大きくする 標準 小さくする
前ページ

2006年10月11日(水)更新

プレミアム・インセンティブショー

いよいよ今日から「第33回プレミアム・インセンティブショー」が、池袋サンシャインシティの文化会館で始まりました。
こちら、「日本最大!販促マーケットの国際的な専門見本市」という、大そうな触れ込みの展示会なんです。

展示会初日、いらっしゃる方は、夜型の方が多いのでしょうか?
午前中は受付も空いていて、イマイチ盛り上がらない感じです。

puremiamu1

うちのブースは、会場の中でも、一番静かな3階にあります。
おかげで、午前中は、ゆったりとした時間が過ぎていき、眠くなりそうでした。

puremiamu2

せっかくキレイに並べたんで、たくさんの方に観ていただきたいのですが‥‥。

puremiamu3

今回のうちの目玉商品は、こちらの「フリスクケース」と「ミンティアケース」です。
サンプルのミンツをなめなめ、眠気を覚まし、スイーマと戦っておりました。

puremiamu4

こちらの新商品、いずれも、アルミニウム製なので、軽くて丈夫です。


こちらは、うちの商品に今流行のラインストーンを施した、若い女性向けの提案商品です。

puremiamu5

夜のおねえちゃんへのプレゼントに「ライターケース」や「シガレットケース」など、いかがですか?
なんて、つい自分の本音を言ってしまいましたぁ。
あと2日間、とにかくがんばるぞぉ~!

2006年10月10日(火)更新

NHK日曜美術館30年展

昨日の祝日、うちの母に誘われて、芸大美術館で開催されている
NHK日曜美術館30年展」を観に行ってきました。

実はわたくし、NHKの「日曜美術館」を観たことがなかったので、
誘われるがまま、母のお供で着いていきました。

geidai1

運動会でもないのに、体育の日ということで、ジャージ姿で登場です。
(まったく意味ないのですが‥‥ジャージな気分だったので?)

朝一から行ったのですが、予想外に混んでいたんで、びっくりしました。

geidai2

日曜美術館」は、美術番組の草分け的存在だそうで、
1976年の4月からの放送開始から、1500回を超えて現在も続く、
世界でも他に類を見ない長寿美術番組だそうです。
(わたくし、まったく知りませんでした~)

存命中は全く世に知られず、死後に評価された方や、将来を嘱望されていたのに、
若くして亡くなってしまった方、晩年になってから作品を描きだした女性とか、
作品を観ながら、その芸術家の人生の重みを素人なりに感じました。

観終わって外へ出たら、ちょうど台東区を巡回している「東西めぐりん」が着たので、思わず飛び乗って、「谷中霊園入口」で下車して、以前から気になっていた「筆や」でランチをしました。

hudeya1

とっても小さなお店ですが、お店の外観、店内の雰囲気、小物までこじゃれてます。

hudeya3

オーダーしたのは、一度食べてみたかったこちらの「ビーフシチュー」です。
アツアツのシチューをいただいて、心もカラダもホッとしました。

hudeya2

久しぶりの母とのデートでしたが、楽しい時間を過ごすことができました。
母もうれしそうで何よりです。

hudeya4

谷中「筆や」のビーフシチュー、1,750円なり~!ちゃり~ん!

2006年10月09日(月)更新

マジックショー

7日の土曜日、マジックショーの招待券をいただいたので、うちのチビッ子を連れて、芝大門のメルパルクホールまで観に行ってきました。

マジックショーといっても、そんじょそこらのショーではありません。

世界中が絶賛!愛と奇跡と感動の大スペクタクル!
初めての体験”ミュージカル・イリュージョン・ショー”

と銘打った大掛かりなマジックショーです。

mazixtuku1

ローレンス・コングと愛娘プリシアが演ずる、親子愛に満ちたミュージカルなんです。
劇中、プリシアは、父親によって、空中に浮いたり、突然消えたり、はたまた身体を斬られたり、ハラハラドキドキの連続です。

実はこのショー、去年も招待券をいただいて観てましたので、私は二度目でしたが、うちの子供たちがどんな反応をするのか、楽しみでした。

mazixtuku2

この写真、下の娘が撮ったものですが、うちの息子の頭の中は、見ての通り、
すべてが???状態だったようです。

2006年10月06日(金)更新

あかうのカレーうどん

またまた、日暮里のうどん屋、「あかう」さんのランチのご紹介です。
雨降りの中、今日もチャリンコに乗って行ってまいりました。

akautenpo

さすが、雨降りの中、午後2時をまわって店内は静かですねぇ。

akautentennai

こんな愚図ついた天気の日は、しっかりしたものを食べたいと思い、
「あかうのカレーうどん」をオーダーしました。

akaumenixyu2

この他にも、あかうさんには、ランチだけのお得なセットメニューがいろいろありますよ。

akaumenixyu1

こちらが、あかうさんオリジナルのカレーうどんです。

akaukareudon

このカレーうどん、他のお店と違うのは、汁というより、ルーがかかっている感じです。
上には、ホタテのソテーとマッシュポテトがのってほうれん草が添えてあります。
最後に、生クリームをかけて、バターをのせて、ハイ、出来上がり~!

野菜を細かく煮込んだカレールーの濃厚なソースが、ゆでたてのしっかりしたうどんに絡み、そりゃあ、もうくらくらするほどうまいです。

私は、いつも味噌煮込みうどんにするか、カレーうどんにするか真剣に悩んでしまうくらい、イチオシの一品です。

日暮里、「あかうのカレーうどん」、ランチは、1,000円なり~、ちゃり~ん!

2006年10月03日(火)更新

マクロビオティック~椿屋2

またまた「マクロビオティック」について、お話したいと思います。

マクロビオティックとは、「大きな」を意味する「マクロ」と、「生命術」を意味する「ビオティック」を合わせた言葉だそうで、「長く思いきり生きるための理論と方法」を意味するそうです。

そのマクロビオティックを実践するレストランが北千住にあります。
以前にもご紹介した、お気に入りのレストラン、「椿屋2」さんです。

こちらのお店、北千住の裏通り、八百屋の2階のひっそりとしたお店です。
こちらは、1階の自然食も扱う八百屋「椿屋」さん。
気さくなご主人が笑顔で迎えてくれますよ。

kennkousixyoku4

こちらが、2階にある小さなレストラン、「椿屋2」さん。
店内は狭いので、10人も入るといっぱいになります。
突き当たりの書棚には、健康や食事に関する本がいっぱい並んでいます。

kenkousixyoku3

こちらが、本日の「椿屋2の日替わりディナー」になります。

kenkousixyoku2

一見粗食と思われるかもしれませんが、宮沢賢治の「玄米と味噌と少しの野菜」の持つ世界の豊かさを感じてほしいという想いが伝わってきます。

こちらが、本日のお料理のメニューになります。

kenkousixyoku1

こちらの日替わりディナーは、肉、魚、乳製品、化学調味料や添加物を一切使わない、玄米、旬の野菜、手作り味噌、醤油といった日本古来の食材を使った正真正銘の健康食なので、どなたにも安心して食べていただけます。

椿屋2さんの「日替わりディナー」、1,300円なり~!

定休は、日曜、祝日、月曜日。
営業は、夕方5時半からですが、15食から20食で終了になりますので、
早めの来店をオススメします。

2006年10月02日(月)更新

上野公園~韻松亭

昨日の日曜日、弟の親戚と会食があり、上野公園内の老舗料理屋、「韻松亭」に行ってきました。
創業140年、なんとも趣のある佇まいです。

insixyoutei1

こちらの韻松亭、創業は明治8年から続いているそうで、あの横山大観もオーナーだったこともあり、建物自体がそのまま残っているので、歴史の重みを感じさせます。
確か今のオーナーは、北千住のこだわりの料理屋、明日香さんが経営していると聞いております。

古いといっても、内装は2年前に全面リニューアルしているので、今風の落ち着いた感じです。
こちらは、一面ガラス張り、プライベート向きのカウンター席になります。

insixyoutei2

こちらの部屋が、今回予約した個室です。
ガラス越しに、不忍池が一望できます。

insixyoutei3

さて、お料理ですが、こちらは、お昼の会席コースの前菜盛り合わせです。
こちらの料理の特徴は、豆にこだわった「豆菜料理」が中心です。

insixyoutei4

お椀、お刺身に、焼き物がでてから、こちらの栗ごはんになりました。

insixyoute5

最後に、デザートの盛り合わせをいただいて、お腹大満足になりました。

韻松亭さんの昼会席、おひとり様、4,800円なり~!ご馳走様でした~!

ちょうど12時には、となりの寛永寺の鐘が鳴り響き、都会の雑踏の中にいるとは思えない、とても心地よい時間を過ごすことができました。

2006年10月01日(日)更新

秋の大運動会

うちのチビッ子が通う、根岸小学校の大運動会が、昨日行われました。
こちらの小学校、”下町の学習院”って呼んだのは、今は亡き林家三平師匠。
現在は、林家正蔵師匠のお子さんが、うちの子と同級生で通っています。
当日、師匠のお写真をと思い、捜しましたが、お会いできませんでした。

うちの息子と友だちの6年生チームは、最後の運動会、みんなやる気満々、元気一杯です。

undoukai1

大変だったのは、子供たちより、実は、観戦する親の方なんです。
なんたって校庭が鶏小屋のように狭いので、座るスペースがありません。
一日中、立ちっぱなしでの観戦になりました。

写真中央で、うちの奥さんが応援しています。

unndoukai2

6年生の見せ場といえば、やっぱり組体操ですね。
一番上に立っているのが、うちの息子なんですが、なんだか危なっかしい感じで、観ててハラハラしました。

undoukaikumitaisou

うちの三女は、3年生で一番早いと豪語してましたが、当日は調子がイマイチで、不調に終わりました。

undoukaitomo

さあ、最後は、4年生から6年生の紅白対抗リレーです。
うちの息子は、栄えある紅組のアンカーです。
どうです?スタート前だというのに、この余裕の表情!
将来、大物かも?(親バカ発言)

undoukairirei

どうです!この独走する勇姿?
実は、最下位の余裕の走りなんですが。

undoukai4

どうやらうちの息子、予行練習ではいつも最下位だったらしく、あの笑顔は開き直りの笑顔だったようです。

結果は、最下位と思いきや、3位の黄色が、バトンラインをオーバーしたので、失格になり、赤が繰り上げ3位になったんで、予想外の結果に喜んでいました。

勝負は、終わってみないと判らないもんですね。
«前へ

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2006年10月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一