大きくする 標準 小さくする

2012年11月29日(木)更新

押上の日本酒バー 酒庵 酔香

押上の日本酒バー、酔香さんに2年ぶりに訪問しました。

古い日本家屋を改装したお店は、落ち着いた佇まいです。

201211291748_1-360x0.jpg

2年ぶりの訪問だとというのに、お店へ一歩入るとホッとする空間は最高ですね~。

相変わらず穏やかなご主人が笑顔で迎えてくれました。

201211291748_2-360x0.jpg

まずは、吟醸香のある冷酒で乾杯することにしました。

埼玉県の亀甲花菱の純米吟醸生は、力強いしっかりしたお酒。

長野県の千曲錦の純米大吟醸は、穏やかな香りの優しいお酒。

201211291748_3-360x0.jpg

こちらが、最初に出てくるお通り6種盛(1000円)になります。

いぶりがっこの入った自家製ポテトサラダがとっても美味しいです。

201211291748_4-360x0.jpg

この日は寒かったのでお燗酒シリーズといきましょう!

宮城県の真鶴の生酛特別純米酒は、しっかりとした旨口のお酒。

福島県郡山の穏(おだやか)純米酒は、その名の通り丁寧に造られた穏やかな優しいお酒。

201211291748_5-360x0.jpg

お通しに続いてお酒のアテに注文したのは、自家製燻製6種の盛り合わせ(600円)。

これはお酒がすすみますね~。

201211291748_6-360x0.jpg

和歌山県の紀土(きっど)は、自社田で丁寧に作られたお米を使った紀州の風土を感じるお酒。

なんとラベルに田植えからお酒ができるまでの工程の写真が載っていますよ!

秋田県の山吹極(やまぶき)は、上のラベルに上級者向きあるに相応しい熟成されたコクのあるお酒。

201211291748_7-360x0.jpg

こちらのお料理は、トロサーモンのお刺身~大徳寺納豆のタレかけ。

お刺身とタレが見事にマッチして最高の酒の肴になってます。

201211291748_8-360x0.jpg

青森県の駒泉の特別純米酒(ひやおろし)は、穏やかだけど力強さもある練れた旨酒。

岩手県の荒蝦夷(あらえびす)の特別純米酒は、南部杜氏らしいすっきりした酸味を感じる酒。

駒泉は、この日の燗酒ナンバーワンかも~。

201211291748_9-360x0.jpg

こちらのお料理は、地元吉原大門にある肉屋「千葉屋」の美味しい~チャーシュー(600円)。

あんまり美味しかったので、今度買いにいこうっと!

201211291748_10-360x0.jpg

チャシューにつられていただいたのは、広島県竹原の誠鏡の番外純米。

さすが!飲めば飲むほどほっこりする旨酒。

今話題の滋賀県のはぎの露の純米酒は、日本最大の燗酒コンテストで最高金賞をとっただけあってグッとくる旨さ。

さて、駒泉か?はぎの露か?どっちが今宵の一番気に入った燗酒か?う~ん…迷うところです。

201211291748_11-360x0.jpg

美味しい燗酒を飲み続けると止められない止まらないので、残念ですがこれにて終了!と思ったら…。

となりのお客さんが飲んで旨い!とうなっていた而今の新酒にごりざけを最後に飲んでようやく〆としましたが…。

これこそ止められないヤバイ酒です。

201211291748_12-360x0.jpg

ふらふらになって十間橋までたどり着くと、東京スカイツリーがなんとも幻想的でロマンチックなこと!

201211291748_13-300x0.jpg

さて、次は誰をご案内しようかな~?



2012年11月27日(火)更新

浜松町 名酒センター「蔵元を囲む会」 11月

11月24日の土曜日、恒例となった名酒センターでのお蔵元を囲む会に参加してきました。

今回も選ばれた蔵元さん3蔵の代表が勢ぞろいです。

201211271753_1-360x0.jpg

まずは、兵庫県の「鳳鳴」さん。

昔ながらの造りにこだわった田舎酒に、今年の金賞受賞酒の大吟醸酒が並びます。

味わい深い田舎酒は常温でいただくのベストかも~。

201211271753_2-360x0.jpg

こちらは、岐阜県の蒲酒造さんの「白真弓」さん。

今年の初しぼり原酒とにごり原酒も試飲させていただきました。

辛口酒が中心なので飲み飽きしません。

金色の包装紙で包まれたバランスのいい特選酒をお買い上げ~!

201211271753_3-360x0.jpg

最後は、新潟県の竹田酒造さんの「かたふね」さん。

越淡麗と越いぶきという地元米を使った純米生原酒はピカイチの旨さでしたが…これが最後の1本でした。。

ということで、一番燗酒でイケる左の特別本醸造酒をお買い上げ~!

201211271753_4-360x0.jpg

吾郎ちゃんの心のこもった手作り料理も美味しくいただきました。

201211271753_5-360x0.jpg

これだけのお酒を全部試飲してお料理もお腹いっぱいいただいて大満足なり~!

201211271753_6-360x0.jpg

会費は、おひとりさま、3000円なり~!ちゃり~ん!ごちそうさまでしたぁ!

2012年11月21日(水)更新

浅草エキミセ グランドオープン

浅草松屋が浅草エキミセとしてグランドオープン!

ということで、チャリンコを漕いで見学に行ってきました。

真っ先にやってきたのは開放感あふれる屋上広場「浅草ハレテラス」。

ちょうど記念撮影イベントがあったのではっぴを着て「ハイ・ポーズ」!

201211211701_1-300x0.jpg

展望デッキからは、自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリーが望めます。

青空に囲まれた空間は、お買物の合間の休憩スポットとしてもオススメですね。

下の階に降りたら両親とばったり。

「健一、こんなところで何やってるの!」

親子そろって新しいもの好きなんですよね~(笑)。

浅草エキミセのホームページはこちらになります。

http://www.ekimise.jp/contents/pc/index.php?&szenban=0


2012年11月15日(木)更新

ボージョレ・ヌーボー解禁~もりたや酒店にて

11月15日は七五三、そしてボージョレ・ヌーボーの解禁日。

やってきたのは吉田類さんの酒場放浪記にも登場した南千住のもりたや酒店さん。

201211151740_7-360x0.jpg

店頭にはラブレ・ロワのボージョレ・ヌーボーの木樽が置かれていました。

201211151740_8-360x0.jpg

木樽からグラスに注がれたヌーボーを立ち飲みコーナーでいただきます。

奥さま自家製のおつまみ付きで一杯500円なり~!ちゃり~ん。

201211151740_9-360x0.jpg

今年は例年以上に悪天候の日が続いたそうで、ブドウの実が少なく収穫量も少なかったそうです。

幸いにも、残ったブドウの房は小さいけれど、実がギッシリで詰まっていて果実味が濃いとのこと。

ワイン好きな両親にも樽から分けてもらいお土産にしました。

だって私は日本酒通ですから(笑)。

日本酒の品ぞろえも豊富なもりたや酒店さん。

美味しいひやおろしを買いにまた訪問させていただきます。

2012年11月07日(水)更新

奈良県御所市 蔵元巡り

先週末、奈良県御所市にある日本酒の蔵元を訪問しました。

御所の駅前から歩き始めると、昔ながらの静かな家並みが続きます。



201211071148_1-360x0.jpg

駅から歩いて10分ほどで「風の森」ブランドで有名な油長酒造さんに到着です。

201211071148_2-360x0.jpg

こちらの日本酒は、全品が無濾過、生原酒、そして純米酒という徹底ぶり。

そのせいもあって蔵見学は一切受けつけていないそうです。

こちらは蔵の母屋のお向かいにある平成蔵という外壁なしのむき出しのタンク。

201211071148_3-240x0.jpg

ご覧のような巨大なタンクが昔ながらの街並みの中に突然現れたのでビックリしました。

さて、御所駅前からタクシーで葛城山方面に向かって5分ほどで「篠峯」で有名な千代酒造さんに到着しました。

201211071148_4-360x0.jpg

こちらの蔵は日本酒博士が蔵見学をお願いしてあったので気持ちよく迎えていただきました。

201211071148_5-360x0.jpg

ちなみに「篠峯」は、目の前にそびえる葛城山の別名だそうです。

小さな蔵ですが、自家精米からされていて酒造りへの徹底ぶりがうかがわれます。

現在醸造中のお酒もタンクの上に上がらせていただき生きている酒を見学しました。

201211071148_6-360x0.jpg

ひと通り見学させていただいた後、蔵の中でとっておきのお酒を試飲させていただきました。

201211071148_7-360x0.jpg

名古屋から近鉄電車を乗り継いで訪問した甲斐のある有難い蔵見学になりました。

2012年11月06日(火)更新

谷中の雀でふぐ三昧

今や定番となった江戸料理の店「谷中の雀」さんでふぐ三昧コースを堪能してきました。

お店のご案内はスキップして、まずは前菜や茶わん蒸しなど美味しいご馳走の数々からご紹介しましょう。

201211061314_1-360x0.jpg

お待ちかね、至福のふぐ刺しの登場です。

ふぐの煮こごりが口の中で溶けていく感じがたまりません。

201211061314_2-360x0.jpg

お鍋にいく前に登場したのは肉厚なふぐの唐揚げ。

201211061314_3-360x0.jpg

父に連れられてきた愛犬ジャム君も唐揚げ食べたそう!?

もしかして鳥の唐揚げと勘違いしたのかも。

201211061314_4-360x0.jpg

いよいよメインはお待ちかね、ボリュームたっぷりのふぐ鍋です。

201211061314_5-360x0.jpg

煮込んでもこんなに肉厚でプリプリのふぐちゃんです。

201211061314_6-360x0.jpg

もちろん最後は雑炊で〆て大満足なり~!

今夜のふぐコースは、おひとりさま5000円なり~!ちゃり~ん!

いただいたお酒は、滋賀の「七本槍 ひやおろし」の冷、京都の「まつもと 純米」のぬる燗でした。

201211061314_7-360x0.jpg

ご主人、いつも美味しいいお料理をありがとうございます。

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2012年11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一