大きくする 標準 小さくする
次ページ

2017年05月12日(金)更新

揚州商人 新橋店~冷しタンタン麺


新橋での〆にと迷わず向かったのは、こちら揚州商人新橋店。

201705121731_1-300x0.jpg

TVで放映された話題沸騰の冷しタンタン麺をいただきたいと思います。

201705121731_2-300x0.jpg

大盛り無料とありましたが、健康面を考慮して普通盛りで注文しました。

こちらが一度食べたら病み付きになると言われている冷しタンタン麺になります。

201705121731_3-300x0.jpg

麺はもちろん汁もお皿もみんな冷え冷えで見ているだけで食欲をそそります。

ごま風味にピーナツバターを加えたような味わいのスープに細麺がからんで、もうたまりません!

辛さ具合もほどほどで美味しく完食させていただきました。

暑い時期にまた食べたくなる冷しタンタン麺は、910円なり~♪ちゃり~ん♪


 

2017年05月11日(木)更新

私の呑み歩き~新橋~酒亭 菊姫


「菊姫」と聞けば日本酒ファンなら言わずと知れた石川県を代表する銘酒。

その菊姫のすべての銘柄が飲めるお店がこちら新橋の烏森神社前の路地にある「酒亭 菊姫」です。

201705111314_1-300x0.jpg

実はこのお店の成り立ちは、鶯谷にある萬屋酒店さんと酒亭葡萄やさんという居酒屋さんがルーツになります。

詳しいことはさておき、まずは一杯ということで菊姫の「先一杯」の冷酒で先付をいただきます。

どれも料理人の手間仕事が伝わってきます。

201705111314_2-300x0.jpg

お店の自慢料理、煮びたしと鴨ロースはお燗したレギュラー酒「菊」でいただきました。

201705111314_3-300x0.jpg

葡萄や時代からの自慢料理、和風仕立ての牛たんシチューには「菊姫 山廃」がぴったり合います。

201705111314_4-300x0.jpg

長野の酒メッセは飲み込まず口に含む試飲だけだったので、菊姫を飲んだ旨さもひとしおでした。

 

2017年05月08日(月)更新

私の呑み歩き~浅草~志婦や(しぶや)


以前からお店の前を通るたびに気になっていたのが、こちら志婦や(しぶや)。

新仲見世通りの横の商店街にある老舗の居酒屋さんです。

201705081844_1-300x0.jpg

案内されたカウンター席はおひとり様の常連さん席でしょうか。

201705081844_2-300x0.jpg

魚介がウリなので、菊正宗の本醸造でこはだ、あおやぎのぬたをを注文しました。

どれもいい仕事していて美味しいです。

201705081844_3-300x0.jpg

続いてししゃもをアテに酔右衛門の生酒をいただきゴキゲンになりました。

初めての訪問なのに居心地がよいのは家族でやっていて息が合っているからなんでしょうか。

また浅草に来たら寄らせていただきます。

 

2016年10月05日(水)更新

和酒酔処 わく(池袋)


食べログ池袋居酒屋1位のお店を訪問したら、思いっきりずっこけてしまい、困った、困った。

このまま池袋をあとにするわけにもいかず、探し当てたのが「和酒酔処 わく」でした。

薄暗く細い階段を恐る恐る降りていくと、アジトのような狭い店内、今度は大丈夫かなぁ。

カウンター席に案内されメニューを見たら、これまたびっくり!日本酒が全て1杯500円!

201610051818_1-300x0.jpg

2/3合だそうですが、ひとりにやにや、飲む気満々になってきましたよ。

最初の1杯は、大分三井で醸した大分の豊潤、滋賀の萩乃露からいただきましょう。

201610051818_2-300x0.jpg

どちらも熟成感のあるひやおろしでしっかりとした味わい、出だしの1杯からぐっときます。

出てきたお通しはどれも美味しく、特に太巻きは絶品でした。

201610051818_3-300x0.jpg

お刺し身も新鮮で美味しい~!もっと食べた~い!

201610051818_4-300x0.jpg

お酒をお燗に切り替えて、岩手の地酒、あづまみねの純米をいただきました。

201610051818_5-300x0.jpg

ミルキーな岩かきは山口県萩の酒、長陽福娘の山廃熟成酒をお燗にしてじっくりと。

201610051818_6-300x0.jpg

残念ながら2軒目だったので時間もなくなり、改めての訪問となりました。

日本酒が詳しいお店のお兄さんに地上まで見送ってもらい気分よく帰宅しました。

201610051825_1-300x0.jpg

次回の報告をお楽しみに♪


 

2016年09月08日(木)更新

秋葉原でカレーなら「カリカリ」


秋葉原で夜の仕事があるときの夕飯の定番の1軒がこちら、カレーの「カリカリ」さん。

201609081834_1-300x0.jpg

気さくで仲良しのご夫婦手造りの美味しいカレーがいただける、私にとって有難~いお店なんです。

201609081834_2-300x0.jpg

ボサノバが流れる落ち着いた店内は秋葉原らしからぬ大人向けのカフェといったオシャレな感じ。

201609081834_3-300x0.jpg

「カリカリ」さんでの私の定番カレーはこちらのスリランカ風カレー。

201609081834_4-300x0.jpg

お店のカレーの中では辛口のチキンカレーになります。

私はトッピングでフライドエッグ、クミンポテト、チーズ各80円をのせていただきます。

それでもお口の中が辛いときはラッシーを飲んで小休止していただいています。

このカレーのおかげで夜のお仕事はいつも元気百倍です。
 

2016年08月25日(木)更新

根岸 川木屋


鶯谷駅からほど近い根岸小学校裏に今月オープンした日本酒バーのようなお店がこちら。

201608251935_1-300x0.jpg

お店の名前は「根岸 川木屋」さん。

201608251935_2-300x0.jpg

シックな雰囲気の店内に入ると目の前に冷蔵ケースが飛び込んできます。

201608251935_3-300x0.jpg

冷蔵ケースの中は有名どころのお酒が処狭しと並んでいます。

201608251935_4-300x0.jpg

このお酒がどれも1杯550円なんて!信じられない良心的なお値段!

たまにはミーハーな気分で飛露喜と磯自慢の大吟醸からいただきました。

201608251935_5-300x0.jpg

こちらは90ccで550円なり~!どちらも超優等生なお酒。

お酒はもちろん、バラエティに富んだお料理は「鳥のぶ」同様どれも美味しくいただきました。

201608251935_6-300x0.jpg

左端にあるのは、いぶりがっこチーズ、チーズをいぶりがっこで餃子のように包んであって美味です。

どれも大好きなお酒、くどき上手の純米大吟醸に出雲富士に作の大吟醸雄町と、もう止められません。

201608251935_7-300x0.jpg

特別なお酒以外はグラス1杯並々140ccついでくれますよ。

最後は2種類の磯自慢本醸造をお燗にして呑みくらべ。

201608251935_8-300x0.jpg

低温熟成は、すっきり飲みやすいお酒、山田錦を使った本醸造はしっかりとした優等生の味わいでした。

近所にこんな素敵なお店があったらなぁと思っていたら、本当にできて良かった。

実を言うと「根岸 川木屋」さんは西日暮里の「鳥のぶ」さんの2号店になります。

これから先、「鳥のぶ」さん同様、満席状態になると思いますので、今のうちにGO!!


 

2016年03月03日(木)更新

あなご料理の名店 銀座ひらい


あなご屋「銀座ひらい」は東銀座から程近い路地裏の奥まったところでひっそり暖簾を出していました。

あなごの名店と聞いていましたが思ったより滋味な感じです。

201603031848_1-300x0.jpg

店内に入るとこれまた銀座の雰囲気とは違った庶民的な下町の居酒屋のような感じでホッとします。

201603031848_2-300x0.jpg

どうやら全て予約席のようで仲居さんが何度も来店客にお断りをしていました。

「本日満席」と表に出しておけば手間がはぶけるのにと思いながら待つことしばし…。

待ってました!まずはおつまみ三点盛、くりから焼き、骨せんべいで灘の酒「升笑」をいただきましょう。

201603031848_3-300x0.jpg

どのつまみもキレのいい純米酒に合いますねぇ。

お品書きの中に完全予約制、¥時価、あなご屋の「究極白焼」を発見。

物は試しで聞いてみたら予約なしでも出してくれるとのこと。

201603031848_4-300x0.jpg

お目見えした究極白焼はわさびを擦りおろし塩、すだちでいただきます。

201603031848_5-300x0.jpg

表面はカリッとしていて身はふわふわ、淡白ですが脂がのっていて繊細な味わいがお口の中で広がります。

このあと松茸の土瓶蒸しのような骨の土瓶蒸しもいただきました。

白焼をいただいたら最後はやはり煮あなごでしょう。

201603031848_6-300x0.jpg

ツメは甘すぎずしっとりしていてお口の中でとろけていきます。

あなごの名店と言われるだけあってお見事なあなご三昧でした。

ごちそうさまでした。
 

2016年02月25日(木)更新

にほん酒や(吉祥寺)

小雨降る週末の土曜日、足を伸ばして吉祥寺までやってきました。

吉祥寺駅北口から5分ほどのところにある噂の小じゃれた飲み屋「にほん酒や」を訪問しました。

201602251847_1-300x0.jpg

カウンター7席、テーブル席3つの小さなお店は土日は午後1時開店!

午後3時過ぎの訪問なのに満席状態でしたがちょうど出る方がいて待たずに入れて、ラッキー!

その小さな店内をお兄さん3名お姉さん1名がテキパキと動いていてなんとも気持ちいい。

201602251847_2-300x0.jpg

この日は小雨が降り寒かったので迷わずオススメのお燗酒をいただきました。

最初のオススメ酒、山形の鯉川のつや姫別嬪はキレが良くて味わい深くバランスのいいお酒です。

201602251847_3-300x0.jpg

創作系のお料理でどれも美味しく味もしつかりしていてお酒に負けない感じ。

201602251847_4-300x0.jpg

次のオススメ酒、鳥取の冨玲の定番純米酒は酸が強く熱燗にするとぐっと際立ってきます。

201602251847_5-300x0.jpg

島根出雲の酒、十旭日(じゅうじあさひ)もBYごとに選べるのでオススメの生酛純米をいただきました。

相変わらずインパクトのあるどっしりとした熟成酒ですがスイスイ飲めてしまうから不思議です。

201602251847_6-300x0.jpg

最後はこのお店のレパートリーの中では比較的飲み易い岩手の酉与右衛門(よえもん)をいただきました。

南部杜氏の造りはしっかりしているけどすっきりもしていてほっこりしたいい感じ。

酒本来の旨味を感じながら飲み続けられる素晴らしいお酒です。

201602251847_7-300x0.jpg

約束の18時過ぎお店を出たときはかなり酔った感じでしたが帰宅したら不思議とすっきりしていました。

やっぱりお燗酒は体に優しいようです。





 

2016年02月22日(月)更新

ブルーボトルコーヒー(清澄白河)


ブルーボトルコーヒー清澄白河店がオープンして1年、遅ればせながら訪問してきました。

お店の場所は大江戸線の清澄白河駅から5分ほど歩いた静かな寺町の中にありました。

201602221831_1-300x0.jpg

清澄白河を1号店に選んだ理由はアメリカ本社があるカリフォルニア州オークランドの環境に似ているからとか。
 

トップがこの街に惹かれ、数ある候補地の中からこの土地を選んだそうです。
 

清澄白河ロースタリー&カフェの外観はまさに倉庫といった感じですがお店の中はお客さんでいっぱいです。

201602221831_2-300x0.jpg

大きな焙煎機で煎られる香り豊かな豆を見ながらバリスタたちが入れるコーヒーを飲める場所なんですね。

1年経ったとはいえ場内整理のガードマンが2名もいてしばらく並んでからの注文となりました。

201602221831_3-300x0.jpg

実は今回訪問は納入させていただいた弊社の缶がどんな用途で使われているかの確認したかったのです。

ありました!ありました!弊社の缶が!

どうやら100g4000円もするコーヒー豆のパッケージでご利用しただいているようです。

201602221831_4-300x0.jpg

せっかくなので、こちらの高級なコーヒーをいただいてみましょう。

えっ、一杯1000円ですか!驚きのお値段ですが覚悟していただいてみましょう。

201602221831_5-300x0.jpg

確かに香り豊かで美味しいコーヒーのような味わいでした。

たぶん(笑)。

日本酒のようなコメントが書けなくてすみません!
 

2016年02月15日(月)更新

ビストロヴァンヌフ29(三河島)で日本酒を愉しむ会


地元RCの日本酒会に飛び入り参加してきました。

お店はJR三河島駅から程近いビストロヴァンヌフ29というオープン仕立てのお店。

201602151730_1-300x0.jpg

今宵のテーマは肉に純米大吟醸という組み合わせだそうですが…。

まずはオーナーのN社長自らイベリコ豚ベジョータをカッティングサービスしてくれました。

201602151730_2-300x0.jpg

コース料理で絶品だったのはスペイン産乳のみ仔豚ロース肉のソテー。

201602151730_3-300x0.jpg

そしてメインがこちらも絶品の黒毛和牛キューブステーキ。

201602151730_4-300x0.jpg

私的には自分が差し入れした新潟塩川酒造のCOWBOY山廃純米原酒がお肉にぴったりでした(笑)。
 
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2017年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一