大きくする 標準 小さくする
次ページ

2007年03月31日(土)更新

隅田川べりの夜桜とうつのみや餃子

昨夜は、昼間のポカポカ陽気から一転、北風が吹く中を、夜桜見物にと、隅田川べりへ向かいました。

032921

夜桜見物には、ちょっと肌寒い陽気でしたが、すでに桜は満開!みごとです!

032925

提灯以外にライトアップがあると、もっとキレイに観えるんでしょうけど、
こちらの屋形船のライトアップで我慢しますか!
しかし、派手なイルミネーションですねぇ~。

032926

お腹もすいてきたんで、出店で何か買おうかと思いましたが、寒かったので”パス”。

032929

こちらは、フラッシュ撮影にして撮ってみましたが、川のほうが真っ暗になってしまいました。

032930

早々に引き上げて、吾妻橋を渡って浅草でなにか美味しいものでも食べようと思ったら、
小さなお店を発見!
なになに、「ぎょうざカフェ うつのみや亭」と書いてあります。

032941

寒かったこともあって、お店に入って名物?の「うつのみや餃子」を注文してみました。

032939

外観は同じですが、手前が、「しそ餃子」、500円なり~!奥が、「ふつうの餃子」、450円なり~!
セットでオーダーすると、900円なり~!ちゃり~ん!
身がギッシリ詰まっていて、食べ応えのある、美味しい餃子でしたよ!
飲み物は、アサヒビールのお膝元なんで、「アサヒの生」で、お疲れ様でしたぁ!

帰り道、吾妻橋から浅草方面と渡る途中で撮った写真です。

032943

なんとも切なくなるような、郷愁を感じる風景じゃありませんか?
風邪をひいてはいけないと、早々に橋を渡って帰宅の途につきました。

2007年03月30日(金)更新

「梅むら 豆かん」と「徳太楼 きんつば」

昨日も春らしいポカポカ陽気に誘われて、隅田川べりの桜を観に行ってきました。

こちらは、桜橋からの観た隅田川べりの風景。
私は、ここから観る水辺の風景が大好きです。

03290011

肝心の桜の開花ですが、すでに8分咲きっていう感じでしょうか。
この様子だと、今週末は、一気に満開になりそうですね。

03290013

日テレの取材で「お天気おじさん」も来ていて、おばさま方に囲まれていましたよ。

お花見の帰り、小腹がすいたので、「甘味 梅むら」で、大好きな「豆かん」を食べて、
お土産も買って帰りました。

03290008

このツヤツヤした豆かん、美味しそうでしょ!
目の前で作った出来立てをいただきました。

03290006

ついでに、近所の「徳太楼」にも寄って、名物の「きんつば」もお土産に購入。

03290005

この浅草観音裏界わいは、雷門側の雑踏がうそのように静かで、風情があって、
お気に入りのスポットです。

03290004


今日は、母が退院します。
帰ってきたら、大好きな「豆かん」と「きんつば」食べてもらおうっと!

「梅むら」の「豆かん」、450円なり~!
「徳太楼」の「きんつば」、126円なり~!
ちゃり~ん!

2007年03月28日(水)更新

日暮里「関西料理 ふるさと」

こちらは、最近、ジムのトレーニング帰りに立ち寄っている、居酒屋「関西料理 ふるさと」さんです。

03280034

こちらお店、日暮里で38年も続いている老舗居酒屋さんなんですって。
これだけ長くお店が続くには、それなりの理由があるんでしょうね。

38年前といえば、私は10歳、あの頃、日本酒の王冠を集めて、友だちとめんこのように勝負するのが流行ってましたっけ。
特に、黒松剣菱の王冠は、一番人気があったので、懐かしい~です。

ということで、いただく日本酒は、燗も冷も「黒松 剣菱」これのみ!

そして、一杯飲んだ後にいただくのが、「ふるさと特製焼きうどん」、900円なり~!
上には、目玉焼きがのってますよ。

03280036

こちらの「ふるさと特製焼きそば」、同じく900円なり~!ちゃり~ん!

03170027

どちらも、隠し味にカレー粉を使ってます。
具は、ウインナー、ホタテ、イカ、タコ、あと何だったかなぁ~?

日暮里の裏通りで、ご夫婦でひっそりと営業を続けている「関西料理 ふるさと」
どのあたりが、関西料理なのか?よくわかりませんが、オススメのお店です。

2007年03月27日(火)更新

〆は中国ラーメン「揚州商人」

昨夜は、谷中のマダムからのお誘いで、新橋の美人マダムがやっているワインバーがリニューアルオープンとのことで、レセプションパーティーに参加してきました。

ワインバーの名前は「A.te」(あ.て)といって、新橋烏森神社近くの路地の2階にあります。

03260020

お店におじゃましたのが8時をまわっていたので、パーティーは既に大盛り上がり。
途中からの参加でしたが、谷中のマダムから、素敵なお友だちを沢山ご紹介していただきました。

03260021

お店を出たのが深夜11時過ぎ、解散と思いきや、マダムの一声で、こちらのラーメン屋さんへ全員集合!
中国ラーメン「揚州商人」という、今流行のラーメン屋さんのようです。

03260023

こんな深夜だというのに、皆さん食べる気満々のようです。
これは、私だけ逃げ出すわけにはいきませんね。

03260031

出てきたこちらは、マダムお勧めの「豚玉ラーメン」、970円なり~!
塩味のスープに玉子の甘みが溶け込んで、たまらなく癖になりそうです。

03260029

こちらは、相方が注文した「パーコーラーメン」、970円なり~!
さらに、餃子まで!本当に食べられるのかしら?
せっかくジムで消費したのに、マイナスが一気にプラスになっちゃいます。

03260033

私は、春限定メニューの「海老南ばん」を注文しました。
海老だんごも美味しかったけど、病み付きになりそうな塩スープと、刀削麺ならぬ刀切麺がみごとにマッチ!

03260034

この日、ワインバーの参加費は、おひとり、3,000円なり~!
「揚州商人」の「海老南ばん」、880円なり~!
相方さん、今夜もごちそうさまでしたぁ!

2007年03月26日(月)更新

親子で金太楼鮨本店へ

昨日は、妹が実家に来てくれて、朝から父の食事を作ったり、身の回りの世話をしてくれました。

夕飯は、親子三人で、こちら、東浅草にある「金太楼鮨本店」で食事をしました。

0325006

下町、特に浅草、上野方面では、庶民的な寿司屋として有名な「金太楼鮨」、
「金太楼鮨」の名物といえば、こちらの「ばくだん」です。

03250010

「ばくだん」のベースは、納豆、その上に、きゅうり、たくあん、山芋、まぐろ、いか、うに、いくら、とびっこ、
玉子の黄身と盛り沢山!
軽~くかきまぜて食べると、なんとも幸せな気分にひたれる、そんな一品です。

こちらは、子持ちやりいかを焼いたもの。お酒がすすみますねぇ~。

03250012

私は、飲むとごはんはあまり食べませんが、ひもきゅう巻き、とろたく巻きを少しいただきました。

03250013

父親と二人だと、話すネタもなくなりましたが、妹がいっしょだったので、父もご満悦の様子です。

03250014

術後の経過も順調なようで、とりあえず一息っていう感じでしょうか。
うちの母は、お寿司が大好きなので、来週退院したらいっしょに来ようって話してました。

2007年03月24日(土)更新

親父と飲み交わす

親父と私が、二人で酒を飲み交わすということって、あまり記憶にないくらい珍しいことなんですが、昨夜は、母が入院していることもあって、いっしょに食事をしました。

二人だけの貴重な写真撮りは却下されたので、この日のお酒をご紹介します。
こちらは、珍しい黒龍の純米大吟醸「火いら寿」です。
熱処理してない、まさにレアなお酒なんで、口元で酒本来の香りがたちます。

03200005

こちらのお酒は、同じ黒龍の吟醸「吟十八号」です。
秋に飲んだ「吟八十八号」同様、この季節だけの限定酒だそうです。

03200008

こちらのお刺身の盛り合わせの中には、若竹のナマがあって、梅肉でいただきました。

03200007

こちらも旬の若竹焼き。うま塩をつけていただきます。

03200009

町屋の居酒屋の帰り道、行きつけの「まちや」に寄って、マイボトル「まちや」でもう一杯!

032319

と思ったら、父曰く、「晩酌は1合まで」ということで、マイボトルはお預け。
お茶だけごちそうになって、お店を失礼しました。
ごめんなさい!ママさん!
息子の私が親父の前で、「酒と女は2ごうまで」なんてこと、間違っても言えませんからね。

陽気のほうも、ようやく春らしくなってきましたし、母の目の具合もいいようなので、また来週から、あっちこっち、ウロチョロと活動を再開したいと思ってます。

2007年03月23日(金)更新

息子の卒業式

昨日は、息子の卒業式に行ってきました。
私が、根岸小学校の卒業式に行くのは、上の二人の娘に続いて、これで3回目になります。

03230007

根岸小学校の歴史は古く、今回が133回目の卒業式になるそうです。
同級生の中には、林家正蔵師匠のご長男さんをいらしたり、話題性はあるのですが、
”下町の学習院”らしく、地味で緊張感のある、キチッとした卒業式でした。

03230004

私も親バカなのか、自分の息子が卒業証書を受け取る瞬間を、ハラハラドキドキ
しながら見ていました。

今週は、うちの母が網膜はく離の治療をするため、20日に緊急入院、22日に手術と、バタバタしましたが、おかげさまで、術後の経過は順調なようで、ホッとしています。

今夜は、久々に、親父と二人水入らず、お気に入りのお店で、ひざを交えて飲みかわそうと思ってます。
私が、息子と飲み交わす日も、そう遠くはないんでしょうね。

2007年03月20日(火)更新

浅草といえば、アンヂェラス

こちらは、「浅草といえば、アンヂェラス」といわれるくらい、有名な老舗の喫茶店です。

anj1

「とんかつ 井泉」から近いこともあり、とんかつを食べた後、よくコーヒーを飲みに立ち寄ります。

こちらの名物は、”ダッチコーヒー”。
それって、なんダッチっていうと、”水出しアイスコーヒー”のこと。
5時間かけてドリップされるコーヒーは、深みがあるのに、あっさりした味わいが特徴です。

anj2

聞くところによると、池波正太郎、山下清、東郷青児、手塚治などの著名人が、浅草の憩いの場所として、愛してやまなかった喫茶店だそうで、今でも様々な文化人がお忍びで来店するそうですが、残念ながら、私は一度も遭遇したことがありません。

もうひとつ、こちらの名物が、”アンヂェラス”という小さなロールケーキ。
ダッチコーヒーとセットでいただくのが、アンヂェラス流のようです。

anj3

浅草の老舗喫茶店、「アンヂェラス」のダッチコーヒー、578円なり~!
ロールケーキ、アンヂェラス、294円なり~!ちゃり~ん!

2007年03月19日(月)更新

浅草 「とんかつ 井泉」

”とんかつ”といえば、有名店が多いせいか、上野がつとに有名ですよね。
特に、「双葉」に「蓬莱屋」、「ぽん多」は、俗に”上野とんかつ御三家”などと呼ばれているようですが‥‥。
実は、私の好きな”とんかつ”は、この上野御三家以外の名店、「とんかつ 井泉」なんです。
私は、ちょっとかわっていて、衣が厚めで、肉の薄いとんかつが好きなんです。
きっと、子供の頃から、薄いとんかつを食べつけていたからかもしれません。

私の好きな「上野 井泉」の姉妹店が、こちら浅草にもあります。

020817

この「浅草 井泉」のすぐ近所には、浅草では有名な「とんかつ ゆたか」もありますが、私は、味は二の次で、この店の浅草らしい雰囲気が好きです。

こちらが、ヒレかつ定食、1,600円なり~!
「まい泉」と同様、箸でも切れるやわらかさが、こちらのウリです。

020812

そして、こちらが、かつ丼、1,150円なり~!
器は、四角でも、かつ重の味はまろやか~?

020814

ちなみに、こちらが、お品書きになります。

020815

どちらも、下町グルメをうならせる濃いめの味なんですが、ちょっと高めでしょうか。

浅草界わいのお店の様子もずいぶんかわりました。
「井泉」の近くの浅草六区には、「かつや」というとんかつのチェーン店ができて、
とんかつ定食、かつ丼が、ともに、480円で食べられるんですから。

そのせいか、かき入れ時だというのに、お店は空いていました。
やはり、老舗には、チェーン店にはない味わいや、独特の雰囲気があるんで、
なんとか踏ん張ってほしいと思います。

「上野 井泉」に負けないで、がんばれ~!「浅草 井泉」!

2007年03月16日(金)更新

谷中銀座通り「和味」~

日暮里駅を降りて、谷中方面に歩いていくと、あの「夕やけだんだん」の坂があります。
陽はとっくに沈んでしまいましたが、ここから観る夕やけは、さぞかしきれいなんでしょうねぇ。

031546

夕やけだんだんの階段を下っていくと、そこは谷中銀座商店街。
昔ながらのお惣菜やさんや用品やさんが軒を連ねています。

031557

商店街の真ん中に、今回おじゃました、焼き鳥「和味」(なごみ)があります。
こちらのお店、久しぶりに行ったら、お店が広さが倍になってましたよ。

031555

さっそく越後「八海山の地ビール」でお疲れ様でしたぁ~!
ヴァイツェンビールらしく、コクがあって、飲みごたえがあります。

031547

まずは、この店オススメの一品、「鶏刺しの盛り合わせ」をいただきました。

03150049

ナマの鶏って甘みがあるんですねぇ~。
”コケコッコ~”な美味しさです。

ゴキゲンな気分になってきたんで、芋焼酎と割り水を寝かせたものを”黒じょか”でいただきました。

031550

こちら”黒じょか”、私のお得意?”2ごう”で、1,000円なり~!

焼き物もいろいろ食べましたが、ゴキゲンになって撮り忘れたんで、一部だけご紹介します。

031551

こちらの“極手羽焼き”は、ジューシーで、食べ応えがありましたよ。

031554

お会計は、ふたりで、8,000円くらいだったでしょうか?
”相方さん、ごちそうさまでしたぁ~!”

さて、2軒目は、最近、私のお気に入りスポット、「初音小路」へ。

031562

迷わずに、小路の一番奥にある、こちらのお店へ。
といっても、外観からは、何のお店か一向にわかりませんよね。

031564

お店の中は、こんな感じで、とっても明るいムードのワインバーです。

031567

今回は、相方のご希望で赤ワインに決まりましたが‥‥。
ど・れ・に・し・よ・う・か・な?

031565

悩んだ末、値段と美味しさのバランスで、真ん中の”ラングドック”に決定!
すると、なにやら不思議な小道具が?これは、最新のワインオープンナー?

031566

力のない女性でも、簡単に開けられるんですって!
スグレモノに、思わず関心しました。

こちらの「C’EST QUI ~」さん、またお店の名前聞くの忘れちゃいました。
お会計は、3,800円なり~!お釣りは取っておいてね!ちゃり~ん!
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2007年3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一