大きくする 標準 小さくする
次ページ

2008年12月31日(水)更新

上野「池の端藪蕎麦」で年越しそば

藪蕎麦御三家の1軒、上野池の端にある「池の端藪蕎麦」で年越しそばをいただきました。

10270jpg

小さめな店内は年末とあって大賑わい。

10272jpg

「池の端藪蕎麦」の特徴は、そばの水切れの良いようにと、裏返した竹の盆ざるに盛られてでてくること。

10277jpg

天ざるそばの天ぷらは、このようなフワッとした衣の芝海老のかき揚げ。
天つゆに浸していただくと簡単に衣がほぐれてしまいます。

こちらは旬の温かい「かきそば」。

10275jpg

確か「上野の藪」は、2000円以上していたので、牡蠣が5個入って1500円はお値打ちかも。

なんだか食べ足りない感じなので、最後に「ざるそば」を注文。

10283jpg

この店では「もりそば」を「ざるそば」と呼び、「ざるそば」を「のりかけそば」と呼んでいます。
海苔のかかってない「ざるそば」は、600円なり~!
フワッとした海老のかき揚げのついた「天ざる」は、1500円なり~!ちゃり~ん!

最後に、今年も1年間、私のブログをのぞいてくださり本当にありがとうございました。
よく行くお店で知らぬ方から声をかけていただいたりと、ネットの輪が広がりうれしく思ってます。

来年も皆様にとってより良い年になりますように!

2008年12月31日(水)更新

町屋 「Jan Jan」

町屋で美味しそうな焼き鳥屋を発見!
こちらが、「やきとり・おでん居酒屋 喰い処Bar JanJan」。

10250jpg

店内も、町屋にしては居酒屋バーらしいなかなかの雰囲気。

0248jpg

感じのいいご主人は男前のせいか女性のグループ客も目立ちます。

新鮮な大山地鶏の炭火焼き鳥は上品、だから全ての焼き鳥は塩でいただきます。

10239jpg

私の大好物は、こちらの手羽焼き。

10244jpg

うずら、アスパラ、プチトマトのベーコン巻もオススメ!

10243jpg

私たちのお気に入りは、こちら新潟栃尾の厚~い油揚げ。

10238jpg

ネギをたっぷりかけていただきたいところですが、相方さんが大のネギ嫌いなんで、ネギは別添で。

日本酒は菊正宗ですが、熱燗でいけば心も体もポッカポカです。
心地よい師走だなぁ~。

2008年12月30日(火)更新

町屋 「もつ焼き 小林」

会社の近くにありながら行けなかったディープなもつ焼き屋「小林」。
仕事納めの日、ついに暖簾をくぐりました。

10251jpg

店内は鍋を囲むようなカウンターだけの小ざっぱりとしたお店。

10267jpg

常連さんは、鍋から勝手に串煮込みを選んで食べていいようですね。
あら!よく見たら中学校の同級生でしたぁ。

10259jpg

先代が亡くなってから若夫婦が店を切り盛りしているようです。
立石「宇ち多」ような緊張感もなく気楽な雰囲気でくつろげます。

こちらがお目当ての「串煮込み5本セット」、400円なり~!

10258jpg

思ったより食べやすくて美味しい~。
酎ハイ、ウイスキーハイボールとどちらでもイケます。

煮汁のしみ込んだ煮玉子は、1個90円なり~!

10266jpg

仕上げは、煮込みの汁をスープにした「つけ麺」、580円なり~!ちゃり~ん!

10263jpg

飲み終わったの仕上げにいいですね~。

地元町屋だって探せばいい店がありそうです。

2008年12月26日(金)更新

鶯谷「マルス」のクリスマスディナー

ジム仲間のCさん行きつけのレストラン、鶯谷「マルス」でクリスマスディナーをいただきました。

10202jpg

「マルス」は、鶯谷で30年近く続いている老舗レストランだそうで、店内も昭和レトロな雰囲気です。

まずは、お店のママさんお勧めの「バレリーナ」というイタリアの赤いスパークリングワインで乾杯~!

10211jpg

白よりも葡萄の果実味があって奥深い味わい。
ルビー色のスパークリングは、クリスマスにぴったりっていう感じ。

最初の前菜は、大きな平貝の殻に平貝、なぜかあん肝、かにととびっこの盛り合わせ。

10209jpg

続いての前菜は、焼いた牡蠣、カンパチのマリネ、ミートパイの3点盛り合わせ。

10215jpg

こちらは、お店のママさんとっておきの最後の1本のボジョレー・ヌ~ヴォ~。

10216jpg

スープは、名前を忘れましたが、コクがあって美味しかった~!

10219jpg

ワインの続きは、甲州のマルスワインなど国産ワインを堪能しました。

10221jpg

ここで大きな伊勢海老ちゃん2匹の登場です。

10213jpg

調理して出てきた伊勢海老は、予想通りテルミドールに変身して出てきました。

10225jpg

こちらの見事な牛肉は、山形産の霜降りのようです。

10223jpg

大きなお肉でしたが、焼いたら小さくなった感じです。

10228jpg

霜降りの脂が強かったので、胃にこたえた~。

お腹いっぱいになったところで、さらに大きなクリスマスケーキが登場!

10207jpg

最後は、デザートにコーヒーをいただいて、みごと完食!

10229jpg

下町らしい洋食のフルコースを堪能させていただきました。

2008年12月25日(木)更新

新宿「ほり川」で鉄板焼き

某コンサルの先生は高齢なのにステーキが大好物ということで、新宿ホテルサザンタワー19階の
「ほり川」へ。

0989jpg

ここは和食処だけとと思いきや、案内されたのはこちらの鉄板焼きコーナー。

0996jpg

ランチタイムだというのに不景気のせいか空いていました。
いただいたのは3,675円なり~!のバラエティランチ。

10035jpg

まずは、九条葱のポタージュから。

10002jpg

葱の苦味が消えていて飲みやすくて美味しいです。

鰆のソテーはバターとレモンのソースで。

10005jpg

この後、きんぴら牛蒡風のサラダをいただいて、いよいよお肉の登場です。

0998jpg

目の前で手際よく調理してくれる料理人の手さばきは見事です。

10014jpg

こちらが国産和牛もも肉のステーキ。

10012jpg

高価な霜降りより赤身のほうが好きなんで食べやすかったです。

〆にいただいたのは、こちらお焦げがたっぷりのガーリックライス。

10031jpg

口臭も気になりましたが、やっぱり食べてよかった。
濃いめの赤だし味噌汁で仕上げて大満足なり~!

最後にデザートのコンポートにコーヒーまで付いていい気分。
おのぼりさんになってご機嫌なランチミーティング~でした。

2008年12月24日(水)更新

三河島「かち栗」の蕎麦

常磐線日暮里のとなりにある小さな田舎駅がような三河島駅。
その人通りのない線路沿いにできた小さな蕎麦屋が、こちら「かち栗」です。

0117jpg

カウンター数席だけという小さなお店ですが、調理場から2名の若いスタッフが元気に迎えてくれます。

0113jpg

こちらでいただく本格的な「かけそば」は、350円なり~!

0110jpg

確かに蕎麦もつゆも立ち食い蕎麦以上の本格的なお味。

アラカルトで注文した揚げたての「穴子の天ぷら」は、150円なり~!
「玉ねぎのたっぷり入った「かき揚げ」のほうは、120円なり~!

0108jpg

このレベルで、このお値段は、お値打ちです。
なによりも元気に頑張っている若いスタッフを応援したくなりました。

「ガンバレ~!」

2008年12月19日(金)更新

日暮里「きせん鮨」で握りを堪能

ジムの筋トレ仲間のお店が日暮里のお寿司屋さんということで、「きせん鮨」さんを訪問しました。

10060jpg

お店の前まで来ると、この界隈にしては高級店の雰囲気、ちょっと敷居が高い感じです。

カウンター席に着くと、親子の板さんが手際よく、息の合った仕事をしています。

10062jpg

まずは大好物のヒカリものの青魚から握ってもらいました。

10063jpg

10065jpg

10067jpg

さすが息子さんの握りは、銀座の名店で修業したというだけだけあって、上品で味わい深いです。

私の好物は、海老に穴子。

10070jpg

10072jpg

この日のイチオシ、めじ鮪の握りはまったりとした脂身と甘味がマッチして最高でした。

10084jpg

相方さんは、これだけではぜんぜん足らなかったようで、大きな太巻きでお腹を満たしていたようです。

10089jpg

久々のカウンターでの握り三昧、たまにはお酒も飲まずにいただくのもいいもんですね。

2008年12月17日(水)更新

浅草 「あづま」の「純レバ」

浅草でお手軽に美味しい中華を食べたい時にオススメのお店が、こちら浅草すし屋通り沿いにある渋~い中華屋、「あづま」。

10040jpg

以前は、よく飲んだ後の仕上げに、お姉ちゃんを誘って寄っていたお店だったような…?
かれこれ20年くらい前の話になるから時効でしょうか?
あの頃の元気だった私を思い出させてくれる懐かしいお店のひとつです。

さっそく注文した名物「純レバ」、値段変わらずネギがたっぷりかかって、1000円なり~!

10043jpg

あの甘辛~くて濃~い味は今もかわってませんねぇ。
これにハマるとビールがグイグイとすすみます。

もう一品は、オーソドックスな「肉野菜炒め」、650円なり~!

10045jpg

このシャッキとした”正統派肉野菜炒め”がこれまた美味しいんですよ!

「チャーハン」だってご飯がパラパラ、チャシュー、玉子、ネギだけの”正しいチャーハン”です。

10049jpg

もうひとつのオススメは、こちら「DXラーメン」、800円なり~!

10051jpg

一見なんてことない素のラーメンのようですが、中には細かく切り刻まれたチャーシューがいっぱい!
これをつまみに一杯やってもよし!
麺は私好みの中華細麺、スープも昔ながらのあっさり醤油味。

スープが物足りない時は、「純レバ」のタレを入れたり、それでも足りない時は、「純レバ」のタレに麺をこのように絡ませていただいたりと、いろいろアレンジして食べてます。

10055jpg

こちら「あづま」は、夕方~深夜のみの営業なのであしからず!

2008年12月16日(火)更新

日比谷公園で紅葉観おさめ

「ふくはら酒店」主催の「日本酒を楽しむ会」に参加するまで、しばし日比谷公園を散策。

日向ぼっこしている猫を発見、気持ちよさそう。

0936jpg

公園に入ると、道路の向こう側の人混みがウソのように閑散としています。

0934jpg

紅葉も最後の見頃なんでしょうね。

0935jpg

奥には、日本庭園もありました。

0938jpg

松本楼前の銀杏の木は、葉が散ってしまい、まるでじゅうたんのよう。

0939jpg

さて、映画でも観てから「日本酒を楽しむ会」の会場に向かいましょう。

2008年12月10日(水)更新

浅草「タントラ」のテイクアウトカレー

最近うちの家族に大人気なのが、こちら浅草ガード下にあるインド料理の店「タントラ」のカレー。

0677jpg

店内の狭い厨房では、二人のネパール人の料理人シェフが頑張ってます。

0674jpg

テイクアウトの定番は、チキン、バターチキン、キーマ、それにほうれん草チキンのカレー。

0676jpg

セットで付けるのは、もちろん大きなナン。

0673jpg

このセットで、1人前500円なり~!は、超お値打ち。
お父さんの懐にも優しいカレー&ナンです。
我が家では、すっかり週1メニューの定番になっちゃいました。

私の秘かな楽しみは、出来上がるまでの時間でいただくインドやネパールのビール。

0671jpg

一通り飲んでみて気にいったのは、「エベレスト」と「ネパールアイス」というネパールビール。
インドビールより飲みやすいし、クリアな感じ、日本人好みの味ですよ。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2008年12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一