大きくする 標準 小さくする
前ページ

2006年07月04日(火)更新

目が離せない日本映画

先週末、まとめて邦画2本を観てきました。
まずは、今話題の「DEATH NOTE デスノート 前編」です。

書き込んだ名前の人間に死をもたらす、不思議なノートを手に入れた、藤原竜也扮するヤガミライトの暗躍を描いた、人気コミックを実写映画化した作品です。

確かに洋画に比べれば、制作費が少ないのでしょう。やはり、テレビドラマのような映像や演出の安っぽさは否めませんが、内容的には、原作のコミック本を読んでみたくなるような、しっかりした作品だと思いました。この秋公開の後編が楽しみです。

主演の藤原竜也の演技も意外に?よかったし、脇を固める俳優さんたちも見事にハマッテました。
デスノート
こちらは、新しくできたアリオ亀有のシネマコンプレックスです。
最前席は辛かったけど、シートは錦糸町オリナスよりも快適でした。

もう1作は、名優?滝田 栄の力強い演技に心打たれる「不撓不屈」です。

滝田 栄扮する飯塚税理士は、中小企業の経営と利益還元の為に、顧問先に対して別段賞与制度を推奨していたが、国税局はこの制度を節税制度として認めようとしなかった。時は昭和37年、飯塚は国税局を相手取り、訴訟を起こすが、敗訴による権威の失墜を恐れた当局は、飯塚会計事務所や顧問先に対して、あの手この手で落ち度がないか強制捜査をしていくという内容です。

自分の税理士倫理に基づき、文字通り、”不撓不屈”の精神で国家権力に立ち向かう滝田 栄扮する飯塚税理士の一途な潔さに心打たれました。
また妻役の松坂慶子もハマリ役だったし、家族愛の場面では、つい涙が‥‥。

特に、昭和30年代の映像は、最新のCGを駆使した「3丁目の夕日」と違って、年配の方には、懐かしい郷愁をそそるような出来栄えだと思います。

ちなみに観客は、税務に携わる方?会計事務所の関係者?税理士さん?と思しき
方たちで、異様な盛り上がりでした。

何を隠そう、私も大学卒業後、会計事務所に勤めながら税理士をめざしたことがあったので、他人事でなく観ていましたが、改めて「自分では到底勤まらないなぁ!」と実感したしだいです。

2006年06月11日(日)更新

読みました、観ました、ダ・ヴィンチコード

この土日で、なんと!4本の映画を観てきました。
まずは、前評判のすごい「ダ・ヴィンチコード」。
原作を読んでいったほうが、より楽しめると思って、一念発起、先週文庫本3冊を読破して、観て来ました。
映画自体の評価は、あまり良くないようですが、私的には、小説で読んだ自分の描いたイメージとの違いを、確認しながら観れたので大変満足でした。
ダ・ヴィンチコード
映画の舞台となったパリとロンドンには、以前行っているのですが‥‥、
なんにも思い出せませんでした。もしかして、ケン坊症??

二作目は、2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品、
ブロークン・フラワーズ」です。
チャーミングな中年、ビル・マーレイが扮する、盛りを過ぎた元女ったらしのドンが、
過去に付き合った4人の女性を訪ねて、アメリカじゅうを旅する、
とぼけた笑いと好奇心ををそそる、不思議な感動が詰まった大人の映画です。

自分自身の過去の体験と照らし合わせて観ると、楽しいかも??
ボクの過去に付き合った人、何人だったかなぁ?忘れちゃったぁ?やっぱりケン坊症?

三作目は、中国映画「ココシリ」です。
壮大なチベットの大自然の中で、命を賭けてチベットカモシカを守ろうとした、山岳パトロール隊の感動の実話です。
名誉も報酬もなく、家族や恋人と別れを告げて、どこまでも密猟者を追い続ける純粋な男たちの姿に、思わず男泣きしてしまいました。

そして、最後四作目は、日本映画「嫌われ松子の一生」です。
中谷美紀演じる松子に、これでもか!というくらいの不幸が降り注ぎ、人生を転落していきます。そんな松子の波乱万丈の人生を、リズミカルに、そしてコミカルに、ときにシリアスに配分よく楽しませてくれる、何とも後味のいい映画です。
音楽教師から、ソープ嬢(トルコ嬢)、男に騙され殺人者に、出所してヤクザの女にと、不幸な転落人生を過ごしながらも、いつもハッピーな人生を夢見て奮闘する松子を観ていて、
「人の幸せって、その人自身が決めることで、他人とか世間が決めることではないんだ!」って感じました。
ひとりで頑張っている「あなた」に、観て頂きたい一本です。

ちなみに、映画の中に出てくる床屋は、会社のすぐ近所のすずらんという床屋さんで
、今も昔のままの古~い木造立ての建物で、営業を続けています。
そいいえば、去年の夏、あそこでロケしてましたっけ。中谷美紀が来ているって騒いでいたのを思い出しました。
床屋嫌いな私が、子供の頃お世話になった、思い出深いの床屋さんです。
しかし、映画に出てた、「床屋のちゃっかりケン坊」、キャラがボクにそっくりかも!?

2006年05月01日(月)更新

チビッ子と映画鑑賞

うちのチビッ子と2週続けて映画を観てきました。
「クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!」と、
「名探偵コナン探偵たちのレクイエム」です。
しんちゃんは、王子100人劇場という、小ぢんまりした、昔懐かしい雰囲気の映画館で観てきました。

クレヨンしんちゃん

正直、内容はチンプンカンプン????。チビッ子たちもチンプンカンプン????。もう少し教訓めいた内容を盛り込んで、感動させてもくれるかと期待してましたが、いい加減マンネリ化したのかなぁ。

一方のコナンは映画10作目とあって、気合いが入ってって大人が観ても大いに楽しめました。

名探偵コナン

腕にまかれた時限爆弾とは気づかない子供たちを見守り、命を共にしようとしたメグレ警部の姿には感動しました。

さあ、連休もチビッ子隊長、頑張るぞぉ! 皆さんも映画館へ、GO!
«前へ

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2020年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一