大きくする 標準 小さくする

2016年04月19日(火)更新

私の山歩き~東ハイ~天地山(奥多摩)

東京ハイキングの2回目の山行は奥多摩の天地山です。

天地山、初めて聞く山の名前ですがこの時期イワウチワという貴重な花が観られるそうです。

JR奥多摩駅のひとつ前、白丸駅に集合して多摩学園裏の登山口を目指して歩きます。

9時に白丸駅を出発、橋の上からの眺めは最高でテンションが上がってきます。

201604191919_1-300x0.jpg

今回の参加者は私含めナント36名!かなりの大所帯で登山道は数珠つなぎ状態です。

201604191919_2-300x0.jpg

9時50分多摩学園裏の登山口から登りはじめ11時30分天地山山頂に到着しました。

山頂は狭く展望は北方面だけしか観えませんでした。

201604191919_3-300x0.jpg

標高981m、白丸駅からの標高差は600m越え、さらに急登だったのでけっこうしんどかった!

狭い山頂でおにぎりを食べて12時出発、痩せ尾根の急坂をロープにつかまりながら下りていきます。

急坂の途中の岩場でお目当てのイワウチワを発見!ロープにつかまりながら撮影しました。

201604191919_4-300x0.jpg

1時間ほど歩いて鋸山の分岐から大ダワへ、さらに30分登って1142mの鞘口山の分岐に到着。

時間は14時、ここから1時間ほど登れば御前山まで行けますが、私たちは奥多摩病院を目指します。

201604191919_5-300x0.jpg

けもの道のような山道を30分ほど歩いて970mの江戸小屋山に到着しました。

山頂には期待した小屋も跡もなく寂しい山頂です。

201604191919_6-300x0.jpg

次の九竜山も江戸小屋山同様マイナーな山のようで杉の伐採現場になっていました。

201604191919_7-300x0.jpg

九竜山を過ぎてようやく下方に山の麓の集落が見えてきました。

ゴールはもうすぐと言い聞かせ淡々と下っていきます。

201604191919_8-300x0.jpg

やっとの思いで奥多摩病院前に下山したのが16時20分、36名全員無事に下山できました。

参加者の皆さん、山のベテラン揃いだったようで年齢層が高いのに凄い面々でした。

病院前からバスで奥多摩駅へ、最後の奥多摩ライナーに乗車できてスムーズに帰宅できました。



 

2016年04月14日(木)更新

新世代栃木の酒~下野杜氏新酒発表

今年も北千住にやってきました!毎年恒例となった栃木の酒の会に参加します。

酒の会に先立って今回は日本酒セミナーにも参加しました。

「日本酒が欲しくなるカンね!~缶詰博士おすすめ!最新の缶つまみ講座」というセミナーです。

呑み助としてだけでなく缶屋としても興味深々な内容です。

201604141900_1-300x0.jpg

黒川先生の大変わかりやすいお話、タメになりました。

201604141900_2-300x0.jpg

黒川先生の講演を聴いたあと栃木の酒4銘柄と様々な缶つまみをいただきました。

201604141900_3-300x0.jpg

国分と明治屋の缶つまみ、思っていたよりかなりグレードが高くどれも美味しかった。

201604141900_4-300x0.jpg

さて場所を移動して18時30分からお待ちかねの新酒発表です。

201604141900_5-300x0.jpg

今年も栃木県内の若手蔵人による「イマドキのお酒」(無濾過生原酒など)がいただけるでしょう。

201604141900_6-300x0.jpg

「柏盛」、「忠愛」、「朝日栄」など東京ではなかなかお目にかかれない銘柄もあって楽しみです。

宇都宮の割烹 酔心のお弁当も美味しくいただきました。

201604141900_7-300x0.jpg

こちらは今人気急上昇中の「若駒」さん、親子そろってのご接待でした。

201604141900_8-300x0.jpg

私はというと、こちらサンシンさんのお燗酒コーナーに張り付いて燗酒をちびちび呑んでいました。

201604141900_9-300x0.jpg

あっという間の2時間でしたが今年も美味しいお酒をたっぷりいただきゴキゲンな北千住の夜でした。
 

2016年04月12日(火)更新

私の山歩き~東ハイ初参加~生藤山


真面目焼き鳥助平さんでの出会いがきっかけで東京ハイキングというサークルに入会しました。

東京ハイキングの事務局が日暮里駅の近くにあることを後から知り納得。

入会して私が初めての山行に選んだのは桜で有名な生藤山への参加です。

JR中央線藤野駅からバスに乗り15分程で鎌沢入口というバス停に到着。

バス停の前で参加メンバーと顔合わせ、私含め14名での山行になりました。

201604121823_1-300x0.jpg

里山を登山口に向かって登っていくとあちらこちらに色とりどりの桜の花が咲いていて心がなごみます。

201604121823_2-300x0.jpg

生藤山の桜に期待がふくらんできます。

バス停から40分で休憩所に到着、休憩所を過ぎて20分程歩くと有名な桜のプロムナードに到着です。

あれあれ‥お目当ての桜がぜんぜん咲いていましぇ~ん(泣)。

201604121823_3-300x0.jpg

例年通り4月下旬が見頃なんでしょうね。

気を取り直して登っていくとその昔ヤマトタケルノミコが鉾でかち割ったという「甘草水」という名水に到着。

201604121823_4-300x0.jpg

喉を潤そうかと思いましたが‥お腹が弱いのでやめておきました。

そこからしばらく登って最初に三国山、生藤山そして茅丸(かやまる)という1000m近くの山頂を巡りました。

201604121823_5-300x0.jpg

噂通り桜の大木があちこちのあったのでタイミングがあえば見事な桜が鑑賞できたことでしょう。

今回のメンバーはリーダーを筆頭に健脚ぞろいだったので着いていくのがやっとでした(笑)。

山を下りて里山からバス停に向かう途中の花に癒され私の東ハイデビューは無事終了しました。

201604121823_6-300x0.jpg

シーズン中にもう一度再チャレンジしたい山、生藤山でした。

 

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2016年4月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一