大きくする 標準 小さくする
次ページ

2009年03月31日(火)更新

週末は「富士そば」の「朝そば」 

グルメ記事とは言えませんが…、土日の早朝ウォーキングの途中で立ち寄るお店がこちらの「富士そば」。

10857jpg

朝10時までだとモーニングサービスでこちらのお得な「朝そば」がいただけます。

0295jpg

温泉玉子にきつねが入って、お値段なんと、300円なり~!

0294jpg

朝帰りのお兄ちゃんに混じっていただく「朝そば」は、お腹にも懐にも優しいおそばです。

2009年03月26日(木)更新

浅草雷門 「地鳥料理 鶏よし」

こちらは、歩き慣れた浅草雷門通り沿いにある「地鳥料理 鶏よし」。
「鶏よし」は、テレビでも有名になった、お好み焼きが食べられる「純喫茶 マウンテン」の隣になります。

10778jpg

何年か前に白レバーが美味しいと聞きつけて訪問したお店の再訪です。

こちらの鶏肉は、福島県の伊達鶏を使用しているとのこと。

10773jpg

なんでもフランス産のにわとりを日本人向けに改良し、約70日ほど開放した鶏舎で平飼いしたそうです。
こだわりの伊達鶏に使う塩は、イタリアシチリア島の岩塩を使用するというこだわりよう。

焼き鳥をいただく前に、まずは「根三つ葉とささ身刺しのお浸し」530円なり~!

10748jpg

新鮮な生のささ身のさっぱちした旨みが食感がたまりません。

こちらは、新メニューという「ささ身の炙り刺し」480円なり~!

10747jpg

サッと炙った大ぶりのささ身には、柚子胡椒が合いますね~。

焼き鳥は、5本コースを注文しました。
まずは、ダメ押しの「ささ身」に絶品の「白レバー」から。

10755jpg

続いては、「もも肉」に「特製団子」。

10756jpg

〆は、グッとくる「手羽先」をいただいて大満足なり~!

10760jpg

ご飯ものが軽く食べたくなったので、私は「親子丼(小)」を注文、630円なり~!

10764jpg

見事な赤みがかった卵黄は茨城産のようで、鶏の胸ともも肉は一度炙ってから煮てあるようです。

相方さんは、「そぼろ丼(小)」を注文しました、530円なり~!

10767jpg

甘みを抑えた鶏そぼろは、まさに大人の丼ぶりらしい味わいでした。

店内の薄型テレビを観ると、なぜか「おくりびと」が上映されていました。

10762jpg

「おくりびと」を観ながら食べる焼き鳥のお味はというと…焼き鳥は美味しいけど妙な気分でした。

2009年03月17日(火)更新

上野 「中国家常菜 胡同101」

いつ通っても客引きの呼び込みをやっていて元気なお店が、こちら「中国家常菜 胡同101」
(ふーとんいちまるいち) 。

10702jpg

ランチタイムは話題の刃削り麺がいただけるようです。

こちらは、今やポピュラーとなった「坦々刃削麺」、820円なり~!

10697jpg

スープは、黒ゴマがたっぷりのようで中は真っ黒でした。

こちらは、さっぱりめの醤油味「トマトと卵の刃削麺」、850円なり~!

10700jpg

”すいとん”みたいな刃削麺は、モソモソしてますが消化によさそうで私的には”グ~”。

次回は辛味牛肉の刃削麺に挑戦してみたいと思います。

2009年03月16日(月)更新

名酒センターの「しぼりたて祭」へ

昨日は、浜松町にある「名酒センター」で開催された「しぼりたて祭」に参加してきました。

10705jpg

参加者は、年齢層が高くて男性ばかりと思いきや、若い男女の参加者が多いのにはビックリです。

10711jpg

せっかくなんで新酒40銘柄を順番に試飲していきましょう。

10707jpg

個性的なお酒もありますが、どれもフレッシュで飲みやすい。

最後の40銘柄まで飲み終えたかったので、ガブ飲みせずにチビチビと有り難くいただきました。

10713jpg

特に発泡のにごり酒は、口当たりがいいので、つい試飲を忘れて飲みすぎてしまいます。

最後に二重丸をつけた「黒牛」の蔵元さんと記念写真なり~!

10716jpg

お土産もシコタマ買ったので、しばらくは家での晩酌が楽しみです。

2009年03月10日(火)更新

浅草雷門「しげ正」で自然酒「田村」を飲む

こんなに体に優しい日本酒があったなんて、知りませんでした。
それがこちら幻の銘酒、「自然酒の古里 田村」。

0041jpg

福島県郡山の田村町で造られている「田村」の米は、100%地田無農薬米・無化学肥料米とのこと。

このふくよかな味わい、冷酒でも燗をつけてもウマイし、日本料理にばっちりな相性。
程良く熟成していて枯れていく素直な味わいは、まさに私のダンディズムにもぴったり!?
呑み飽きしない程良いキレと甘みのバランスの良さもお見事です。

入手困難な幻の銘酒と言われている「自然酒の古里 田村」。
東京では浅草雷門の「しげ正」だけでしか飲めないと言っていました。

つまみは、いつもの定番メニューから。
通称「バクダン」をアレンジした、大和芋たっぷり、その名も「ハッスル納豆」は私の大好物。

0043jpg

マヨラーなんで、きゅうりを桂剥きにした海老Qサラダも外せません。

0044jpg

本来は、寿司屋の「鮮彩酒膳 しげ正」ですが、居酒屋感覚で楽しめる気楽さが私のお気に入りです。

2009年03月09日(月)更新

南麻布 「ペーパームーン」

広尾の天現寺交差点からほど近い老舗のケーキカフェが、こちら「ペーパームーン」。

217jpg

店内もセレブが気にいりそうな落ち着いた雰囲気。

215jpg

こちらのイチオシは言わずと知れた元祖ともいえる「ミルクレープ」。
薄く焼いたクレープに、生クリームとカスタードクリームがブレンドされたクリームが塗られたものを何層にも重ねたものです。
「元祖」という言葉を聞いて、ついつい試してみましたが、735円の価値は???…。

214jpg

それと最近テレビで話題になった「ロールケーキ」もいただいてみました。
こちらも525円という、こちらも価値あるお値段。
お味のほうは…う~ん、普通に美味しいかな。

次回は「ペーパームーン」となり、女性客でいっぱいの「天現寺カフェ」も訪ねてみたいと思います。

2009年03月06日(金)更新

地元町屋の居酒屋 「大内」

春の到来が待ち遠しい今日この頃ですが、まだまだ寒い日が続いています。
こんな時期に決まって食べたくなるのがお鍋料理。
かき鍋、ふぐちり鍋、たらちり鍋、きりたんぽ鍋、などなど…。
そうそう、忘れてならないのが、こちら地元町屋の居酒屋「大内」でいただく「ブリ鍋」。

10662jpg

脂ののった薄切りのブリをこのようにしゃぶしゃぶしていただきます。

10668jpg

細かく切った長ネギにはゆずが入っていて香りも豊か。
薄味のだし汁と相まって、ポン酢などつけずにそのままいたけます。

「大内」でもうひとつ忘れてならないのがこちらの山菜の数々。

10660jpg

和えものでも天ぷらでも、どれも美味しくいただけます。

10652jpg



お刺身だってどれも新鮮、特に白身魚は種類が豊富で魚好きにはうれしいかぎり。

10656jpg

そうそう日本酒だって、どれにしようか迷ってしまうくらい種類が多いんです。

10636jpg

店長オススメの3銘柄を注文。

10647jpg

これまたダイナミックなお姉さんが、ダイナミックに注いでくれますよ!

10649jpg

なんと、コップ1杯どころかマス一杯並々とついでもらって、550円なり~!

さすが庶民の街、町屋ならではの居酒屋「大内」でした。

2009年03月05日(木)更新

上野 「そばきり 沙羅の花」

上野というより御徒町寄り、線路をはさんでアメ横の反対側の路地に、以前から気になっていたお店。
それがこちらの「そばきり 沙羅の花」です。

10686jpg

ゴチャゴチャしたこの界隈には似合わない落ち着いた感じのお店です。

10687jpg

小さな店内に入ると、まず靴を脱いでスリッパに履き替えます。
明るく出迎えてくれたのは、細面の素敵な奥様と無表情で無愛想な感じのご主人。
なんだか知らないお宅を訪問したような感じで緊張します。

まずは、お通しの卵焼きとそば味噌で「神亀 生酒」をいただきました。
他に日本酒は、「酔鯨 純米吟醸」がいただけるようです。

10690jpg

飲み終わったのを見計らってご主人が蕎麦を茹で始めました。
こちらが、1,000円なり~のせいろ蕎麦。

10692jpg

なぜか、ざるでなく漆を塗った杉板にのって出てきました。
蕎麦の茹で時間は45秒と早めなんで、あっという間に茹であがります。

蕎麦は細打ちで硬めな感じですが、のど越しがいいです。
蕎麦つゆは、やさしい鰹節の香りがたち、濃い目ですがちょっと甘口といった感じ。

帰り際には、ご主人が愛想よく見送ってくれました。
また訪問してみたくなる、不思議な印象を受けたサプライズなお蕎麦屋さんです。

2009年03月04日(水)更新

浅草 「お好み焼き お・くら」

いつもスペシャルなお好み焼きを食べさせてくれるのが、こちらの「お・くら」。

10625jpg

浅草国際通り沿いの「みよし」の角を曲がると、そこはディープな浅草露地裏通り。

お店の外観はダイニング・バーのような雰囲気から一変、大阪のお好み焼き屋さんらしい感じに。
店内も明るくなりましたが、シックな雰囲気も残ってます。

10620jpg

いつも突き出しでいただくのが、こちら「モッラレラチーズの味噌漬け」と「空豆のチーズ和え」。

10616jpg

これに、「もやしのポン酢和え」がおつまみの定番。

焼き物は、濃い口のおつまみ、「豚のとんぺい焼き」から。

10618jpg

ビール党ではありませんが、とんぺい焼きを食べると無性にビールが飲みたくなります。

今夜は、スペシャルに「ミックスお好み焼き」を注文。

10623jpg

最後は、絶品の「豚キムチ焼きそば」で〆させていただきました。

10622jpg

ご主人のお話では、J.Cオカザワ氏の食べ歩きの会が前日と前々日にあったそうで、
かなりお疲れのようでした。

隠れ家的なお好み焼き屋「お・くら」でしたが、巷でも有名になったようですね。

2009年03月03日(火)更新

浅草観音裏 「京料理 江森」

引き続き「京料理 江森」のコース料理を紹介します。
このコースのメインは、どうやらこちらの「シジミ鍋」のようですね。

10568jpg

たっぷりのシジミでだし汁をとった醤油ベースのつゆに、まず椎茸と九条葱をいただきます。

10570jpg

こちらは、くみあげ湯葉と丹波の黒豆湯葉。

10573jpg

続いて、牛肉のしゃぶしゃぶをいただいてっと。

10575jpg

最後は、蕎麦で仕上げるようです。

10579jpg

残り汁が余りにももったいなかったので、止めに雑炊までいただいちゃいました。

10581jpg

デザートは、その場で作る出来立てのわらび餅。

10582jpg

これが旨いのなんのって!

最後のお抹茶をいただいて、久々にお腹はポンポコリンになりました。

10586jpg

いやいや、近所にこんなに美味しくて素晴らしいお店があったなんて!

「京料理 江森」は、”旨い、安い、感じいい”の3拍子揃った、まさに”いい店”です。

こちらのコースは、1万円なり~!かなり元をとった感じです。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2009年3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一