大きくする 標準 小さくする
次ページ

2015年08月15日(土)更新

映画「日本のいちばん長い日」を観て


終戦記念日を前に映画「日本のいちばん長い日」を観てきました。

役者さんたちの演技も素晴らしく見応えのある日本映画で感動させていただきました。

内容は皆さんご存じかと思いますが昭和20年8月の終戦前日からの長い一日を描いたノンフイクションです。

この映画には70年前に日本の将来のことを考え命を懸けて決断してくれた大勢の方たちの姿が描き出されています。

戦争を終結させるためにどれだけの苦労があったのかを知る貴重な映画だと思います。

私たちは戦争体験者の方々の想いや願いをしっかりと受け止め次世代へつなげていく必要があると強く感じました。

全て物事は思うだけでなく自ら発信し続けていくことが大切です。

今の私にできることは何かを考え小さなことからでも貢献したいと思いました。

さっそく半藤一利著の原作も読んでみようと思います。

201508151657_2.jpg
 

2007年03月12日(月)更新

私にとっての「バブルへGO!!」は

2007年の現在から、1990年の3月へ、もし、あなたがタイムスリップでしたら何をしますか?
前日、「それでもボクはやってない」という重~い映画を観たので、、昨日はノリのいい映画ということで、
バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式」を観に行ってきました。

baburu

今から17年前というと、私は、あぶらののった31歳、仕事も遊びもイケイケ状態でしたねぇ。
たまたま始めた無地缶がヒットして、全国から引く手あまたのラブコール状態。
そのときは、「商売で当てるのって意外に楽なんだぁ」と勘違いしてしまうほどでしたから。
まぁ、その時稼いだ分は、その後の新規事業でことごとく失敗して、大火傷をすることになるわけですが‥‥。

確かに日本中が元気で、みんな盛り上がってましたもんね。
映画では、当時の六本木の街やディスコの様子が再現されていて、スクエアビルとか懐かしかったです。

主役の広末ちゃんて、昔からどうもピンとこなかったんですが、今回は最高にキュート!ハマリ役でしたね。見直しましたよ。
阿部ちゃんも、演技に磨きがかかって、シリアスな役柄から三枚目役まで、みごとにこなしてて、カッコよかったです。

当時のご本人も登場!ということで、飯島愛、飯島直子、八木亜希子、ラモスなど、
若作りして出てきたのには、笑ってしまいました。

やっぱり映画って、劇場で観るのがいいですね!

もし、私が17年前に戻ったら、迷わず、流されず、真面目に本業1本!かな?

2007年03月11日(日)更新

必見!「それでもボクはやっていない」

観たいけど、なかなか足が向かなかった映画「それでもボクはやってない」を観に行ってきました。

03100005

この映画、ロードショー後半のせいか、土曜日だというのに空いてました。
撮ったポスターもお疲れ気味?

映画の解説
「Shall We Dance?」の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。
電車で痴漢に間違えられた青年(加藤亮)が、裁判で無罪を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしながら描かれています。

私の感想
見終わった後、案の定重~い気分になりました。
日本の刑事裁判の冤罪に焦点をあてた教材的な映画として、大変勉強になるので、多くの方に観ていただきたい作品です。

教訓
・自分の身は自分で守る。
・警察も、検事も、裁判官も、助けてはくれない。

総括
娯楽映画とは、かけ離れた内容の映画ですが、出だしから最後まで全く飽きさせない、ドキュメンタリータッチの映画です。
特に、裁判シーンは臨場感があり、自分がその場で裁かれているような感覚にさえなりました。
映画の後味は悪いかもしれませんが、ぜひ劇場でご覧になってきださい。
日本の刑事裁判を知る、いい勉強になります。

立ち寄ったトイレにて、に続く!
今回は、豊洲のララポートまで観に行ってきました。

こちらは、映画館入口横のトイレの様子です。

03100001

あまりにも素晴らしいロケーションだったので、思わずイタス前に撮っちゃいました。

03100003

皆さんも、豊洲ララポートに行かれたら、ぜひ、こちらでイタシテみてください。

最高に気持ちがイイです!

2007年03月05日(月)更新

映画「ドリームガールズ」最高!

映画「ドリームガールズ」を観にいってきました。

030440

期待通り!ものすっご~く感動して、シビレちゃいました!
夢を追い求めるアメリカンドリームな映画って、いいですよねぇ~!
下手なセミナーを受講するよりも、自己啓発になるのでは?

ミュージカル映画らしく、のっけからノリノリ!モータウン時代がよみがえってきましたねぇ~。
音楽、衣装、ダンス、どれをとっても一流、すばらしい~の一言!

映画を観ているというより、舞台をナマで観ている感じでしょうか。
思わず立ち上がって、踊りだすところでしたよ。

助演女優賞受賞のジェニファー・ハドソンは、新人とは思えないド迫力!
華やかで美しいビヨンセだって、歌はうまいし、とっても可愛いかった!
そうそう、エディ・マーフィの演技は、さすが!歌も上手なんでビックリ!

ぜひ、映画館のに足を運んで、あなたの五感で感じてください!

030437

映画観終わった後の私のゴキゲンな感じ、伝わりますか?

今回は、特別鑑賞券を割引で買ったので、おひとり、1,100円なり~!ちゃり~ん!

映画の後、ルンルン気分で、私の向かった先は‥‥
夕飯は、地元浅草に移動して、以前から気になっていた「鮮彩酒膳 しげ正」という居酒屋に、勇気を出して入ってみましたよ。
店内のカウンターは常連さんでぎっしり!
うわぁ、地元風の濃そうなお客さんばっかりだぁ!(美味しい予感が!)
親方に言われるがまま、カウンター一番手前の席にに座って、”本日のおすすめ”をいくつかオーダーしてみました。

03040041

手前のバクダン(納豆、山芋に写真の具がのっていて、醤油をかけていただきます。)は、
金太郎寿司よりも、具も多くて、ウマイぞ!
大好物の海老きゅうサラダのきゅうりもカツラムキにしてるし、芸が細かいねぇ。

あれ~?この店、もしかしてお寿司屋さんだったの!

030446

お好みにぎりは、どれも新鮮でイケテマス!

燗でいただいたお酒は、灘の酒、「福徳長」、お酒のほうも私好み!
お酒と彼女は2ゴウまでと思いつつ、3合いただいちゃいましたぁ。

これで、お会計が、5,000円もかからないなんて!さすが!浅草!サプライズ~!
また来ますね!「しげ正」さん!

2007年01月29日(月)更新

映画「硫黄島からの手紙」に感動して‥‥

映画「硫黄島からの手紙」を観て感動した私は、どうしても前作の「父親からの星条旗」を観たい衝動にかられて、渋谷の映画館まで行ってきました。

titioya

硫黄島の戦いを、日米双方の立場から観ることで、戦争の愚かさを改めて痛感しました。
クリント・イーストウッド監督って、本当に偉大な人なんですねぇ。

この「父親たちの星条旗」という映画、もう上映されていなかと思ったら、渋谷の映画館で夜1回だけですが、上映されていてよかったです。

この2作品を観た私は、硫黄島総指揮官だった栗林中将のことや、この激戦地で戦った日本兵のことがもっと知りたくなって、2冊の単行本を購入しました。

012715

本土防衛の最前線となった硫黄島、水も食料も弾も尽き、凄惨な戦場と化したこの場所で、戦力がはるかに劣る日本兵がなぜ戦えたのか、知りたかったからです。

「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道」は、栗林中将の生き方、考え方を通じて、日本人の本質を描いています。
「栗林は、軍人の妻として夫の名を汚さぬように生きよとは言い残さなかった。むしろ
逆のことを、硫黄島からの手紙で伝えている。(中略)
なおこれから先、世間普通の見栄とか外聞とかに余り屈託せず、自分独自の立場で
信念をもってやっていくことが肝心です。」~以上、エピローグより~

一方、津本陽著の「名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録」は、絶海の孤島の激戦地で、なぜ日本兵は戦い続けることができ、米軍に大打撃を与えることができたのか。
様々な記録から実証していく、読み応えのある一冊です。

映画や本での硫黄島での戦いを通じて、日本人の精神や生き方にふれ、改めて、日本人としての誇りを持ち続けることの大切さ、命の尊さを実感しました。

2007年01月22日(月)更新

「硫黄島からの手紙」を観て

先週末、遅ればせながら、「硫黄島からの手紙」を観に行ってきました。

iou2

「この映画を観てどう感じましたか?」と聞かれると、言葉に困ってしまいます。

たぶん、この作品のメッセージは、戦争に勝った、負けたではなく、戦争の悲惨さ、愚かさをリアルに伝えたかった、「反戦映画」なんだと思います。

すごいことは、この映画は、日本人でなくアメリカ人が作ったという事実。
よくぞ、敵国である日本の立場で作ってくれたと思います。

2部作の第1部、「父親たちの星条旗」を観なかったのが悔やまれます。

この映画に中で、渡辺謙が扮する栗林中将の言葉に、
「我々の子供らが、日本で一日でも長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る一日には、意味があるんです。」という言葉。

アメリカ側が、5日で陥落すると思っていた硫黄島を、なんと36日間も守り続けたんだそうです。

今こうして、私たちが当たり前に暮らせるのは、戦争で戦い、命を落とした人たちが沢山いるという事実を改めて知ってもらうためにも、一人でも多くの日本人に観てもらいたいと思いました。

クリント・イーストウッド監督には、アカデミー賞より、ノーベル平和賞がふさわしいと思うのは、私だけでしょうか。

本来、日本人が作るべき映画を作ってくれた、クリント・イーストウッド監督には、心から敬意を表したいと思います。

素晴らしい作品を、ありがとうございました。

皆さんも、この機会に、映画館に足を運んで、ぜひご覧になってみてください。

2007年01月18日(木)更新

遅ればせながら、007観ました!

007のロードショーが終わりそうだったので、駆け込みで「007/カジノ・ロワイヤル」を観に行ってきました。

6代目ボンドのダニエル・クレイグが超カッコイイと前評判は聞いていましたが‥‥はたして?
こちらが、6代目のジェームズ・ボンド役のダニエル・グレイグ。
今までのボンドと随分イメージが違うなぁ~。

0073

ショーン・コネリーから全部観ている私としては、今回のボンド役は合わないと思っていたので、あまり期待もせずに観にいきましたが‥‥。

0074

ところがどっこい、のっけから走る!跳ねる!そしてまた走る!そして殴る!蹴る!‥‥。
今までスマートで紳士的ななボンドから比べると、なんとも荒々しい体育会系ボンドに
ビックリw!
もしかしたら、初代のショーン・コネリー以来の当たり役かもしれません。
鍛えられた肉体と冷淡に光る青い目は、今までの誰よりも殺しのライセンスを持つに
ふさわしい風貌です。

0075

今回の007は、ボンド役のダニエル・グレイグに尽きる!と言ってもいいくらいのハマリ役で、
内容的にもいい出来栄えだと思いました。
これは待ちに待った、「女性好みの007の登場!」といえるのではないでしょうか。

私も、遅ればせながら、彼のクールな仕草やハードな男らしさを勉強しようっと!
(いまさら遅いかぁ~?)

今回の映画、特別鑑賞券の割引で、おひとり、1,100円なり~!ちゃり~ん!安い!

映画が終わって、お決まりのエンヂンングテーマ曲を聴きながら、ボンドになった気分で意気揚々と立ち去る私であった。
                    THE END

2006年09月20日(水)更新

佐賀のがばいばあちゃん

小説を読んで、ぜひ観たかった映画、「佐賀のがばいばあちゃん」を観てきました。
この映画、マイナーらしく、上映する劇場や開演する時間が限られていましたが、うまく上野東急で観ることができました。

がばいばあちゃん

この映画は、漫才ブームの火付け役として、一時代を築いたB&Bの島田洋七が、少年時代、佐賀の祖母の家へ預けられた体験を基に書き下ろした同名自伝小説を映画化した感動作です。

どんな極貧生活にあっても持ち前の人生哲学でポジティブに乗り越えるばあちゃんを、ベテラン女優の吉行和子が人間味たっぷりに熱演しています。

がばいばあちゃんのあふれる愛情と、明るくたくましい生き様で、人生の指針を指し示していくパワフルな姿に、元気をいっぱいもらいました。

最後の別れのシーンは、もう涙、涙で、思いっきり泣いてしまいました。

映画「佐賀のがばいばあちゃん」 大人1名、1,800円なり~!



映画を観ない方には、島田洋七さんの小説、「佐賀のがばいばあちゃん」の一読をお勧めします。

gabaibaa

島田洋七を育てた育てた、おさのばあちゃんの楽しく生きる方法語録

・嫌われているということは、目立ってるということや。

・通知表は、0じゃなければええ。1と2を足していけば5になる。

・人に気づかれないのが本当の優しさ、本当の親切。

・ケチは最低!節約は天才!

・人間は死ぬまで夢を持て!その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。

「佐賀のがばいばあちゃん」、徳間文庫より、1冊、540円なり~!

2006年09月04日(月)更新

スーパーマン リターンズを観て

アリオ亀有のMOVIEXで、「スーパーマン リターンズ」を観に行ってきました。

スーパーマン

クラーク・ケントになったつもり?、アリオ内の「JIN,S」さんで、黒縁のメガネを新調しちゃいました。
こちらの「JIN,S]さん、実は、うちのお得意さんで、オリジナルのメガネケースを納めさせていただいております。


肝心の映画の感想ですが、
ストーリーは、う~ん、予想通りというか、イマイチでしょうか。
確かに、バットマンも、スパイダーマンも、この手のヒーロー物はワンパターンなんで、好きな方は何度観ても好きなんでしょうけど。
でも、子供の頃から観ていた、ウルトラマンや仮面ライダーもワンパターンでしたけどね。

最初にシビレタのは、出だしのあの有名なメインテーマ曲、懐かしくもありましたが、
一瞬、スターウォーズのオープニング曲かと思っちゃいいました。
似てたんですね~♪テーマ曲♪

この映画ですごかったのは、やはりCG映像でしょう。
空飛ぶシーンのアングルとか、スパイダーマン同様、すっごくカッコよかったです。

面白かったというか、変だな???という場面もけっこうありました。

5年ぶりで会った元彼女は、ある御曹司と結婚してたのですが、その子供が、実は、スーパーマンの子供!?なんでしょね。
ママが殺されそうになった時、この子供が一瞬にして、悪役をやっつけてしまうんですから。
スーパーマンが、人間の女性との間に子供を作っちゃっていいのかしら?
でも、その事実を、ダンナさんは知らないみたい。

また、スーパーマンが唯一苦手なクリプトナイトという原石の塊を、なんと大陸ごと持ち上げて、宇宙まで持っていってしますんですよ。
そしたら気を失ってしまったスーパーマンは、宇宙をさまよわずに、大気圏を通って、地球まで落ちてきちゃんです。
地上に墜落したスーパーマンは、病院に入れられて、スーツを脱がされて、丸裸にされてしまって、死んだかと思ったら、病院から抜け出して、元気になったり、あまりに不思議なことが続くんで、おいおいおいおいっていう感じでした。

しかし、それでもスーパーマンは必要なんだ!
それが今回のメッセージでしょうか。
一説によると、この映画の中のスーパーマンは、救世主イエス・キリストの別バージョンだとも言われているようです。
確かに、映画の中では、スーパーマンが「救世主」と呼ばれています。
養父は亡くしているが、養母は存命している。
不思議な超能力を使って、人々を救っていく。
一度は死ぬが、復活し、天に昇って人々を見守り続ける。
などなど、キリストの受難劇をなぞっている節が、いろいろあります。

そこまで考えながら、鑑賞すると、けっこう重~い映画かもしれませんね。





おまけ。
今回観に行った亀有もずいぶん拓けましたねぇ。ヨーカ堂とセットになったアリオ内のショピングモールは若向けのお店ばかり!、垢抜けしてて、びっくりです。
それに引き換え、上野は、変わり映えしないし、よく映画を観に行ってた上野セントラル(駅前の映画館)がなくなってしまい、寂しいかぎりです。

また、こちらのアリオ内には、こちカメで有名な両さんのいる、亀有公園前派出所もゲーセン内にあるんですよ。

亀有公園前派出所

2006年08月21日(月)更新

暑い日こそ、熱い映画を!

ロードショー中に、どうしても観たかった映画、「ラブ★コン」を、遅ればせながらというか、恥ずかしながら、観に行ってきました。
案の定、場内は、ほとんどが、10代と思しき女性ばかり。
恥ずかし~い!

この映画、少女コミックを実写化した作品だそうで、誰もがかかえるコンプレックス(身長)をテーマにしています。
必要以上に背の高い女子高生(藤澤恵麻)と、必要以上に背が低い男子高生(WaTの小池徹平)が繰り広げる、単純明快?な学園ラブコメディです。

ラブコン2

なんたって、超人気デュオWaTの小池徹平のカッコイイこと!
体型もキャラもピッタリのハマリ役だと思いました。

それと脇役さんたちのおもいろいのなんのって。

ラブコン2

暑い休日の午後には、持って来いの”笑える映画”でした。

もう一本は、アニメ、「時をかける少女」。
筒井康隆原作のこの映画、むかし、原田知世が主役をした映画をご覧になった方も
いらっしゃるでしょうね。

時をかける少女1

この映画、東京で上映しているのが、テアトル新宿だけだったので、久々に新宿まで
観に行ってきました。
行ったらビックリ!、お休みのせいか、超満員状態!
結局、整理券をもらって次の上映で観ることができました。
観客はというと、「ラブ★コン」とは一変して、アニメオタク系のお兄ちゃんばかり!
雨上がりのせいか、会場内も蒸していて、汗臭くて、濃~い感じでした。

たかがアニメと思って観ていましたが、いつも前向きで元気な主人公に胸打たれ、最後は、涙ぐむ始末でした。

どちらも、観終わって後味のいい、さわやか映画でしたよ!
オススメです!

今回の鑑賞券は、荒川区勤労者サービスセンターで手に入れましたので、
お一人さま、1,100円×2枚で、2,200円なり~!ちゃり~ん!
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2017年10月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一