大きくする 標準 小さくする

2016年02月29日(月)更新

私の山歩き~鋸山(浜金谷)


今回の山歩きは70代、80代のメンバーの皆さんと一緒に鋸山に登ってきました。

秋葉原駅から特急わかしお号に乗って1時間40分ほどでJR浜金谷駅に到着。

201602291733_1-300x0.jpg

ここから徒歩20分くらいで車力道コース登山口に到着、ゆっくりペースで登っていきます

201602291733_2-300x0.jpg

40分ほどで分岐点に着き、石切の作業場跡へと向かいます。

良く見ると岩の壁面には「安全第一」と刻まれていました。

201602291733_3.jpg

置き去りにされた錆びついたブルドーザーが時代の流れを物語っているようです。

201602291733_4-300x0.jpg

石切場を過ぎるとようやく鋸山名物の見晴らし台地獄のぞきが見えてきました。

201602291733_5.jpg

最後の急な石段を登りようやく北口管理所から百尺観音に無事到着しました。

201602291733_6.jpg

85歳の方はだいぶお疲れのようだったので下りは迷わずロープウェーにしました。

ロープウェー駅からの東京湾の眺めも最高です。

201602291733_7-300x0.jpg

ここに立つと思わず「ヤッホー!!」と叫びたくなります。

201602291733_8-300x0.jpg

帰路は浜名港から東京湾カーフェリーに乗り40分で久里浜港に到着。

京急に乗って15時過ぎには品川駅に着き、無事に解散となりお役目終了となりました。



 

2016年02月25日(木)更新

にほん酒や(吉祥寺)

小雨降る週末の土曜日、足を伸ばして吉祥寺までやってきました。

吉祥寺駅北口から5分ほどのところにある噂の小じゃれた飲み屋「にほん酒や」を訪問しました。

201602251847_1-300x0.jpg

カウンター7席、テーブル席3つの小さなお店は土日は午後1時開店!

午後3時過ぎの訪問なのに満席状態でしたがちょうど出る方がいて待たずに入れて、ラッキー!

その小さな店内をお兄さん3名お姉さん1名がテキパキと動いていてなんとも気持ちいい。

201602251847_2-300x0.jpg

この日は小雨が降り寒かったので迷わずオススメのお燗酒をいただきました。

最初のオススメ酒、山形の鯉川のつや姫別嬪はキレが良くて味わい深くバランスのいいお酒です。

201602251847_3-300x0.jpg

創作系のお料理でどれも美味しく味もしつかりしていてお酒に負けない感じ。

201602251847_4-300x0.jpg

次のオススメ酒、鳥取の冨玲の定番純米酒は酸が強く熱燗にするとぐっと際立ってきます。

201602251847_5-300x0.jpg

島根出雲の酒、十旭日(じゅうじあさひ)もBYごとに選べるのでオススメの生酛純米をいただきました。

相変わらずインパクトのあるどっしりとした熟成酒ですがスイスイ飲めてしまうから不思議です。

201602251847_6-300x0.jpg

最後はこのお店のレパートリーの中では比較的飲み易い岩手の酉与右衛門(よえもん)をいただきました。

南部杜氏の造りはしっかりしているけどすっきりもしていてほっこりしたいい感じ。

酒本来の旨味を感じながら飲み続けられる素晴らしいお酒です。

201602251847_7-300x0.jpg

約束の18時過ぎお店を出たときはかなり酔った感じでしたが帰宅したら不思議とすっきりしていました。

やっぱりお燗酒は体に優しいようです。





 

2016年02月22日(月)更新

ブルーボトルコーヒー(清澄白河)


ブルーボトルコーヒー清澄白河店がオープンして1年、遅ればせながら訪問してきました。

お店の場所は大江戸線の清澄白河駅から5分ほど歩いた静かな寺町の中にありました。

201602221831_1-300x0.jpg

清澄白河を1号店に選んだ理由はアメリカ本社があるカリフォルニア州オークランドの環境に似ているからとか。
 

トップがこの街に惹かれ、数ある候補地の中からこの土地を選んだそうです。
 

清澄白河ロースタリー&カフェの外観はまさに倉庫といった感じですがお店の中はお客さんでいっぱいです。

201602221831_2-300x0.jpg

大きな焙煎機で煎られる香り豊かな豆を見ながらバリスタたちが入れるコーヒーを飲める場所なんですね。

1年経ったとはいえ場内整理のガードマンが2名もいてしばらく並んでからの注文となりました。

201602221831_3-300x0.jpg

実は今回訪問は納入させていただいた弊社の缶がどんな用途で使われているかの確認したかったのです。

ありました!ありました!弊社の缶が!

どうやら100g4000円もするコーヒー豆のパッケージでご利用しただいているようです。

201602221831_4-300x0.jpg

せっかくなので、こちらの高級なコーヒーをいただいてみましょう。

えっ、一杯1000円ですか!驚きのお値段ですが覚悟していただいてみましょう。

201602221831_5-300x0.jpg

確かに香り豊かで美味しいコーヒーのような味わいでした。

たぶん(笑)。

日本酒のようなコメントが書けなくてすみません!
 

2016年02月16日(火)更新

ダンデライオン・チョコレート(蔵前)


世間ではチョコレートのBean to Bar(豆から選定してチョコレートまで作る)が密かなブームだそうです。

そのパイオニアの一社としてクラフトチョコレート業界を代表するのが「ダンデライオン チョコレート」。

海外初進出となるファクトリー&カフェが2月11日、蔵前にオープンしたと聞いてさっそく訪問しました。

201602161539_1-300x0.jpg

お店の場所は、職人文化の根付く台東区蔵前の裏通り、精華公園の目の前にありました。

クラフト文化が盛んなサンフランシスコの空気とどこかリンクしているそです。

201602161539_2-300x0.jpg

木製のスタイリッシュな店内へ一歩入るとカカオの濃厚な香りが立ち込めています。

オープン当初のバレンタインデー前は大混雑だったそうですが、この日は穏やかな感じです。

201602161539_3-300x0.jpg

ファクトリースタイルの店内、1階はチョコレートファクトリーとスタンドになっています。

ファクトリーの中まで見渡せるオープンな雰囲気がいいですね。

201602161539_4-300x0.jpg

2階へ上がるとゆったりとしたカフェとワークショップスペースになっています。

201602161539_5-300x0.jpg

チョコレートの製造工程を見たあと、サンフランシスコ本店の味を再現したドリンクやスイーツを楽しめます。

私は、定番のハウス・ホットチョコレートとチョコバーをいただきました。

201602161539_6-300x0.jpg

ドリンクは甘さ控えめ、チョコバーは食べごたえがあり、どちらもチョコ好きにはたまりません。

今年のバレンタインデーは義理チョコもなかったので飢えたお腹も大満足でした(笑)。
 

Bean to Bar(豆の選定からチョコレートまで作る)を体感できるお店、ダンデライオン・チョコレート。

お気に入りのカフェができてできて良かった♪

 

2016年02月15日(月)更新

ビストロヴァンヌフ29(三河島)で日本酒を愉しむ会


地元RCの日本酒会に飛び入り参加してきました。

お店はJR三河島駅から程近いビストロヴァンヌフ29というオープン仕立てのお店。

201602151730_1-300x0.jpg

今宵のテーマは肉に純米大吟醸という組み合わせだそうですが…。

まずはオーナーのN社長自らイベリコ豚ベジョータをカッティングサービスしてくれました。

201602151730_2-300x0.jpg

コース料理で絶品だったのはスペイン産乳のみ仔豚ロース肉のソテー。

201602151730_3-300x0.jpg

そしてメインがこちらも絶品の黒毛和牛キューブステーキ。

201602151730_4-300x0.jpg

私的には自分が差し入れした新潟塩川酒造のCOWBOY山廃純米原酒がお肉にぴったりでした(笑)。
 

2016年02月12日(金)更新

私の山歩き~曽我山(曽我梅林)


快晴の祝日、東海道本線の国府津駅から御殿場線に乗り換えやってきたのは下曽我駅。

曽我梅林で白梅の香りを満喫し曽我周辺の里山を歩きます。

201602121805_1-300x0.jpg

下曽我駅から10分ほどで曽我梅林の会場に到着。

梅林越しに雲ひとつない見事な富士山を望むことができました。

201602121805_2-300x0.jpg

会場から曽我山を登っていくとこちらも一面の梅林、上から眺める梅林もきれいですね。

201602121805_3-300x0.jpg

みかん畑から遠くに観える富士山や箱根連山の景色も雄大で開放的です。

そして写真左側には相模湾を臨むことができました。

201602121805_4-300x0.jpg

駅前に戻ったら「平野家」という渋い食堂を発見!思い切って入ってみました。

201602121805_5-300x0.jpg

まずは「曽我の誉」という地酒をいただきホッと一息。

201602121805_6-300x0.jpg

小さなお店が混んできたのであわててラーメンを注文。

201602121805_7-300x0.jpg

昔懐かしいラーメンをいただき御殿場線の満員電車に乗って心地よく帰路につきました。


 

2016年02月04日(木)更新

真面目焼き鳥 助平(日暮里)


日暮里で美味しい焼き鳥屋を発見!その名も「真面目焼き鳥 助平」。

元気のいいお兄さんが二人で切り盛りしているカウンター中心の居酒屋さんです。

201602042028_1-300x0.jpg

日暮里駅の目の前にある高層ビルの1階にあるのですが裏通り側なので今まで気づきませんでした。

さらに看板の提灯の電気も故障中なのでなおさら目立たないのです。

でもこの店、焼き鳥が美味しいのはもちろんですが日本酒の品揃えが見事なんです。

まずは山形の栄光富士 酒未来、福島の写楽 あらばしり、山口の雁木 ノ壱から。

この店の酒はすべてフレッシュな生酒ばかり。

201602042028_2-300x0.jpg

続いては、愛媛の賀儀屋、岐阜の三千桜のうすにごり。

201602042028_3-300x0.jpg

こちらは広島に雨後の月、山口の金雀と美味しいお酒のオンパレードです。

201602042028_4-300x0.jpg

こだわりの真面目焼き鳥は美味鳥という歯ごたえがあり食感のいい鶏肉を使っているそうです。

新鮮なレバーやハツをいただけば納得の二重丸!

201602042028_5-300x0.jpg

実は昨年の暮れから通っているお気に入りのお店なんですが遅ればせながら紹介しました。

美味しい焼き鳥に旨い酒、そして心地よい接客と三拍子揃ったいいお店です。


 

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2016年2月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一