大きくする 標準 小さくする
次ページ

2013年02月25日(月)更新

八戸~番外編~八戸駅前「ほむら」

八戸駅で4時に解散後、向かったのは5時から予約を入れておいたお店、「ほむら」。

今から食べログの八戸ランキング1位のお店へひとりで乗り込みます。

お店の前に着たら、思ってたよりも地味でこじんまりとしたお店です。

201302251809_1-360x0.jpg

店内は6人ほどが座れるカウンター席、そして奥にはテーブル席が2つあるようです。

ご主人に聞いたらひとりで切り盛りしているそうです。

201302251809_2-360x0.jpg

まずは、陸奥八仙の辛口生酒で喉を潤します。

しかし、何度飲んでも美味しいお酒です。


201302251809_3-360x0.jpg

先付は、胡麻豆腐の生うにのせ。

胡麻豆腐にふきのとうが練りこんであって、この苦味が春を感じさせてくれます。

先付が美味しいということは…これは期待大です!

201302251809_4-360x0.jpg

続いては、あつあつの茶わん蒸し。

青のりあんの下には、昨日お腹いっぱいいただいたタラの白子が入っていました。

201302251809_5-360x0.jpg

お酒が気になり陸奥八仙以外の日本酒を出してもらったら…なぜか他県の酒が…。

日本酒好きのご主人が自らセレクトしたお酒だそうです。

では神奈川の「丹沢山」のお燗から順番にいただきましょう。

201302251809_6-360x0.jpg

お店のウリが炭火焼ということで、地元のホッキ貝を鰹の酒盗であえたものを炙っていただきます。

生で食べられるホッキ貝なのに、なんとも贅沢ですね~。

201302251809_7-360x0.jpg

この酒盗和えのホッキ貝の炙りの旨いのなんのって!味も食感もたまりましぇん!

201302251809_8-360x0.jpg

こちらのお魚は、ソイの薄造りになります。

淡白で上品なお魚です。

201302251809_9-360x0.jpg

お酒は同じ丹沢山の純米吟醸「隆」にしましょう。

ひとり魚三昧で幸せな気分に浸っていたら、次は予想外の和牛のたたき。

温かい甘酢あんに絡ませていただくと、なんとも美味です。

201302251809_10-360x0.jpg

合わせるお酒は、大阪の秋鹿の無濾過原酒、通っぽくぬる燗でいただきました。

そろそろ〆かと思ったら、な、な、なんと!毛ガニのほぐしの登場です。

それも崩れそうなくらいの蟹味噌がのって、食べる前からくらくらします。

201302251809_11-360x0.jpg

お酒は再び戻って丹沢山の純米吟醸「隆」を冷やでいただきます。

夢見心地でいたら、いよいよ最後の〆は、こちら土鍋いっぱいのカキご飯。

201302251809_12-360x0.jpg

こんないっぱい食べられないと思っていたら、お土産にできるとのこと。

でも…気が付いたら茶碗で3杯きれいにたいらげてしまいました。

201302251809_13-360x0.jpg

これだけ美味しいものをいただいて、お料理が、驚きの5000円なり~!ちゃり~ん!

お会計は、8000円でおつりがきましたよ!

いやぁ、八戸に通いたくなってしまいましたぁ!

ご主人ごちそうさまでしたぁ!


おかげさまで上野駅まで爆睡して帰ることができました(笑)。

2013年02月24日(日)更新

八戸大学&経営者会報ブログ共催 講演会

八戸2日目、早朝6時から谷口板長の案内でやってきたのは「はちのへ温泉」。

寒い朝に温泉に入れるなんて!なんとも贅沢じゃありませんか!

201302241627_1-360x0.jpg

どうです?ほかほかな湯上り感、伝わりますか?

201302241627_2-360x0.jpg

朝食後も谷口さんの運転で八戸の海沿いをドライブしました。

こちらは、津波が押し寄せても大丈夫だったという、まさに神がかりな蕪島神社。

201302241627_3-360x0.jpg

こちらの船は、板長の知り合いの漁船。

時間があると一緒に乗って漁に出るそうです。

201302241627_4-360x0.jpg

ここは、東山魁夷氏の「道」の記念碑がある大須賀海岸からの絶景になります。

201302241627_5-360x0.jpg

こちらは、陸奥湊の朝市の上にある展望台からの見た八戸の街並み。

見るからに寒そうです。

201302241627_6-360x0.jpg

そのあと見学したのは、こちら八食センター。

様々な海産物やお土産が一堂にそろっています。

201302241627_7-360x0.jpg

市街地へ戻り、昼食場所の「手打そば 番丁庵」さんへ。

201302241627_8-240x0.jpg

こちらでは珍しい蕎麦を三角状にしたものをお鍋に入れていただきました。

201302241627_9-360x0.jpg

見た目は京都の生八つ橋のようですが、1分ほど茹でにんにく味噌をつけていただくと絶品です。

201302241627_10-360x0.jpg

そして、お待ちかねの天ざる蕎麦の登場です。

香り高く喉ごしも良い蕎麦と、ダシのきいた汁で美味しくいただきました。

201302241627_11-360x0.jpg

昼食後は、すぐ近くにある「ハッチ」という講演会場へ。

こちらで村上肇氏による「Web商いの達人になる!最強のネット拡販術」の講演。

そして「トップ自身をブランド化する!ブログ活用術」というパネルディスカッションに参加しました。

201302241627_12-360x0.jpg

3回にわたって記事を書きましたが、この講演会が今回の大きな目的のひとつだったのです。

イベント終了後は、まっすぐ八戸駅まで送っていただき、予定通り16時に解散しました。

2013年02月24日(日)更新

八戸ニューシティホテル7階 魚菜工房「七重」にて懇親会!

1階でのミーティングが終わり、やってきたのは7階にある魚菜工房「七重」。

こちらで参加者による懇親会が開催されました。

ちなみに手前のシャツ姿のイケメン君が「わかめ海男児」の下荢坪(したうつぼ)さんです。

201302241208_1-360x0.jpg

お待ちかね、谷口さんと奥さまの心のこもったご馳走はこちらになります。

タラの白子の生、焼き、天ぷらと白子三昧。

201302241208_2-360x0.jpg

もちろん看板商品の虎鯖棒寿司もたっぷりいただきました。

201302241208_3-360x0.jpg

いただいたお酒はご覧の通り、青森の美味しい日本酒を堪能させていただきました。

201302241208_4-360x0.jpg

こちらは味噌仕立てのタラ鍋になります。

汁が五臓六腑に浸みわたり、心も体もポッカポカ!もうたまりましぇん!

201302241208_5-360x0.jpg

そして、最後に谷口板長特製のラーメンまでいただきました。

201302241208_6-360x0.jpg

谷口板長、真心こもったおもてなし、ありがとうございました!

201302241208_7-360x0.jpg

最後は参加者のブロガーの皆さんそろって、「ハイ!SEAうま~い!」。

201302241208_8-360x0.jpg

感動の八戸1日目は、これにて終了なり~!

2013年02月24日(日)更新

テストマーケティング研究所in八戸

経営者会報ブログ主催のテストマーケティング研究所が久しぶりに開催されました。

東北新幹線で約3時間、八戸駅から車で20分ほど、やってきたのは八戸ニューシティホテル。

やっぱり外の寒さはハンパじゃありません!

201302241122_1-360x0.jpg

代表の久米信行さんのご挨拶のあと、同じブロガーの谷口さんが作る鯖寿司についてディスカッションしました。

201302241122_2-360x0.jpg

こちらは、通常の虎鯖でなくごま鯖を使った棒寿司。

実際に試食して、見た目や大きさなど皆さんからきたんのない意見が出てきました。

201302241122_3-360x0.jpg

こちらは、焼きごま鯖の棒寿司になります。

赤しその葉の存在感についても様々な意見が出てきました。

201302241122_4-360x0.jpg

こちらは、谷口さんが応援するひろの屋さんの海藻類の商品です。

201302241122_5-360x0.jpg

地元の天然わかめは、今までのわかめの概念を変える歯ごたえと食感でした。

201302241122_6-360x0.jpg

こちらは、地元のイカとわかめを使ったシュウマイの試作品になります。

「SEAうまい」というネーミングが面白いのではなど様々な意見が出てきました。

201302241122_7-360x0.jpg

90分のテストマーケティングは無事終了し、いよいよ懇親会になります。

2013年02月22日(金)更新

上野御徒町~健康創造館

御徒町の松坂屋の横を歩いていると…なにやら気になる建物が…。

健康創造館ってどんなところでしょうか。

さっそくのぞいてみましょう!

201302221216_1-360x0.jpg

店内には、健康食品や体に良さそうなお薬が並んでいました。

お~!こちらの「コンクレバン」は私が飲んでいる元気印の秘密兵器ではありませんか!

201302221216_2-360x0.jpg

店員さんに聞いたらこの建物は「日水製薬」の本社でアンテナショップだったんですね。

窓側はカフェになっていて薬膳花茶がいただけるので飲んでいきましょう!

201302221216_3-360x0.jpg

おすすめメューはご覧の通り。

相方さんは№109のリラックスしたい方のお茶、私は№115の肝腎要なときのお茶を注文しました。

201302221216_4-360x0.jpg

沢山の薬膳がポットにいっぱい入っていて見るからに体に良さそうです。

201302221216_5-360x0.jpg

どちらのお茶も華やか香りがして飲みやすくて美味しいです。

お茶がなくなるとお湯を足してくれるのも嬉しいサービスです。

おかげで飲み終えたら体がポカポカになりました。

2013年02月21日(木)更新

南千住 モリタヤ酒店で試飲会

南千住の説明できないような場所にある通好みの酒屋が、こちら「モリタヤ酒店」。

201302211740_1-360x0.jpg

お店の2階にはご覧のような異空間の炉端を囲むお部屋が用意されています。

201302211740_2-360x0.jpg

この日は、岡永さんが企画した試飲会に参加しました。

いただいたお酒はご覧の新酒10種類。

201302211740_3-360x0.jpg

どれもフレッシュな飲み口なのでお酒がすすみます。

備長炭をおこした炉端でいただいたのは、厚岸産の生カキ焼き。

201302211740_4-360x0.jpg

そして佐渡のイカの一夜干しなどの乾き物。

201302211740_5-360x0.jpg

〆にに新潟のへぎそばをいただいて大満足なり~!

こちらはご主人の作ったオリジナルの酒マーク。

201302211740_6-240x0.jpg

唯一残念だったのは試飲したお酒がほとんど売り切れだったこと(笑)。

お土産は買い求めできませんでしたが、ご主人に感謝感激の試飲会でした。

2013年02月19日(火)更新

西浅草 「坐志庵 北の杜」で日本酒会

若い美人女将がひとりで店を切り盛りしている「坐志庵 北の杜」に日本酒仲間が集合しました。

小さな店内は女将を囲むようにカウンターに詰め詰めで9人が座り日本酒会の始まり始まり~!

201302191747_1-360x0.jpg

持ち込んだお酒はご覧の通り。

ちなみに私は、秋田の新政の№、6のしぼりたてを持参しました。

201302191747_2-360x0.jpg

3千円の予算でお願いしたおまかせ料理はご覧の通り。

201302191747_3-360x0.jpg

新鮮なしめ鯖を肴にお酒がすすみます。

201302191747_4-360x0.jpg

どの料理も心のこもったお袋の味。

201302191747_5-360x0.jpg

〆にごった煮をいただいてお腹も大満足なり~!

201302191747_6-360x0.jpg

持ち込んだお酒だけでは足りなくなり、女将セレクトのお酒もいただきました。

奈良の「百楽門」は私好みのお酒なり~!

201302191747_7-360x0.jpg

最後のお会計は、おひとり4千円と大変リーズナブル!

お店の場所は言問通りと旧国際通りの交差点近くになります。

ご来店お待ちしてま~す!

2013年02月18日(月)更新

浅草で沖縄牛をいただく「徳吉」

肉食系でないこともあってか?お肉を食する記事はあまり書いていませんでしたが…、

今回は、景気よく沖縄牛のステーキをご馳走になりました。

やってきたのは、洋食屋{ぱいち」、とんかつ屋「ゆたか」の並びにあるステーキ屋「徳吉」。

201302181842_1-360x0.jpg

初めて訪問なので少しためらいがちにお店に入りました。

でも、愛嬌のあるシーサーのような顔をした気さくなご主人が迎えてくれてホッと一安心。

白のグラスワインを飲みながら前菜をいただいてリラックスなり~!

201302181842_2-360x0.jpg

さて、目の前に登場したのは大きなアワビ。

201302181842_3-360x0.jpg

この大きなアワビをソテーしてご覧のように肝バターソースでいただきます。

この歯ごたえがたまりましぇん!

201302181842_4-360x0.jpg

いよいよお待ちかね、メインのステーキのお出ましです。

ご覧のようにヒレとサーロインの両方がいただけるようです。

201302181842_5-360x0.jpg

こちらは、ミディアム・レアに焼きあがったヒレステーキ!

ジューシーな肉汁のロースに比べ上品な味わい。

201302181842_6-360x0.jpg

禁断の沖縄牛をいただいて私も肉食系の仲間入りです。

まさにクセにさせるお店、「徳吉」さんでした。

2013年02月15日(金)更新

押上文庫内 「おでんと燗酒 ごでん屋」

東京スカイツリーから10分ほど歩いたところに押上文庫さんがあります。

以前ご紹介した「押上文庫」さんは土日だけの営業。

平日の夜はおでんと燗酒の「ごでん屋」に変身します。

201302151747_1-240x0.jpg

カウンターには先客の外人さんがおひとりで杯を傾けていました。

201302151747_2-360x0.jpg

まずは自家製寄せ豆腐で、道灌(滋賀)のゆず酒をいただきました。

続いての野菜の蟹餅あんかけには、長珍(愛知)の純米酒ささにごり。

201302151747_3-360x0.jpg

くるま麩には、同じく長珍(愛知9の純米吟醸生原酒。

201302151747_4-360x0.jpg

本日の魚介の漬けには、宗玄(石川)の純米吟醸生。

築地の魚河岸に勤めているご主人が選んだお魚は絶品の味付け。

201302151747_5-360x0.jpg

鰆と豆腐のお椀には、十旭日(島根)の純米吟醸生原酒。

十旭日はくらくらするくらい濃~いお酒です。

201302151747_6-360x0.jpg

鯖の酒粕西京焼きには、不老泉(滋賀)の純米吟醸生原酒。

不老泉は本日一番のお気に入り!

201302151747_7-360x0.jpg

大分のフルーツトマトには、大好きな開運(静岡)の純米生原酒で。

201302151747_8-360x0.jpg

山芋の擦り流しには、奥播磨(兵庫)の純米生超辛。

201302151747_9-360x0.jpg

とどめの自家製がんもどきには、秋鹿(大阪)生酛純米生原酒。

201302151747_10-360x0.jpg

いやはや我ながらよくぞこれだけのお酒をいただきました。

201302151747_11-360x0.jpg

気が付けば、私たち6人が最後の客になったようです。

201302151747_12-360x0.jpg

こちらが「ごでん屋」の若くてカッコイイご主人。

201302151747_13-360x0.jpg

お燗番の名人でもある五嶋さんは、早朝から築地の魚河岸で働いている頑張り屋さん!

濃いお酒に合わせるあっさりしたお料理を担当するのは実の弟さんだそうです。

お料理と日本酒のマリアージュを堪能させていただきました。

押上駅まで歩いて戻ると、東京スカイツリーが霞んで見えました。

201302151747_14-240x0.jpg

先っぽが見えないって…もしかして…酔っているのかも~??

2013年02月15日(金)更新

「日比谷 松本楼」のテラスでポカポカランチ

最近、日曜日のランチのお気に入りは、こちら日比谷公園内にある老舗の松本楼のグリル。

201302151649_1-360x0.jpg

両親と愛犬のジャム君の散歩のあと、テラスで日差しを浴びながらポカポカランチを楽しんでいます。

この日私が注文したのは、ボリュームたっぷりの洋風ボルシチ。

野菜たっぷり、あっさりしたスープ仕立てなので、ペロッといただきました。

201302151649_2-360x0.jpg

こちらは父が注文した、ボリュームたっぷりのカキとほうれん草のグラタン。

大粒のカキは7個も入っていてお得な一品です。

201302151649_3-360x0.jpg

こちらは母が注文した、祝日限定のオムハヤシの洋風プレート。

なぜかまわりの女性も同じものを注文していました。

201302151649_4-360x0.jpg

普段は、純和食ばかりの両親ですが…たまには純洋食もいいもんです。

201302151649_5-360x0.jpg

でも一番ゴキゲンだったのは、足元にいたジャム君だったかも!?

ジャム君写ってなくてすみましぇ~ん!
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2013年2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一