大きくする 標準 小さくする

2012年10月25日(木)更新

鳥取 大山登山

21日の日曜日、鳥取にある名峰大山(だいせん)に登ってきました。

201210251149_1-360x0.jpg

登山口の標高は約800メートル、頂上の弥山山頂は1700メートルになります。

登り始めて2時間ほど、6合目あたりまでくると視界が開けて山の全貌が見えてきました。

201210251149_2-360x0.jpg

8合目の眼下から見る紅葉も見事です。

201210251149_3-360x0.jpg

登山口から3時間ほどでようやく山頂に到着、10人全員そろっての記念撮影です。

左奥の赤いシャツを着ているのが私です。

201210251149_4-360x0.jpg

登山する方の多くが関西のほうの方ばかりで関西弁が飛び交っていて賑やかな山行でした。

久しぶりの登山でしたが、ダイナミックな景観に圧倒され思い出深い山行になりました。

そうそう私が参加している山の会は、ハイキングこまくさといいます。

2012年10月18日(木)更新

生酛蔵 初孫の酒を楽しむ会へ

雨降りの中やってきたのは赤羽にある居酒屋ろまん亭さん。

こちらで山形県酒田市にある生酛蔵で有名な初孫さんの酒の会があると聞いて参加してきました。

左からろまん亭の店長さん、中央が初孫の蔵元さん、右が主催者の真せき酒店さんになります。

201210181327_1-360x0.jpg

まずは左にある純米大吟醸で乾杯!

酒造好適米「雄町」を50%まで精米した純米大吟醸はふくよかで透明感のある旨さが冴えます。

右側の「砂潟」は美山錦を使った生酛純米酒。

しっかりした飲み口なのにすっきりした後味がたまりません。

201210181327_2-360x0.jpg

そしてこちらが旬を感じさせる見るからにきれいな前菜になります。

201210181327_3-360x0.jpg

続いてのお酒は…。

左にあるのが「魔斬」(まきり)という辛口純米酒。

キレがいいので魚料理にはぴったりです。

右にあるのは山田錦の味わいを引き出した「熟成純米酒」。

3年低温で寝かせてあるので味わい深く、ぬる燗でいただくといっそう味が際立ってきます。

201210181327_4-360x0.jpg

鮎の煮ものは甘露煮ほど甘くなくお酒のアテにぴったりです。

201210181327_5-360x0.jpg

牛のもも焼きは、不思議な味ののりソースでいただきました。

201210181327_6-360x0.jpg

仕上げに超大盛りそばをけんちん汁でいただきました。

201210181327_7-360x0.jpg

デザートは柿をまるごと美味しくいただきました。

201210181327_8-360x0.jpg

沢山のお料理をいただいて初孫さんをたらふく飲んで、会費は5000円なり~!

ちゃり~ん!ごちそうさまでしたぁ!

2012年10月16日(火)更新

富山の酒とかまぼこフェア

14日の日曜日、東京交通会館のイベントホールで開催された「富山の酒とかまぼこフェア」に行ってきました。

201210161535_1-240x0.jpg

会場に入ると鯛かまぼこたちがお出迎えしてくれます。

201210161535_2-360x0.jpg

会場中央には富山の酒樽がでんと積んであります。

201210161535_3-360x0.jpg

その先には各蔵元の美味しい仕込み水が飲み放題になっています。

201210161535_4-360x0.jpg

富山といえば「立山が有名ですが…なぜか酒造組合には入っていないそうです。

数ある日本酒蔵の中で私のお気に入りは…こちら「曙」さん。

飲みやすいのに芳醇旨口のストライクど真ん中のお酒でした。

201210161535_5-360x0.jpg

「満寿泉」、「成政」、「勝駒」、「幻の瀧」など美味しいお酒をいっぱい堪能させていただきました。

チケットには、お酒500円分、かまぼこ500円分の引換券が付いて大変お値打ちな試飲会でした。

2012年10月15日(月)更新

茨城地酒まつりin花やしき2012

10月12日は毎年恒例になった茨城地酒まつりに参加してきました。

やってきたのは、地元浅草花やしき。

201210151455_1-360x0.jpg

夜の下町デートスポットも今宵だけは貸切りの日本酒天国へと変身です。

201210151455_2-360x0.jpg

茨城の蔵元といえば日本最古の日本酒蔵と言われているこちら、「郷の誉」。

でも個人的には好みではありません。

201210151455_3-360x0.jpg

大所では、こちら「菊盛」さんでしょうか。

安定したお酒なので安心していただけます。

201210151455_4-360x0.jpg

こちらは私が要チェックした「霧筑波」さん。

すっきり系ですが味わいのあるお酒です。

201210151455_5-360x0.jpg

チケットと交換でいただいたのは…こちら、あんこうどぶ汁。

大きな鍋に仕込んで豪快な一杯です。

201210151455_6-360x0.jpg

こちらは、笠間のいなり寿司、バラエティに富んだ具がウリでした。

201210151455_7-360x0.jpg

こちらは、喉ごし爽快な常陸の秋そば。

201210151455_8-360x0.jpg

酒のつまみは、筑波ハムの盛り合わせ。

201210151455_9-360x0.jpg

熟成したチーズが日本酒のアテにぴったりで美味しかった~。

201210151455_10-360x0.jpg

印象に残ったお酒は、青森の陸奥八仙のような結城酒造の袋吊り無濾過生原酒。

茨城にも新しい日本酒の風が吹いてきたようです。

とっても楽しいイベントに参加できてよかったです。


2012年10月12日(金)更新

谷中の雀で松茸三昧

またまたやってきました!谷中の雀さん。

今宵はご主人から田舎から松茸が入ったとのことで伺いました。

201210121252_1-360x0.jpg

先付のあと、まずは豪華なお刺身の盛り合わせが登場。

201210121252_2-360x0.jpg

松茸の土瓶蒸しは土瓶がないのでお椀で登場。

201210121252_3-360x0.jpg

お待たせしました!こちらがお目当ての松茸焼き。

すだちを絞って熱いうちのいただきました。

201210121252_4-360x0.jpg

思いがけず美味しかったのがこちら松茸のフライ。

松茸の香りが封じ込められていて天ぷらより美味しいみたい。

201210121252_5-360x0.jpg

そしてメインはこちら松茸がたっぷりのったすき焼き。

なんとも贅沢な和牛と松茸のコラボレーション。

201210121252_6-360x0.jpg

最後は、松茸ご飯をいただいて大満足なり~!

201210121252_7-360x0.jpg

では、今宵いただいたお酒をご覧いただきましょう。

201210121252_8-360x0.jpg

相変わらずマニアックな日本酒通の私たちなのでした。

2012年10月03日(水)更新

名酒センター お蔵元を囲む会 

9月26日の土曜日、浜松町の名酒センターでのお蔵元を囲む会に参加してきました。

少し遅れてお店に到着してみると…店内は女性参加者の姿が目につきます。

201210031820_1-360x0.jpg

今回は4つの蔵元さんが参加しています。

こちらは、栃木県の「天鷹」の天鷹酒造さん。

あの有名な「天鷹 心」は、純米吟醸からすべて純米大吟醸にレベルアップしたそうです。

201210031820_2-360x0.jpg

こちらは、先日の「ふくしま美酒体験」でも試飲した「奥の松」さん。

特別に持参していただいた古酒の味が今も忘れられません。

201210031820_3-360x0.jpg

こちらは、島根県の「石見銀山」の一宮酒造さん。

燗酒にするとさらに旨さが引き立ちます。

10月8日には島根県酒造組合の試飲会があるので行く予定です。

201210031820_4-360x0.jpg

そして最後は、新潟市内の「越の関」の塩川酒造さん。

純米吟醸原酒「願人」、山廃純米吟醸原酒「Comboy」はコクもありお気に入りのお酒です。

201210031820_5-360x0.jpg

どちらのお酒もお燗にすると旨さが引き立ち、いい酔い心地になりました。

女性の参加者の皆さんも熱心に質問されていました。

女性の日本酒ファンがどんどん増えて市場がどんどん盛り上がってほしいものです。

201210031820_6-360x0.jpg

手造りのお料理も出て、3000円とはお値打ちなり~!

2012年10月03日(水)更新

「ふくしま美酒体験」in渋谷

「福島のお酒が大好きな私が向かったのは渋谷セルリアンタワー。

こちらで、「ふくしま美酒体験」in渋谷が開催されました。

例によって参加したのは…いつもの日本酒好き3人衆。

201210031651_1-360x0.jpg

会場内は、600人以上の方がお見えになっていて大盛況です。

201210031651_2-360x0.jpg

ステージには、福島のゆるキャラ「八重たん」も登場しました。

201210031651_3-360x0.jpg

続いては、「恋のから騒ぎ」の1期生として活躍した島田律子さんが登場。

彼女は日本酒酒造組合認定の「日本酒スタイリスト」としても活躍しているそうです。

201210031651_4-360x0.jpg

もう一人は、司会進行役も務めた永峰恵さん。

彼女の歌った現代風「会津磐梯山」に聴きいってしまいました。

201210031651_5-360x0.jpg

40もの数ある蔵の中で特に気に入ったのは、いわきの小さな蔵「太平櫻」さん。

東京に出荷されていないという超レアな日本酒、特に非売品の「絆」は最高の出来映えでした。

201210031651_6-360x0.jpg

とにかくどの蔵のどのお酒も美味しくて、ふらふらの千鳥足で帰宅しました。

セルリアンタワーホテルの料理も堪能できて、参加費5000円は超お得な会でした。

これからも福島の酒を応援していきましょう!

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2012年10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一