごり無濾過」、

「風が吹く 純米吟醸生しずく」、「鳴門 吟醸しぼりたて生原酒」、そして博士の「稲花 絆 特別純米」と6銘柄。

これを6人でふらふらになるまで飲みました。



お待ちかねのふぐ刺し(てっさ)は、見るからにビューティフル!

貧乏症の私は箸でガバッといかず、一切れずつ有難くいただきました。



こちら、身の詰まったふぐの唐揚げをいただき気分は絶好調なり~!



さて、お待たせしました!

いよいよふぐ鍋(てっちり)の登場です。



身を煮すぎないように、そして喧嘩にならないように?、ご主人に取り分けていただきました。



ふっくらと食べごろになった私がいただいた福々しいふぐちゃんです。



もちろん、〆はふぐ雑炊で決まり!



お酒と言い、絶品ふぐ料理といい、ごきげんな日本酒会でした。

お会計は、おひとりさま、ナント!5000円なり~!ちゃり~ん!

ご主人、ごちそうさまでしたぁ!

トラックバック一覧

コメント


酒は持ち込みにしても、あまりにも安い価格!
あるんですね。さがせば。こういうお店が。

Posted by パクパク at 2012/03/20 20:11:18 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一