大きくする 標準 小さくする
前ページ

2008年12月09日(火)更新

日暮里「栄楽」の隠れメニューの細麺

日暮里駅前ロータリー界隈では、「大三元」や「又一順」や「馬賊」などの中華屋が目立ちますが、
実はその先に隠れた老舗中華屋「栄楽」があります。

0815jpg

細長い店内は、昼過ぎだったので客足もおさまったようです。

0813jpg

厨房は、ご主人と奥さんで切り盛り、元蕎麦屋だったおばちゃんが手慣れた手つきで配膳しています。

看板メニューのタンメンや餃子も美味しいのですが、ここの息子さんからのオススメはこちら。

0809jpg

メニューにない細麺を使った味噌ラーメン。
味噌は太麺がベストマッチと思いこんでいましたが、ここの味噌には細麺が見事マッチ!

「栄楽」の細麺の「味噌ラーメン」は、値段は同じで650円なり~!ちやり~ん!

2008年12月06日(土)更新

浅草「ちんや」での台東区若手経営者忘年会へ

若手経営者と言うにはおこがましい私ですが、台東区若手経営者セミナーの忘年会に参加してきました。
場所は浅草の老舗「ちんや」。

0764jpg

敷居の高かった「ちんや」に初めての訪問とあって、趣旨とは違った意味で興奮しちゃってます。

下足番さんに靴を預けて3階の会場へ。
定刻なんで、皆さんもお揃いのようで、エネルギッシュな皆さんで盛り上がってますね~。

0765jpg

浅草はアサヒビールのお膝元なのに…なぜかエビスのザ・ホップでカンパ~イ!
日本酒党の私は、さっそく用意されたこちらのお酒をなぜか常温酒をいただきました。

0768jpg

どうして冷えていないのかなぁ??

さて目当てのお料理は、前菜の盛り合わせから。

0770jpg

さすが老舗なので、前菜にも手抜きはありませね~。

しばらく懇談のあと、いよいよお肉ちゃんの登場です。

0782jpg

久しぶりのすき焼きなので、出てきたお肉にガブリ付き状態。
お隣さんとの話も噛み合わないし、気もそぞろですみましぇ~ん。

へぇ~、すき焼きの鍋の火をつける前にお肉だけを入れるんですね~。

0787jpg

知らなかった~。
牛肉に火が通ったところで、さっそく、いっただきま~す!

かわいい仲居さんがお肉をどんどん入れてくれて、うれしい~!

0776jpg

幸せな気分ですね~。
私は、霜降りより赤身肉のほうが好き。ちなみにマグロもトロより赤身党です。

お肉をある程度食べ終わったところで、お野菜、さらにお肉を投入。

0793jpg

お野菜が入って、すき焼きらしいビジュアルになってきましたねぇ~。

鍋に集中していたので会場に目を移してみると、皆さんも盛り上がっているようです。

0790jpg

ここにいると不景気がウソのよう。

若いエネルギッシュな皆さん中に混じって、すき焼きをお腹いっぱいいただいて私も元気をいっぱい
チャージできました。

また、明日から頑張るぞ~!!

2008年12月05日(金)更新

トリミングしたジャム君

月初めの恒例になったエビスヤCEO愛犬ジャムがトリミングから戻ってきました。
ここが事務所でのジャム指定席、CEOにしてはかなり質素です。

0753jpg

今回も、近所の動物美容専門学校の生徒さんにカットしてもらいました。
カットする学生さんがその都度違うのでスタイルもまちまちなのはご勘弁を。

ちょうど私も床屋さんから戻ったので、仲良くポーズです。

0751jpg

今日は、エビスヤのボーナス支給日。
えっ、「ボクタンのボーナスはないのかって」。

0758jpg

ジャム君は私と同じ役員さんなんでありましぇ~ん。
社員さん一人一人と通しでお話してたので、ランチ報告もありましぇ~ん。

2008年12月04日(木)更新

立石 「ミツワ」

ディープな立石巡りの2軒目は、立石名物のもつ焼き屋へ。
緊張するもつ焼き屋?「宇ち多」の前は、相変わらずの行列。

0707jpg

人気店「宇ち多」の先を曲がって公衆トイレの前にあるのが、こちらお目当ての「ミツワ」です。

0708jpg

外で待つこと40分、ようやく店内へ。

0713jpg

狭い店内は大賑わい、知らない人同士がテーブルを囲んで盛り上がってます。

まずは、全員ウイスキーハイで乾杯~!

0730jpg

すぐに出てきたのは、270円の美味しい煮込み豆腐。

0714jpg

続いて出てきた新鮮な刺身の盛り合わせは、500円なり~!

0718jpg

新鮮さも値段も、びっくり!

さて、最初の焼き物は、きもが挟まったうなぎのくりから焼き、1本300円なり~!

0720jpg

ここから2本で180円なり~!のもつ焼きの登場です。
レバー焼きは、中がレアで美味しい~!

0723jpg

大きな自家製つくね団子も食べやすくて美味しい~!

0724jpg

一度食べたらハマってしまうアブラは、一生忘れられない味。

0731jpg

お値段を聞いてうそ~!と思う方は、こちらのお品書きをじっくりご覧あれ!

0727jpg

炭火焼で焼いた大きなもつ焼きが、2本で180円で食べられるなんて、本当に幸せ~!

2008年12月04日(木)更新

立石 「鳥房」

知る人ぞ知る鳥の丸揚げの名店といえば、立石駅近くの「鳥房」でしょう。

0680jpg

駅前商店街を入ってすぐの角にある「鳥房」は、戦前から「半身の若鳥唐揚」を売り出していた老舗の鳥肉屋なんです。
この店の横にまわるとご覧のような居酒屋風の「鳥房」ののれんを発見。

0705jpg

お店に入ると中を仕切るお姉さんの言われるがままに席につき、「鳥さし」と「鳥ポン酢」、
そして時価で600円という「鳥から揚げ」を注文。

ビールを飲みほしていると、まずはお通しが登場です。

0682jpg

お通しは「鳥皮の生姜煮込み」ですが、普通に美味しくて感動しました。

レアなササミの「鳥さし」は、冷酒のつまみにぴったり。

0691jpg

「鳥ポン酢」は、軽くゆがいた胸肉の上に鷹の爪と葱がたっぷりとのり、醤油とポン酢がかかったもの。
味が濃く辛いのでビールがどんどんと進みます。

0692jpg

鳥ポン酢とおしんこをつついていると、暖簾の向こうから大きな「半身の鶏肉」がデーンと登場です。

0696jpg

一足早く「ジングルベル」を歌いたくなるほどに大きな半身の鳥です。
下に敷かれたキャベツの千切りがいいですね。

見ている先から仕切り屋のお姉さんが、裂き方を指導してくれます。

0697jpg

気がついたら、ビールに冷酒に赤ワインと料理につられて飲んでしまいました。

0689jpg

この美味しさの秘訣はこの唐揚にかける手間暇にあるようです。
下味をつけた鶏肉を最初に軽く揚げ、販売する直前に揚げ、最後にお客様から注文を受けてからもう一度揚げるらしいのです。

誰が食べても病みつきになる鳥の半身揚げは、立石名物というより下町名物間違いなし!

2008年12月03日(水)更新

浅草 「二葉」の釜めし

浅草の釜めし屋で隠れた名店といえば、こちら「二葉」でしょうか。

0668jpg

同じく釜めしで有名な「釜めし 春」の斜めとい面にひっそりと店を構えています。

0670jpg

見るからに浅草の老舗らしい風情ある店構え、店内も小ぢんまりしていて落ち着きます。

0654jpg

メインは、もちろん釜めしなんですが、一品料理を充実してます。
日本酒は、燗酒が「菊正宗」の本醸造、冷酒が「神聖」の大吟醸だったかな。

つまみの中でも焼き鳥はお手軽なのでおすすめ。

0661jpg

どじょうの柳川鍋も1,250円とお値打ちなので合わせて注文。

0656jpg

本当は、塩辛1,000円やカニサラダ1,900円も食べたかったけど、値段を見てあきらめました。

さて、こちらがメインの「五目釜めし」、これで1,050円はお値打ちですね~。

0667jpg

お料理は全体に薄味ですが、逆に素材の美味しさがしっかり伝わってきます。

つまみを頼んで一杯やる感じの店なので、釜めしを食べるだけなら「春」でしょうか。

2008年12月02日(火)更新

浅草観音裏 「とり幸」

浅草寺観音裏の言問通りからゴロゴロ会館角を曲がると、そこは見番のある花柳界。
その千束柳通り沿いある老舗鳥料理屋が、「とり幸」です。

0621jpg

寒くなると決まって食べたくなるのが、こちらの「水炊き鍋」。

0645jpg

「水炊き」だけでなく「鳥すき」だって美味しいのですが、なんたってお目当ての鶏ガラダシスープを飲むならこちらで決まり!
このコラーゲンたっぷりのダシスープを飲んだ翌朝は、不思議とお肌がツルツルになるんです。

いただくお酒は、蔵元から直送してもらっているという福島の銘酒、「名倉山」の純米吟醸の「善き哉」。

0640jpg

ちなみに、仏教の「善哉(ぜんざい)」からきた言葉が「善き哉」だそうです。
お釈迦様が弟子が善い行いをした時、善哉、善哉と褒め称えた事から、善い行いや人の為になる善行に深く感動し褒め称える言葉として用いられているそうです。
喜ばしい席や、楽しい仲間との語らいの席、お祝いや激励の席等にこの酒はぴったり。

前後しましたがいただいた「鶏水炊きコース」は、ご覧の通りの内容です。
まずは、コース前にコラーゲンたっぷりの「鶏の煮こごり」から。

0628jpg

新鮮な「鳥わさ」は、酒の肴に最高です。

0630jpg

「とり幸」名物という「つくね焼き」。
甘くないタレが酒に合いますね~。

0634jpg

焼き鳥は、塩でいただくと鳥本来の味が堪能できます。

0635jpg

そしてメインの「水炊き」にたどり着く頃は、もう既にお腹は”ケッコウ!コケッコウ!”になってます。

最後は鍋の残ったスープで、雑炊かきしめんをいただいて、シャーベットを食べて、コース完食!

すべてが素晴らしい「とり幸」の「鳥水炊きコース」は、1人前で4,200円なり~!
«前へ

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2008年12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一