大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2006年11月20日(月)更新

ららぽー豊洲へ

話題のスポット、ららぽー豊洲に行ってきました。

toyosu1

ここは、かつて石川島播磨重工業の造船ドックとして栄えた場所の跡地だそうで、そんな広大な場所に
190を数える文化施設やショップ、レストランが集まってます。

toyosu2

都心から離れていると思いきや、豊洲は、有楽町線で銀座エリアから約6分の好立地にあり、海に面していて、レインボーブリッジを眺めるには絶好のロケーションにあります。

toyosu3

都心では稀に見るこの大型商業施設は、ユナイテッド・シネマや、浮世絵美術館、素敵なガーデン、19世紀のパイプオルガンなど、大人が過ごすのにふさわしい空間がいろいろあるんで、ゆっくり楽しむことができます。

toyosu4

その中でも、ここの目玉は、日本に初上陸した子供のためのお仕事体験タウン「キッザニア東京」でしょう。
キッザニアは、こどもたちがなりたい仕事にチャレンジして、楽しみながら学べる、日本初のエデュチメントタウンだそうです。

toyosu6

さっそく、うちの子供を連れてきたいと思いましたが、予約は3月までいっぱいのようです。

2006年11月17日(金)更新

近所のラーメン屋

会社の周りは、食べ物屋が少なく、お客さんが来客されると、お昼ごはんを食べる店がなくて困ってしまうのですが、最近、新しいラーメン屋ができたので、食べに行ってきました。

行ってみると、店の前に何やらウンチクが書いてあります。

suda1

こちらの「須田商店」、どうやら群馬の高崎から東京に乗り込んできたようです。

さっそく「えび塩ラーメン」をいただいてみました。

suda4

塩味なのに濃くのあるスープ、上にのっている味付けの桜海老が、スープをいっそう
引き立てます。

テーブルの前のウンチクを読むと、相当なこだわりがあるようです。

suda3

連れは、麺が2人前のつけ麺を注文しました。

suda2

なぜか、1人前のつけ麺はないようです。
1人前でも量が多いので、私には食べきれないボリュームですね。

具が別皿で出てくるのも、味へのこだわりなんでしょうか。

「須田商店」の「えび塩ラーメン」、580円なり~!ちゃり~ん!
なぜか2人前の「つけ麺」は、680円なり~!安い!

次回は、別のものをオーダーしてみたいと思います。

2006年11月16日(木)更新

ボージョレ・ヌーヴォー解禁!

ボージョレ・ヌーヴォーが解禁になりましたが、皆さんはもうお飲みになりましたか?
私も近所のセブンイレブンに行って、さっそく買い求めてきました。

こちらが、ペアワイングラス付きのヌーヴォー2006ハーフボトルセットです。

wain1

並べてみただけで、なんだかにゴキゲンな気分になってきました。

こちらのハーフボトルセット、世界№1.ソムリエ 田崎真也氏と、ボジョレーの帝王、
ジョルジョ デュブッフ氏がお勧めする2種類のワインを飲み比べできるんですって。

2種類のお味のほうはというと‥‥??きっと美味しいんでしょう!たぶん?

wain2

う~ん、どちらも飲みやすくて、果樹味たっぷりのワインですが、田崎さんオススメの
ほうは、コルクでなくてスクリューキャップなんで、ちょっと興醒めでした。

確か、田崎さんは去年のボージョレ・ヌーヴォーは、過去最高の出来だと言っていましたが、
今年はどうなんでしょうね。

さて、残りは家に帰ってから、ミモレットをつまみにゆっくり味わいたいと思います。

セブンイレブンのボジョレーじゃなくて、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2006
ハーフボトル2本セット、ペアワイングラスが付いて、3,280円なり~!
ちゃり~ん!

2006年11月15日(水)更新

「どこを切っても金太郎」

これってなんだかわかりますか?

kintarou3

これは、「どこを切っても金太郎」、といわれている、金太郎飴の原型なんです。
金太郎飴といえば、かつては日本中の子供たちに親しまれてきた、伝統的な棒飴
の一種ですよね。
今では、こちら台東区根岸の「金太郎飴本店」くらいになってしまいました。

大きな巻き寿司の要領で、このような重さ約50キロの大きな金太郎飴の原型を
作り、それを伸ばしに伸ばして、金太郎飴を作っていくそうです。
巨大な飴からは、棒飴で約500本、一口大の飴が約7,000個以上もできるそうです。

「金太郎飴本店」の前を通りかかったので、懐かしさののあまり、1袋購入しました。

kintarou2

手作りさらし飴の素朴な味が、とても新鮮に感じます。
お店の奥の方からは、棒飴をトントコトントコ切るリズミカルな音が聞こえてきて、
なんだか楽しい気分になってきました。

そういえば、今日はまさに、「七五三」なんですね。
店頭には、七五三の千歳飴が沢山並んでいました。
今日売り切らないと、売れ残ってしまいますもんね。

kintarou1

買ってきた「金太郎飴」、1袋、420円なり~!ちゃり~ん!

2006年11月14日(火)更新

高収益トップ3%倶楽部

昨日は、久々、石原明先生が毎月開いている、「高収益トップ3%倶楽部」の勉強会に行ってきました。

実は、わたくし、石原先生とは、10年来のお付き合いになるんです。
たまたま同い年で、子供が4人いたりだったりで、以前は、いっしょにお茶したり、食事したりできたのですが、今は超多忙な先生とあって、お会いできるのは、先生のセミナー受講くらいになっいてしまいました。

3pclub1

確か、5年前は、ほんの数人で始まったこの勉強会も、今では毎回100名以上の受講者で、毎回会場はいっぱいだそうです。
参加者も、以前は、私のような中小企業経営者が多かったようですが、今は、大手一流企業の方など、幅広くお見えになっているようです。

3pclub2

やはり、石原先生に、売れる仕組みを語らせたら、天下一品ですね!
以前から、営業は売り込みでなく、見込み客のフォローや、主導権を握る営業に力点を置いていたのは、石原先生だけでした。

うちの会社も先生の教えを実践して、数々の危機を乗り越えてきましたから。
久しぶりの受講でしたが、石原流の「断る営業」の原点のお話を聴いて、先生の変わらぬ熱心な語り口や謙虚な姿勢に、改めて感動しました。

この東京での勉強会も、いよいよ次回は、第60回を迎えるそうです。
事務の松本さんと二人三脚で始まった、㈱日本経営教育研究所も今や10人以上の優秀な若手スタッフをかかえる総合コンサルティング会社に変貌しています。

自ら、有言実行で、成功曲線を描かれている、石原先生の姿に敬服いたしました。

「高収益トップ3%倶楽部」勉強会の参加費、会員なんで、3,000円なり~!
ちなみに、一般参加者は、6,000円なり~!
«前へ 次へ»
<<  2006年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー