大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


コーチングの社内活用について 2

投稿日時:2006/04/17(月) 15:54rss

14日の金曜日、うちの会社で20年近く業務用缶の配送をしてくれていた運送屋さんの担当者が会社の都合で契約を終了することになり社員さん全員で送別会を開いて彼を見送りました。
彼はうちの社員さんと同じように社内に溶け込んで、影日向なく真面目に仕事をこなせる優秀な方でしたのでとても残念です。

うちの会社ではこの10年、新入社員を全く採用していないので、新鮮味に欠け、マンネリ化に陥りやすくなってきたため、ひとりひとりの意識改革を積極的に取り組むことが重要になってきました。
そのためは、社員さんのヤル気を引き出す質問型コーチングは有効な手法だと思ってます。
今、企業で求められているのは自ら考え、自ら行動する「自立型の人材」です。こうした人材は「指示命令型」の指導ではなかなか育ちません。
うちのような小さな会社が大きな成果を得ようとするには、社員さんの持つ可能性を最大限に引き出すため、「質問型コミュニケーション」としてのコーチングは大変有効だと思います。

ところで、今回から採用になった運送会社の運転手さんは、元お猿の調教をしてた方だそうで、彼の仕事ぶりに期待しています。そういわれれば彼‥‥どこかで観たことがあるような‥‥?

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一