大きくする 標準 小さくする

2009年10月22日(木)更新

Yushima121

春日通りから一本路地裏を入ったところにある湯島の隠れ家的なお店が、
こちら「Yushima121」。

50022

若き店主「黒木純」が包丁を握る、知る人ぞ知る日本料理の名店です。

50021

見るからに古くて渋~い佇まいの家屋に、しばし見とれてしまいます。

いつものカウンター席に着き、まずは「八海山泉ビール」でカンパ~イ!

50024

さて、この日の「本日のお献立」は、先付の定番となった「鱧の叩き」から。

50028

脂がのった落ち鱧は、梅肉と相まって美味しくいただけました。

もうひとつ先付の定番「焼き胡麻豆腐」。

50034

燗酒は、「菊勇 超辛」。

八寸は、ぎゅっと秋を詰め込んだような見事な「吹き寄せ盛り」。

50037

お椀も、豪華な「松茸、落ち鱧、百合根の土瓶蒸し」。

50041

焼き物変わりとして「牡蠣フライ」。

50045

煮物は、「京茄子と鴨の煮おろし」。

50047

ここでお造りが登場。

50051

大間の鮪、松輪の〆鯖、、北海道の雲丹、そして豊後水道のお魚たちと豪華絢爛。

特別なお酒「手取川 大吟醸生」を冷酒でいただきました。

50050

コースが終わりに近づくと出てくるのが、「和風タンシチュー」。

50059


〆は、丹波の栗ご飯、鱧出汁の味噌汁、そして丹波の京漬物。

50062

デザートは、目の前で造ってもらった「葛切り」を黒みつでいただいて、
大満足なり~!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月16日(金)更新

浅草 「並木藪蕎麦」

辛くて濃いつゆで知られているのが、浅草雷門の門前にある老舗のそば屋、
「並木藪蕎麦」。

50015

店の前に打ち水が引かれた古い造りの家屋の前に来ると、さすが!老舗の風格を感じます。

店内は、まだ11時過ぎとあって空いていて、相席にならず良かった。

50001

まずは、菊正宗?の樽酒をぬる燗で一杯いただいて、ホッとひと息。

50003

相方さんは呑まないのに、ちょことお通しの蕎麦味噌が二つ付いてきましたよ。

お酒のつまみで注文したのは、こちらの「天ぬき」。

50006

簡単に説明すると、天ぷらそばの”そば抜き”になります。

もちろん仕上げに、定番の「もりそば」をいただいて大満足なり~!

50013

相変わらず辛くて濃いつゆも健在でした。

こちらは、相方さんが注文した「天せいろそば」。

50010

サクッと揚がった小海老のかき揚げが4つも付いて、うれしいかぎり。
温かい天つゆの濃さもちょうど良く、蕎麦につけて食べても美味しくいただけたみたい。

初めて連れてくる人には、「天せいろそば」1700円はオススメかもよ。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月14日(水)更新

足利 「ココファームワイナリー」のランチ

連休に訪れたのは、栃木県足利市のはずれにある「ココファームワイナリー」。

山の斜面を利用したぶどう畑を目の前にしてのランチは最高に気分がいい~。

40335

クルマなのでワインが飲めないから、ぶどうジュースとマスカットジュースでカンパ~イ!

40342

登場したのは、定番の「デッキランチ」。

40338

手作りソーセージをメインに季節のサラダや焼きたてパンを盛り込んだワンプレートランチ。

こちらも定番の「スパイシーカレーランチ」。

40333

地元野菜を使った薬膳風の健康的なカレーランチ。

どちらもお値段は、1000円なり~!

帰りにショップで自慢のワインを購入して大満足のドライブでした。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月08日(木)更新

町屋「生パスタ工房 はちや」

十割蕎麦の店「食彩 さらり」の手前にあるのが「生パスタ工房 はちや」。
町屋界隈で美味しいパスタが食べられる貴重なお店です。

「はちや」のウリは、なんといっても食感が最高なこだわりの生パスタ。

1000011

昼時は、3つの本日ランチから選ぶことができます。

こちらが、ほうれん草とツナのトマトソース。

1000005

見た目よりさっぱりした味付けなので、年配者でも美味しくいただけます。

こちらは、和風明太子とブロッコリー。

1000009

どちらも、サラダが付いて800円なり~!ちゃり~ん!

ほとんどが女性客なので勇気が必要ですが。地元でパスタが食べたくなったら、迷わず「はちや」へGO!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月07日(水)更新

ランチの定番 町屋「さらり」の蕎麦

最近ランチの行きつけになっているのが、こちら十割蕎麦の店「食彩 さらり」。

40987

昼12時前なので、静かにゆっくりと蕎麦がいただけます。

40910

ランチ定番にハマってしまったのは、壁紙にある2品。

40998

こちら「もりそば」は、茨城県産の「常陸秋そば」の十割(生粉打ち)を使っているそうです。

40995

「常陸秋そば」は、玄蕎麦の最高峰とも言われているだけあって、蕎麦本来の味と香りが楽しめます。

こちらの「肉ごま つけ汁」の蕎麦は、「北海道秩父別産」のそば粉を二八で出しているそうです。

40911

アツアツのつけ汁が蕎麦にからんで、クセになる美味しさです。

40916

ご主人と女将さんの誠実な仕事ぶりも心地よい「食彩 さらり」でした。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月06日(火)更新

浅草 「おざわ」で蕎麦三昧

日曜日のスポーツ観戦の合間に両親を連れて寄ったのは、こちら浅草の「おざわ」。

40974

行きつけの蕎麦屋の中で、私の”ピカイチ”のお蕎麦やさんです。

お品書きの中から注文したのは、こちらの3種のお蕎麦。

40986

こちらが、いつも食べている細切りの「ざる」。

40984

こちらが、十割蕎麦の「生粉打ちざる」。

40977

そして、きしめんのような「太打ちざる」。

40978

どの蕎麦も絶妙のつけ汁と相まって、甲乙つけがたい美味しさ!

ただし、昼の営業は土曜日と日曜日だけの二日だけになりました。

聴くところによると、素敵な女将さんは産休中とのこと。
母子ともにご無事のご出産お祈りしております。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月06日(火)更新

スポーツの秋~観戦の梯子

10月3日の日曜日は、娘の行事の梯子でスポーツ観戦を楽しみました。

まずは、大学4年になる長女のラクロスのリーグ最終戦を観るため大井競技場へ。

40950

初めて観る競技なので、ルールやボールがどこにあるのか戸惑いながらの観戦でしたが…、
女子大ということもあって華やかな観戦となりました。

40966

ラクロスの試合を観終わってから、ようやくアイスホッケーの陸上盤なんだと理解できました。

続いてむかったのは、前日の雨で順延になった小6の三女が通う地元の小学校の運動会へ。

000918

三女は、栄えあるリレーのアンカー、赤いタスキをかけて、かっこいい~!

父親譲りなのか?子供たちも逃げ足が速いようです??



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2009年10月01日(木)更新

東上野 「門前そば 筑波」

東上野をチャリンコで流していて見つけた蕎麦屋が、こちらの「門前そば 筑波」。

1040900

筑波山神社の門前といういわれなのか、なかなか立派なお蕎麦やさんです。

ところが4人掛けの席についてメニューを見て、その安い値段にビックリ!

1040902

さっそく350円の「もりそば」をいただいてみましょう。

出てきた「もりそば」は並盛とは思えない量の多さ。

1040903

一口食べてみると、蕎麦自体の香りは少ないものの、のど越しのいい美味しいお蕎麦にまたビックリ!

もう一品は、他の蕎麦屋では高級な一品、「鴨南そば」を注文。

こちらも驚きの650円という値段。
もしかして鴨肉でなく鳥肉かと思いきや、まぎれもなく鴨肉がのって登場です。

1040908

この「鴨南そば」、有名店のお高い「鴨南そば」に引けをとらない美味しさ。

店内を見てみると、男性ひとり客が多いのようです。

特に、路上の駐車禁止が厳しいのにもかかわらず、クルマで道路横に乗り付けるお客もいるいたいで…。
店に入るなり、「おばちゃん、クルマ見張っておいてね。」と言って席についていました。
なんとも下町らしい光景ですね。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 株式会社  エ ビ ス ヤ
    山 岸  健 一
〒116-0002 東京都荒川区荒川4-23-17
TEL 03-3803-3811 FAX 03-3802-2666
E-mail yamagishi@tincan-gallery.co.jp
URL http://www.tincan-gallery.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2009年10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一