大きくする 標準 小さくする
前ページ

2007年05月18日(金)更新

地元荒川~「寿司処 江戸翔」でランチ

TBSテレビで土曜日に放映されている「王様のブランチ」を観ていたら、なんと会社から目と鼻の先のお寿司屋さん、「寿司処 江戸翔」が紹介されていたので、びっくり!

なんでも、「第22回すし技術コンクール大会」において、作品賞と優秀賞の2部門を受賞した、すご~いお寿司屋さんなだそうです。

近所のお寿司屋さんなのに、ぜんぜん存知あげませんでしたよ。

0432

ちょうど、うちのWEBを担当している食通のYさんが来社したので、いっしょにとランチに行ってきました。

0434

お店の前には、有名人が来店したときの写真が、いっぱい貼ってありますね。

0436

せっかくなんで、テレビで観た、「一日20食限定のちらし寿司」を注文してみました。

0437

目の前に現れたちらし寿司は、見るからに綺麗に盛り付けしてあって、実に華やか!

サンパール荒川前の「寿司処 江戸翔」の「ランチちらし」、1,500円なり~!
ランチとな思えない豪華な一品をいただいて、Yさん、ごちそうさまでしたぁ~!

2007年05月17日(木)更新

日暮里~馬賊の「韓国風つけ麺」

日暮里にある馬賊の包丁を使わない麺を、時々食べたくなるのはなぜでしょうか?
あのチグハグな麺の太さのせなのか?ツルツルした独特の食感のせいなのか?

そんなことを思いつつ、ようやく雨の上がった昼下がり、空いた時間を見計らって、
今日も馬賊へ行ってきました。

0416

前回の「韓国風ちゃんぽん麺」に続き、今回は、「韓国風つけ麺」を注文してみました。
案の定、お店のおばちゃんに、「辛いけど大丈夫?」と確認をとられてのオーダーです。

0414

麺もスープも辛いので、ダブルで辛そうですが、韓国風ちゃんぽんよりは食べやすかったです。

となりでは、韓国人の女性が、幼稚園帰りの子供を連れて、韓国風ちゃんぽんと
ジャージャー麺を普通に食べていました。
おそるべし!

私も、残り汁にスープを入れてもらって、なんとか完食できましたぁ。

0415

日暮里の馬賊の「韓国風つけ麺」、1,100円なり~!ちゃり~ん!

2007年05月16日(水)更新

浅草~元祖やきかつ「桃タロー」

浅草松屋裏にある、老舗とんかつ屋ならぬ、やきかつ屋、「桃タロー」。
子供の頃、祖母に連れていってもらった懐かしいお店のひとつです。

0408

店内は、浅草の老舗らしい独特の雰囲気ですね。
豚でなく、熊の置き物がデンとかまえてます。

0397

さっそく、こちらの看板商品、「特上やきかつ定食」をオーダーしてみました。
テーブルの上にあった「やきかつ」の由来の”能書き”によると‥‥。

0399

いよいよ熱~い鉄板にのって、やきかつの登場です!
特上をオーダーしたからか、厚い肉なのにやわらかいのなんのって!

0406

通常のとんかつとは一味違った、ジューシーな味わいで、衣も少ないので、食べやすかったです。

元祖やきかつ「桃タロー」の「特上やきかつ定食」。1,365円なり~!ちゃり~ん!

2007年05月10日(木)更新

浅草 「ビストロ アッシュ」

賑やかなな浅草の中心街からちょっと離れた路地裏でみつけたのが、こちらの「ビストロ アッシュ」。

ash

以前から気になっていたお店でしたが、美味しい豚肉料理が食べたくなったので、
思い切って訪問してみました。

050902

一歩お店に足を踏み入れてみると、これまた浅草とは思えないゴージャスな店内。
お客さんは、まだ誰もいないようです。

050903

真面目そうなご主人が差し出したメニューをのぞくと、好きなオードブルとメインを選べるプリフィックススタイルで、3,500円とリーズナブルな価格設定なんで、まずはひと安心。

050906

最初のオードブルで選んだのが、私の大好物、「キノコのキッシュ」。
2切れいただいて、大満足なり~!

050912

メインは、お目当ての「豚のソテーのマスタードソース」。
なんでも、この豚ちゃんは山形県の平田牧場の桃園豚と言うそうで、半頭ごとに仕入れたものを使っているそうです。
予想通り、とってもジュージーで味わい深く、ゴキゲンな夕飯になりました。

もちろん、最後にデザートとコーヒーも付きますよ。

浅草の「ビストロ アッシュ」のディナーコース、3,500円なり~!
グラス白ワインは、シャブリかアルザス、1杯、600円なり~!
真面目なご主人、かわいい奥さん、ごちそうさまでしたぁ~!

2007年05月09日(水)更新

暑い日は、熱くて辛~い「韓国風チャンポン麺」

5月だというのに気温は28度!
今日は、今年一番の暑さを記録したそうですが、暑さ対策の一環として?、日暮里にある手打ラーメン店、「馬賊」で暑くて辛~い「韓国風チャンポン麺」を食べてきました。

0088

この「韓国風チャンポン麺」、韓国系の若い女の子たちが、よく食べているのを見ていて、気になっていたので、店員さんに「すごく辛いですよ~!」と忠告されましたが、恐る恐る注文してみました。

0087

確かに、一口スープを飲んでみたら、予想通り、後からジワァ~と辛さが効いてきます。
あまりの辛さにスープを飲むのを止めようと思うのですが、つい飲み続けてしまう、
そんな癖になるスープです。

0085

次回は、気になるもう一品の「韓国風つけ麺」に挑戦してみようと思います。

日暮里「馬賊」の「韓国風チャンポン麺」、ちょっと高めの、1,300円なり~!ちゃり~ん!

う~!噴き出した汗が止まりましぇ~ん!

2007年05月07日(月)更新

奥武蔵ハイキング「伊豆ヶ岳~子の権現」

5日の子供の日、4人の子供たちは、部活やお友達と遊ぶ予定で、いそがしいらしく、暇なお父さんは、中1日あけて、再び、山歩きに行ってきました。

向かった先は、秩父の手前にある、伊豆ヶ岳~子の権現への奥武蔵ハイキングコース。
今回のパートナーは、先日、筑波山でごいっしょした、ジム仲間のCさん。

050562

8時35分、朝から快晴、幸先よく正丸駅をスタート!

050566

ひたすら登り続けること90分、めざす伊豆ヶ岳山頂に到着。

050567

山頂からの景色は、やっぱり気持ちいい~!

050568

「な~んだ、思ったより楽なコースじゃない」と思ったのもつかの間、下りはロープにつかまり、滑りながら、冷や汗かきかき降りてきました。

050570

スタートから2時間経過、5.2キロも歩いたんですね。
でも、まだまだゴールまで残り9.3キロもあります。

050572

いくつかの山を登ったり下ったりの連続で、ようやく天目指(あまめざす)峠に到着です。
ここには、竜神伝説に関する案内板がありましたが、読む余裕もなく、先をいそぎます。
この先も、アップダウンの繰り返しが続き、ジムで鍛えた自信満々の二人でしたが、
けっこうバテ気味です。

050574

スタートから4時間経過、やっとのことで子の権現の裏手に到着しました。
こちらは、足腰を守ってくれる、ありがたい神仏さまのようです。

050577

なぜか、こちらには、日本一?の大わらじがありましたよ!

050578

写真で見た山門前で、「ハイ、チーズ!」
さぁ、最後の力を振り絞って、約1時間、山を下っていきます。

050579

帰路は、舗装路を歩く吾野駅への道の予定でしたが、山道をたどる西吾野駅へのコースに変更して、スタートから5時間経過して、無事、ゴールの西吾野駅に到着しました。

低山を巡る14キロの行程でしたが、健脚者向きのコースかもしれませんね。

2日経った今も、足腰が痛いですよ~!
また、子の権現に、お参り行かなくちゃね!

2007年05月04日(金)更新

地図に載っていない山、「坪山」へ

ここは、JR中央線上野原駅からバスで50分山奥のところにある、「坪山」登山口。

0105

こちらの「坪山」は、山歩きのガイドブックにも載っていない、国土地理院の地形図にも山名は載っていない、まさにマイナーな山なのですが‥‥。
最近になって、イワカガミやヒカゲツツジが咲く山として注目されるようになった山だそうです。

0108

ウォーミングアップも終わって、「山の会 こまくさ」のメンバー10名が、10時20分、いよいよ出発です。

0110

今回は、男性6名、女性4名とまとまりのいい人数での山行きとなりました。

0114

途中、ヒトリシズカや、イワカガミ、花期の過ぎたヒカゲツツジを観たりしながら、進んでいきます。

0170

0135

0139

登山口から山頂まで、思った以上の急坂を1時間半、ようやく山頂に到着です。

0149

山頂は、360度の大パノラマ!
毎回参加の77歳のWさんも元気に登頂しました。

0153

12時半、コンビニおにぎり食べ終わって、帰りは「坪山」から東へ伸びる尾根を2時間かけて、
アップダウンを繰り返しながら下って行きました。

0162

途中では、思わず足を止めてしまうような、幻想的な森林に囲まれて、しばしの森林浴。

0172

午後2時半、目的地の「びりゅう館」に到着。
2時43分のバスにうまく滑り込んで、5時には、新宿へ着くことができました。

0174
せっかくなんで、全員で打ち上げということで、新宿駅南口の「天狗」に集まって、
皆さん、お疲れさまでした~!

2007年05月02日(水)更新

日暮里~藤の大滝を観て~

昨日の朝、いつも通り、「めざましテレビ」を観ていたら、その中の「調べてすっきり!めざまし学習帳」の中で、会社の近所にある「藤の大滝」が取り上げられていましたので、遅ればせながら観に行ってきました。

場所は、東日暮里。最寄の駅は、三河島駅。未だに三軒長屋も多く残っていたり、焼き肉屋など、コリアンのお店がいっぱいある、かなりディープなエリアです。

050104

藤の花は、もうピークは過ぎてしまったようですが、みごとな藤の木ですね~。
なんでも、持ち主の方が高齢なんで、今は荒川区がメンテナンスしているそうです。

050106

花見の後は、焼き鳥で一杯!ということで、ジムの友人と、日暮里駅近くの「鳥八」に行きました。

050107

こちらでは、ちゃんこ鍋や、ふぐ料理も美味しいそうですが、今夜はしめやかに焼き鳥で一杯!

050109

特に、こちらの「手羽もと焼き」は、食べ応えのある一品です。

050111

050112

骨の軟骨まで、しゃぶるように食べて、ごちそうさまでしたぁ~!
«前へ

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2007年5月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一