大きくする 標準 小さくする

2015年09月28日(月)更新

9月お蔵元を囲む会(浜松町名酒センター)


浜松町名酒センターでのお蔵元を囲む会は16時半からなので昼から久しぶりのコンサートへ♪

やってきたのは総武線大久保駅からほど近い神聖な雰囲気の淀橋教会。

こちらの教会大ホールでジョン・ルーカスのコンサートを聴かせていただきました。



ジョン・ルーカスといえば2013年のど自慢ザ・ワールド(日本の名曲を歌う)で特別賞を受賞し評判になった方。

今回は後ろで歌うワークショップのゴスペルクワイヤのお友達の応援団なんですよ♪♪

コンサート終了後に向かったのは浜松町にある名酒センター。

広島県竹原にある龍勢の藤井酒造さん、宮城県の鳳陽の内ヶ崎酒造店さんの2蔵を囲む会です。

こちらが藤井酒造、龍勢さんのラインナップ4種類。

普段飲んでいるすっきり系の夜の帝王もあり旨い酒がいただけそうです。



中でも左の黒ラベル 純米大吟醸は飛び抜けた旨さでバランスの良さに圧倒されました。

龍勢は冷酒も旨いけど生酛雄町純米のお燗は酸がほどよく立って通好みの酒です。


宮城の鳳陽さんは気取らずに飲み続けられる飲みやすさがウリでしょう。

蔵元さんは本醸造をすすめてくれましたが私は純米が好みでした。



この日の大当たり!は鳳陽の純米生原酒のお燗です。

50度くらいまで温度を上げて少し燗冷ましでいただくと口の中いっぱいに酒の旨味が広がります。

久しぶりにお気に入りのお酒だったのでお土産に1本購入させていただきました。



18時半、宴たたけなわでしたが会は予定通り解散となり仲間3人が向かったのはすぐ近くのわらやき屋。

あいかわらず店先では藁をぼうぼう焼いていて派手なパフォーマンスでお出迎えです。



さっそくカツオのタタキで一杯といきましょう。

とってもフルーティーで綺麗なお酒、亀齢の純米吟醸生で乾杯♪

厚切りのカツオのタタキには無手無冠の純米酒生酒をあてました。



高知も旨い酒揃っていて悩みますねぇ~。

いやぁ~、日本酒で一杯って本当にいいですねぇ~!


 

2015年09月24日(木)更新

私の山歩き~日光白根山


シルバーウィークの日曜日、渋滞の関越道を走り抜けてやってきたのは日光白根山ロープウェイ山麓駅。

ロープウェイに乗りこんで空中散歩を楽しみながら2000mの山頂ではない山頂駅まで一気に登っていきます。



15分ほど乗って山頂駅に到着、ここから関東以北で最高峰といわれる日光白根山の頂を目指します。

今回はシルバーウィークらしく60代、70代の男女8名のメンバーが集まりました。

下りのロープウェイ最終時刻が16時30分なのでさっそく正面の山頂をめざして登山開始です。



樹林の中を歩くこと40分ほどで七色平という分岐に到着、ここから傾斜もだんだんきつくなり急登が続きます。

広葉樹の森を抜けるとガレ場が続き、ガレ場を登り続けると一気に視界が開け砂れきの道になります。



足をとられ歩きにくい砂れきを登ること30分ほどでようやく山頂付近まで到着です。

ここは標高2500m超え、森林限界まで登っているので視界を邪魔をするものがなく抜群の展望です。

11時30分から2時間半ほどで山頂に到着しましたが、たどり着けたメンバーは私含め3人だけでした。



こちらは反対側、五色沼を見下ろす見事な展望、しばし360度の大パノラマを堪能しました。

男体山とはまったく違う趣きの日光白根山、アルプスのような雰囲気が漂っていて最高です。





さて下山は来た道とは反対側の急な岩場を慎重に下りて眼下の阿弥陀ヶ池を目指します。

一緒に登ってきた二人の女性はぜったい無理と言いながらも難なく降りることができました(笑)。



阿弥陀ヶ池まで45分、池からは樹林の中を下り1時間半ほどで無事ロープウェイ山頂駅まで戻ってきました。

去年、一昨年と3年続けて登っていますが、いっそう日光白根山の魅力に取りつかれてしまいました。

来年は違うコースから登って報告させていただきます。
 

2015年09月22日(火)更新

諏訪地酒祭~銀座NAGANO

「諏訪地酒祭~諏訪の九蔵呑み比べ」というイベントを聞きつけて参加してきました。

やってきたのは銀座4丁目交差点からほど近い「銀座NAGANO」の2階にあるイベントルーム。



諏訪地域の誇る9つの酒蔵が集結して、各蔵のお酒が楽しめるというスペシャル企画です。

 普段聞けないお話や秘密のお酒が登場するかもとの前振りで期待しての参加です。

 地酒とともに、来年春御柱祭が行われる諏訪地域の魅力をプロジェクター映像で上映していました。



試飲させていただいたのは各蔵の売れ筋レギュラー商品のようです。

見渡してみて特に特徴のあるお酒は見当たりませんね。

豊香は神渡の別バージョンで旬な秋あがりでした。



どれも長野らしい優しい飲み口のお酒のようです。

中でも真澄のビンは垢抜けていておしゃれですね。

王冠仕様といい高級感があり外人受けしそうで流石、真澄です。



お燗して飲んでみたかったのですが残念ながらお燗器がないので今夜は我慢です。

前菜の盛り合わせは長野の食材を使った優しいお料理でした。



ローストビーフは少しでしたが美味しくいただきました。

山廃や金紋錦ではありませんが御湖鶴のような酒に合いますね。



告知がうまくできていなかったのか、参加者が少なくてちょっと寂しい会でした。

蔵元さんから普段聞けないような話や秘密のお酒の登場もなく残念でした。

参加費用の5000円は場所が銀座ということでご愛嬌でしょうか(笑)。

 

2015年09月18日(金)更新

大相撲9月場所~駒形どぜう(浅草)


相撲好きな両親を誘って大相撲9月場所を観戦してきました。

両国国技館は満員御礼の札止めの盛況でしたが白鵬と日馬富士が欠場でちょっと寂しい感じです。

テレビのように力士さんを近くで観ることはできませんが、でも大きな力士さんは遠くても迫力があります。



枡席なのでお茶屋さん(案内所)からお弁当やお土産が席に運ばれてきました。

かなり豪華なお弁当に定番の焼き鳥、どれも美味しそうですが、今はわけあって我慢、我慢。



相撲が引けて両親と向かったのは隅田川を渡った向かいにある「駒形どぜう」。

父が手招きして呼んでいるのでさっそく店内へ。



店内1階は昔ながらの雰囲気を残していて趣きがありますねぇ。



メニューはご覧の通り、どぜうのオンパレード。



炭をおこした七輪の上の浅めの鉄鍋には仕込みされたどじょうがのって、どぜうなべの登場です。

まるどじょうの上にはささがきごぼうときざみねぎをたっぷりのせていただきます。



お酒は伏見の銘酒、富貴のようですね。

秋の定番、ひやおろし(ふり袖)は優しい飲み口で両親の口にも合ったようです。



こちら柳川なべはどじょうの卵とじ、まるとは違った食感を愉しみました。



下町情緒たっぷりの「駒形どぜう」、大相撲観戦と合わせて粋な夜を過ごすことができました。

2015年09月16日(水)更新

郷酒乃蔵(秋葉原)


私のもうひとつの職場、秋葉原で以前から気になっていたお店、郷酒乃蔵を訪問しました。

秋葉原に本部のある日本地酒協同組合という団体が運営する割烹屋さんのようです。

全国の名だたる有名蔵ではありませんが意欲的な中小蔵元さんの自慢の酒が楽しめるようです。



一歩入ると静かな店内、様々なタイプの酒がじっくり試飲できそうです(笑)。



せっかくなので秋のひやおろしを順番に飲んでみようと思います。

ひやおろしは冬場蔵元が丹精込めて仕込んだお酒が夏を越して熟成されて飲みごろのいい感じになったお酒。



まずは大好きな秋田の天の戸 純米吟醸 亀の尾と山形の白馬錦 純米吟醸からいただいてみましょう。

天の戸はいつもの醇辛より亀の尾を使っているので香り高く力強さを感じます。

白馬錦はキレのいい食中酒といった感じで飲み飽きせずすいすい飲めます。山形正宗に近いような味わい?



続いては山形の香梅 純米 生詰原酒は白馬錦よりさらにキレがよくなり料理の邪魔をしない酒です。

岡山の酒一筋 純米は酒一筋らしい一本筋の通ったぶれない旨さがあってかなり上出来の酒でした。



つまみはお店の方に聞いてご覧のような酒の肴がそろいました。

焼いた玉ねぎは甘みがあって血がサラサラになる感じ(笑)。



ひやおろしの最後、広島の瑞冠 純米はバランスのいいお酒、お燗でもいけそうです。

酸が強めの千葉の木戸泉 純米ですがこの酒は穏やかな酸なので冷でも美味しく飲めました。



いろんなタイプのひやおろしを試飲しましたがどの酒も熟成がすすんでいて美味しくいただけました。

秋葉原の穴場的なお店、郷酒乃蔵さん、また訪問させていただきます。

 

2015年09月15日(火)更新

喫茶 王城(上野)


上野マルイの真裏にある紫色の看板が目印の老舗の純喫茶が「喫茶 王城」です。



店内に入り席に着くと昭和レトロな雰囲気に包まれ不思議と気分が落ち着きます。

小さめのテーブルは大理石風、今では珍しい豪華な生地と使った椅子など不思議な居心地に浸れます。



店員さんも昭和的ないでたちで全員白シャツ、下が黒の装いできちっと応対してくれます。

コーヒーを注文するとまずシュガーとミルクの入った銀器が運ばれてきます。

続いて店員さんがカップをひっくり返し銀製のポットからコーヒーを注いでくれます。

ネルドリップでしょうか?濃いのですが口当たりはまろやかで香り高く飲みやすいコーヒーです。



いつもランチ時にいただくのが定番のナポリタン。

昔ながらのゆで麺のケチャップ味ですがマッシュルームやタマネギ、ハムと絡み合って懐かしい味わいです。



デザートは焼きたてのホットケーキがおすすめです。

飲み物とセットにすると250円でいただけます。

リス?マーガリンとホイップクリームはご愛嬌(笑)。



このお店のマイナス点は喫煙OKなのでほとんどのお客さんがタバコを吸うこと。

それもあってか冬時以外はドアがオープンになっているので助かります(笑)。

スタバなど今どきのカフェでは居心地の悪いという方にはお勧めの喫茶店です。

 

2015年09月14日(月)更新

私の山歩き~黒斑山(くろふやま)~高峰高原


新宿からJRバスに乗って上信越道と山道を走ること4時間余り、やってきたのは高峰温泉。

ここ高峰温泉は小諸から浅間山麓に入った標高2000mにある雲上の秘湯です。

今夜はこちら高峰温泉に泊まって明日の登山に備えます。



高峰温泉は源泉100%の優しい温泉、浴用だけでなく飲用にもすぐれた薬効果があるそうです。

冷温両方の温泉に交互に入ることで皮膚からの浸透がよくなるとか。

うす濁りの優しいいで湯に浸かると心も体も癒されホッとします。



さて翌朝、早めの朝食を済ませ嬬恋村の車坂峠の登山口から表コースを登り黒斑山を目指します。



高山植物を観賞しながらの緩やかな登りが続きますが、車坂山を越えるとガレ場になり急登になります。



1時間程歩くと赤茶けた鉄製の避難壕に到着しました。

この避難壕、もしも浅間山が噴火したら逃げ込むためのの壕でしょうか。



避難壕からほどなく歩くと手前にトーミの頭と奥に浅間山が望める小ピークの槍ヶ鞘に到着です。

目の前にはでっかい浅間山、素晴らしい大自然の景観に思わず見とれてしまいます。



ここまで登ってくればもうひとがんばり、左側の絶壁を登ってトーミの頭を目指しましよう!

断崖絶壁のトーミの頭まで登ると浅間山の美しい全景を観ることができます。

優雅でどっしりとした浅間山は美しいの一言、大自然のパワーを感じます。



浅間山の外輪山はヨーロッパ、コーカサス地方の風景に例えられる赤茶けた稜線が続いています。



目的地の黒斑山(くろふやま)まで歩きましたが、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳とまだまだ先まで歩きたくなります。

今回は帰りのバスの時間もあるので魅了されながらもここで引き返します。



浅間山の迫力ある姿を間近に望み、大自然の美しさを堪能しました。

帰りは16時19分のバスに乗り、予定通り20時20分には新宿駅東口に到着して解散しました。

しかし片道のバス運賃、3000円って安いですね~!





 

2015年09月10日(木)更新

KURAND SAKE MARKET 浅草店


池袋で大人気の「KURAND SAKE MARKET」の浅草店がオープンと聞ききつけ、

さっそくネットで予約を入れて訪問してきました。

お店の場所はTX浅草駅を出てすぐとなりのビルの地下1階という便利なところにあります。



まずは入口で入場料3240円を支払いお猪口かグラスを選びます。

その後、再入場できるように手の甲に見えないスタンプを押してもらいデーブルに案内されます。

あとは冷蔵庫の中から自由にお酒を選んで飲み比べが楽しめるというシステムです。



ずらっと並んだ日本酒は小さな蔵から集めた名酒が揃い約100種類くらいはあるでしょうか。

蔵元直送の日本酒が最高の状態で保存管理されているので常に美味しいお酒がいただけます。



もちろんお燗器もあるのでぬる燗、熱燗とお好きな温度で燗酒も楽しむことができます。



こちらのお店の特徴は、料理やおつまみなど食べ物の持ち込みが自由なこと。

おつまみが足りなくなったら途中で買い出しも可能なんです。

浅草名物をつまみながら好きな日本酒が飲めるなんて最高ですよね。

お腹が空いてきたのでお店を退出して尾張屋で天丼ともりそばを食べて再入場しました。

子供の頃から通い続けている今も昔と変わらない尾張屋の天丼。

濃口のつゆが海老の衣にからんでたまらない旨さです。



今回は下見程度でしたので次回は飲み仲間を連れだって気合い入れて再訪したいと思います。

日本を代表する観光地浅草で国酒の日本酒が海外の観光客に紹介されると思うとワクワクします。




 

2015年09月09日(水)更新

干物ダイニングyoshi-魚-tei(熱海)


山歩きのあと温泉につかり向かった先は、熱海の「干物ダイニングyoshi-魚-tei」。

絶品の干物と日本酒のコラボが最高のお店と聞いての訪問です。



店主の藤間さんは網代銀座で干物屋さんを営んでいるそうで干物の味はお墨付き!

さらに普段飲めないレアな日本酒もリーズナブルとあってFB仲間の間ではかなりの人気店だそうです。



まずは地元静岡の磯自慢の大吟醸 愛山で乾杯!

美味しくて!美味しくて!クラクラします!

続いては数量限定酒、同じく静岡の正雪 中汲み 生原酒。

フレッシュな味わいは温度が上がるにつれて旨味が増してきます。



干物はちょっと珍しい有頭海老の干物から。

普通の干物とみりん干しを味比べしましたが甲乙つけがたい美味しさ!



福井の黒龍の中汲み 生原酒も香りが広がって美味しい~♪

初めて飲んだのは店主のふる里長崎の酒、六十餘洲 純米吟醸。

ほのかにフルーティですが優しくてバランスのいい味わいは私好みのお酒。



こちらは絶品の鯖のみりん干し、帰りの時間を気にしつつ、もうお酒がとまりません!



他にお酒と共にいただいた天日干しの干物は、イワシ、メロカマ、イカなどと盛り沢山。

天日干しの干物と日本酒にこだわった熱海の居酒屋「干物ダイニングyoshi-魚-tei」。

近いうち再訪したい素晴らしいお店でした。

藤間さんご夫妻、ありがとうございました!


 

2015年09月08日(火)更新

私の山歩き~十国峠~岩戸山(熱海)


日光男体山から早一ヶ月、貴重な晴天日にやってきたのは熱海と芦ノ湖の境にある十国峠。

熱海駅からバスとケーブルカーに乗って頂きに立ったところでまずは記念撮影から。



十国が見渡せることから名づけられたという十国峠からは360度の絶景が楽しめます。

ここから歩くこと1時間ほどで誰もいない静かな岩戸山の山頂に到着です。


 

心地よい下り道は40分ほどで終わり残りは舗装道路をひたすら歩き続けました。

下山の途中では某有名企業の立派な保養所や研修所を数多く目にしました。

舗装道路を歩き続けること1時間半ほどでようやく伊豆山神社に到着です。



拝殿に参拝し終えてから相模湾の絶景を眺め30分ほどで熱海駅に戻ってきました。

さっそく駅前にある熱海温泉浴場で入湯料500円を払ってひとっ風呂浴びました。



源泉かけ流しのお湯が体の疲れを癒してくれました。

熱海の源泉の湯、最高!!
 

 

 


 

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2015年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一