大きくする 標準 小さくする
次ページ

2008年06月30日(月)更新

上野 「上野藪そば」で一献

昼間っから蕎麦屋で日本酒を軽く一杯やるなんて、下町らしい光景ですよね~。
こちら「上野藪そば」では、真昼間からそんな光景をよく目にします。

061858

皆さんがよく飲んでいるのが、燗酒でなく「菊正みぞれ酒」、630円なり~!

061847

こちらの「クラッシュ日本酒」、暑い時期に飲むならわかるのですが、寒い時期でも目にするので
年間通じて飲まれているようです。
日本酒の味わいは別にして、飲みやすいのでスイスイいっちゃいます。

今回、焼き海苔といっしょに注文したのは、こちらの「鴨焼き」。

061849

隣の女性客の目線をよそに、まさに「優雅な大人の休日」って感じ。
昼間から顔を真っ赤にしてゴキゲンなり~!

最後は、「天せいろう」で仕上げて、一丁あがり~!

061852

食べながら蕎麦打ちが見られるのも楽しいですよ。

061855

やっぱり「上野藪そば」の蕎麦はもちろん、辛口で濃い目のつゆも最高!

※今回は携帯カメラでの取材で失礼いたしました。

2008年06月27日(金)更新

「香辣屋」(こうらや)の冷し麺

会社の近くで本格的な四川料理が食べられるのが、こちらの「香辣屋」(こうらや)。

0626008

蒸し暑くて食欲のない時は、辛~い「四川風坦々麺」がオススメ。

0626003

胡麻ダレの奥深~い味わいのあるスープに、たっぷりの揚げた香辣をのせていただけば、
680円という値段も相まって、ハマル旨さに思わずニンマリなり~!

温かい麺類よりは冷し麺という方には、こちらの「中華風冷し麺」はいかがでしょうか。

0626005

もやし、きゅうり、人参の上には、蒸し鶏のバンバンジーがのっていて、780円なり~!
こちらも、グッグ~!

こちらは、汁なし冷し坦々麺といった感じの「四川風冷し麺」。

0608012

麺にからんだ辛~いソースは、パスタを食べているような食感で、クセになりますね~。
いずれも極細麺を使用しているのも面食いな私好みで、これまた、グ・グ・グ~!

2008年06月26日(木)更新

千駄木 「つけめん TETSU」

最近千駄木本店以外に品川にも支店を出して、すっかり有名になった行列の絶えないつけめん屋が、
こちらの「TETSU」。

0625033

以前から不忍通りを通るたびに長~い行列ができていて気にはなっていました。
まさか私が並んで食べるとは思ってもみなかったのですが、チャリンコで通った折に
最後尾に並んでいた知人をたまたま発見。
せっかくの機会なので、いっしょに食べてみることと相成りました。

外で並んで待つこと10分、店内で待つこと5分ほど、目の前に登場したのが、こちら、
「特製つけめん」、1,000円なり~!

0625023

とろっとした動物系のようで濃~いスープは、なぜか鰹節の香りが際立っています。
スープの中には味つけ玉子にチャーシーがゴロゴロは入っています。

0625025

麺はちょっと角ばった感じの極太麺でモチモチした食感、ボリュームがあります。
スープが麺にからむ感じもいいので、クセになるのもうなづけます。

0625024

食べ終わっ後、「焼け石ください」と言うと、妙な形をした黒石がレンゲに乗って登場。
この熱々の「焼け石」を残ったスープに入れてスープ割りしていただきます。

0625030

まさに「焼け石に水」ならぬ「焼け石にスープ」というパフォーマンスで最後まで美味しくいただけました。

肝心のつけめんの味もグ~!店内もきれいでグ~!接客の感じがいいのもグ~!
最後は「焼け石」のサプライズと、このあたりが支持される所以なんでしょうね。

2008年06月25日(水)更新

上野 「竃屋」で一献

旨い酒が飲みたくなると、つい足が向いてしまうのが上野丸井横のビルの6階にある飲み屋
「竃屋」(かまどや)。

今宵、いつものカウンター席でいただいた店長のオススメはこちらの3銘柄の銘酒。

0625004

まずは、「明鏡止水 純米大吟醸」を一口いただくと‥‥五臓六腑に染み渡るバカうま!
次に「黒龍 大吟醸 龍」そして「麓井 純米吟醸 ヤマチョウ」と銘酒を堪能させていただきました。
どれも保存状態が良く、バランスにいい酒ばかりでゴキゲンなり~。
お値段のほうも1合、1,000円ちょいとお値打ち価格に大満足なり~。

0625010

お刺身の盛り込みも、いさき、平目、白いか、本まぐろと役者が勢ぞろい。
やっぱり美味しい魚と旨い酒は、「竃屋」で決まり!

帰り際、私のブログを読んでくださっているスタッフのお兄ちゃんと、なぜかツーショットなり~!

0625015

次回は、日本酒好きの「あなた」とご一緒したいですね!?

2008年06月24日(火)更新

鶯谷 「博多三社塾」

家から一番近いラーメン屋なのになかなか行く機会がないのが、こちら「博多三社塾」。

0623007

元々とんこつ系のラーメンがあまり好きでないので足が向かないのかもしれません。
前回とんこつ醤油味の「雷らーめん」を食べたので、今回はとんこつ塩味の「風らーめん」を注文しました。
ランチタイムだったので、明太子ごはん付きで、800円なり~!自販機にちゃり~ん!

0623003

この店の特徴は、麺の固さを選べること、付け合せの味付けもやし、紅しょうが、にんにく、胡麻などが自由に入れられることかな。

0623004

とんこつ塩のお味のほうは、とんこつが苦手な私でも匂わないで食べやすかったです。

0623005

細麺の固さは、普通よりカタ茹がオススメですね。
あっという間に麺が茹で上がるので、時間のない時は重宝しそうです。

2008年06月23日(月)更新

北千住 「まさき」のじゅんさい鍋

私のお気に入り秋田料理のお店、北千住「まさき」、久々の訪問です。

0619022

商店街のビルの2階という立地のせい・--かお客さんは常連さんらしき方ばかりですが、
この日は空いていました。

0619006

いただいたお酒は、秋田の隠れた銘酒、「白瀑」(しらたき)の特別純米酒。

0619016

五臓六腑に染み渡ります。

こちらは、秋田のもずく「くろも酢」に秋田の海藻「ぎばさ」、歯ごたえがしっかりしてて
美味しい~!

0619007

こちらは、比内鳥のつくね焼き。

0619015

こちらは、秋田産の「姫竹の天ぷら」。

0619013

新鮮な姫竹の天ぷらは塩をつけていただくと香りと食感がたまりません。

最後にいただいたのが、この時期だけの鍋、「じゅんさい鍋」。

0619020

きりたんぽ鍋のきりたんぽ無しみたいなお鍋なんで、比内鳥ダシがしっかり出ていて美味しい~!

2008年06月20日(金)更新

日暮里 「ごっつあん」

高層ビルが建って様変わりした日暮里駅前から西日暮里駅へ向かう途中で見つけたのが、
こちら「ごっつあん」という小さな居酒屋。

0618086

店内はたった8席だけの小ぢんまりした居酒屋さんです。

「ごっつあん」の自慢は、こちらの「塩もつ鍋」。

0618081

和牛のもつを使った塩ちゃんこは、身も心も温まります。

もう一品ということで、こちらは豚バラと豆腐の辛味煮込みをオーダー。

0618079

生きゅうりの千切りがアクセントになって良く合います。

ひとりで気楽に入れるのもいいですね~。
ボリュームたっぷり!コラーゲンたっぷり!の「塩もつ鍋」は、1,500円なり~!ちゃり~ん!

2008年06月19日(木)更新

三ノ輪 「むぎわらい」のカレー

最近イチオシのオススメランチは、三ノ輪にある天然酵母のパン屋さん「むぎわらい」のランチ。

0605005

いつもは、こちら「ハムとチーズと玉子のトーストサンド」が私のお気に入り。

0618001

ボールカップでいただき野菜たっぷりのスープも身体にやさしい~感じ。

この日は、久々に「ひよこ豆のカレーセット」をいただいてみました。

0618067

ボールカップにいっぱいのカレーは脂っこくなくてマイルド。
お腹にもやさしいカレーを天然酵母のパン3種と発芽米でいただきます。

食後のコーヒーは、オーナーのご主人が自家焙煎した絶品コーヒー、200円なり~をぜひどうぞ!

2008年06月18日(水)更新

旭山動物園へGO!~3日目

北海道旅行最終日は、皆さんお楽しみにしていた「旭山動物園」に行ってきました。
私たちが訪れたこの日も大型観光バスが数珠つなぎ状態、大勢の観光客が押し寄せていました。

0614116

規模もさほど大きくない不便な場所にある動物園なのに、どうして日本中から観光客が集まるのか?
うちの近所の上野動物園といったい何がどう違うというのか?
不思議???な疑問を持ちつつの訪問です。

入口の掲示板には、「もぐもぐタイム」という餌付けの時間表があります。
どうやらこの時間を狙って行けば動物たちが餌を捕って食べるところが見れるようです。

0614115

動物園は街中から外れた山の斜面にある広々とした公園のような感じ。

0614117

最初に見たチンパンジーは透明のトンネル越しに間近でみることができます。

0614122

ちょうど「もぐもぐタイム」だったので、チンパンジーが透明のトンネル周りに集まってきていました。

0614124

クマもガラス越しに目の前で観ることができます。

0614132

確かに迫力がありますね~。

ペンギンも同様に透明のトンネルの中から泳ぐ姿を観ることができます。

0614145

八景島のシーパラダイスみたいでリアルな動きが観てとれます。

特にこちらのアザラシは、透明の水中トンネルの上下を行ったり来たりするたび歓声があがります。

0614149

来場者は、親子連れと思いきや、実態は観光ツアーで訪れた中高年客がほとんどとのこと。
見せ方を工夫して大人も楽しめる「旭山動物園」は、「行動展示」という独自の知恵がいっぱい。

私たちの商売もちょっとした工夫や見せ方で、まだまだやりようがあると実感しました。

2008年06月17日(火)更新

北海道でっかいどうへ社員旅行~2日目

社員旅行二日目、まずは函館朝市へ。

0614076

皆さんがお買い物の中、私は試食タイムなり~!

0614046

新鮮なイカ刺し、むかわ産の本物のししゃも、ばふんうに焼きなど試食三昧。

0614047

函館を後に次なる大沼公園で全員そろって、「ハイ!チーズ」。

0614081

昼は長万部で、毛ガニ一匹付きの2,000円ランチなり~!

0614091

次なる目的地、小樽では「ルタオ」にてしばしのケーキタイム。

0614108

お泊りは、「キロロリゾート」というスンバらしい宿泊施設。
北海道産の食材がいっぱいのバイキング夕食に皆さんも大満足なり~!

最終日は、一路旭川にある旭山動物園を見学して、美瑛の丘、富良野のラベンダーをを観て、
新千歳空港までの送っていただき、エビスヤ社員旅行は無事終了しました。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2008年6月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一