大きくする 標準 小さくする
次ページ

2007年12月31日(月)更新

浅草 「寺方蕎麦 長浦」

今年最後の記事は、”年越しそば”情報ということで、浅草の「寺方蕎麦 長浦」をご紹介します。
「長浦」は、浅草六区からすし屋通りへと入り、中ごろの路地を曲がった所にあります。

122917

店のたて看板には、なにやら「妙興寺そば」と「そば雲水」なる聴きなれない名前が。
せっかくなので、両方いただいてみましょう。

まずはこちらが、「妙興寺そば」、1,000円なり~!!

122914

そばと大根の千切りをあえて盛り付けた上に、いり胡麻、海苔が散らしてあります。
クセのあるそば汁は、寺納豆という禅味の代表的な食材が入っているので、苦手な方もあるかもね。

そしてこちらが、「そば雲水」なるもの、1,200円なり~!!

122913

大根おろしを深山の雪に見立てて、そばの上に盛りつけたもの。

122915

泡のような大根おろしとそばの舌触りが絶妙です。

二人では量が足りなかったので、こちらの「ざるそば」を追加しちゃいました。
こちら800円なり~!ちゃり~ん!

122916

ついでに脂っこいものも食べたくなり、「野菜天ぷら」まで付けちゃいました。
こちらは、1,000円なり~!

122911

「長浦」の細~い麺は”わたし好み”だったので値段はちょっと高いけど満足なり~!

ちなみに1年の締めくくりに食べる”年越しそば”ですが、
「人生はそばのように細く長く生きるという意味で食べる」という説はよく聞きますが、
なぜそばでないとだめなのでしょう?
年越しそばの風習が広まったの、江戸時代中頃だそうで、調べてみたらいろいろな説がありました。

1.よく言われているのは、そばのように「細く長く」という説。
  でも関西ではそばではなく、運を呼ぶ「うんどん(うどん)を食べて「太く長く」を願う
  ところもあるといいます。
2.そばが切れやすいことから、1年の苦労を切り捨てようとして食べるという説。
3.そばは風雨でたれても日に当たるとすぐに立ち直る植物なのでそれにあやかってという説など。

大晦日の年越しそばは、家内の実家が蕎麦屋なので、そちらで自慢のカレーそばをいただこうと思ってます。

1年を振り返って、
”経営者会報ブログ”という名の通り、経営者がナマの経営体験を赤裸々にお伝えするはずが‥‥、
私の場合、ほとんどが”食べ歩きレポートブログ”になってしまいました

毎回読んでくださっている皆さん、今年も1年間ありがとうございました。
来年はさらにパワーアップして”訳あって身体を鍛えながら”、
”突撃食べ歩きレポート”を書き続けていきたいと思います。

では皆さま、良いお年をお迎えください。
ゴ~ン!ゴ~ン!カルビロース・ゴ~ン!?!?

2007年12月29日(土)更新

日暮里「羽二重団子」

子供の頃から食べていたせいでしょうか。
時折、日暮里の「羽二重団子」が無性に食べたくなるんです。

122758

今日もジムのトレーニングの帰り道、日暮里駅バスロータリー前のお店に立ち寄りました。

こちらが定番の「お団子セット」、462円なり~!

122753

醤油焼きと餡子どちらも1本231円もするので、下町では高級団子といえるでしょう。
そんな高級団子を2本いただいても足りず、こちらのセットを追加オーダーしちゃいました。

122756

カワイイ~お団子ニコニコに、これまたカワイイ~お汁粉とみかんがセットで、588円なり~!
ちゃり~ん!
高いといえば高いけど、高級なケーキを食べたと思えば、まぁ納得かな。
店内は、ほとんど女性客ばかりなので、堂々と男らしくいただくように心がけてました?

2007年12月26日(水)更新

訳あって鍛えてます!

”訳あって鍛えてます!”と宣言してから早1年、クリスマスも黙々とトレーニングに励んでいますよ!

122501

ラテンエアロのインストラクターさんとも1年ぶりのツーショット写真。
お互い去年よりも若々しくなったみたい?

122503

この瞬間こそ、私が訳あって鍛えている証です。
来年もムキムキ鍛えますよ!

2007年12月25日(火)更新

鶯谷萬屋で忘年会

鶯谷の酒屋「萬屋」(よろずや)さんで忘年会があると聴きつけて、向かった先は店舗地下にある酒蔵。

122330

行ってはみたものの参加者はどこのどなたなのかさっぱりわかりましぇ~ん。
たぶん集まった皆さんは、酒通、酒好き、お嬢さんの由起子さんのファンetc‥‥。
いよいよお酒のお勉強をかねた宴会の始まりです。

122302

エビスビール、ロゼシャンパン、ワインは南仏地方の自然派ワインばかり。

122326

ワインにとどまらず、ついに平成5年度「菊姫 大吟醸」の1升ビンまで登場です。

122310

コクがあるのにサッパリしていて、ワインから飲みかえても違和感がありません。

飲み会のバックヤードには、こんなにいっぱいのワインたちがご指名を待って静かに出番を待ってますよ。

122320

いつ来ても楽しませてくれる「萬屋」さんの地下酒蔵でしたぁ。
由起子社長さん、今年もお世話になりました。

2007年12月22日(土)更新

恵比寿 「もつ道」

21日金曜日の恵比寿界わいも忘年会がピークのようなので、早めの夕飯ということで、お邪魔したのは
もつ鍋の店「もつ道」(もつどう)。

1221102

能書きによると、国産黒毛和牛の新鮮な生もつのみを使用とのこと。
鍋のスープは6種類。
こちらには、味噌味の「天神」、醤油味の「渡辺」、塩味の「住吉」とオーソドックスな味付け。

122190

こちらには、チゲ風鉄鍋の「明治」、酢ダレの「大正」、豆乳の「親不幸」とあります。

122191

迷った末に若いイケメン店員さんオススメの味噌鍋「天神」に決定しました。

その前こちらの「酢もつ」と「レバテキ」をいただきました。

122196

酒の肴にピッタリだわ~!
そう言っている間に味噌もつ鍋「天神」が出来上がりましたよ。

122199

小皿によそって、さっそくいただいてみましょう。

1221101

ちょっと脂っこいけど、もつ臭さもなく食べやすい!
スープも味噌バターラーメンのスープのようで、なめらか~!

1221103

最後にちゃんぽん麺を入れて、ごっつあんでしたぁ!
「もつ道」ももつ鍋は、二人前で、2,520円なり~!
ほか都内には、渋谷店、銀座店、立川店の計4店舗があるそうです。

さて、身体も温まったところで、恵比寿ガーデンプレイスに向かってみましょう。

1221107

お~~!スンバらしいイルミネーションじゃあ~りませんか!
中央には、大きなバカラ製のクリスタルのシャンデリアが!
なんと!高さ5メートル、幅が3メートルもあるんですって!

1221110

そうそう、肝心のコンサートは、「広瀬香美アコースチックライブ~香美別邸」。
最後は涙が止まらないくらい感動しました。
相方さん、誘ってくれて”ありがとうございました!”

2007年12月21日(金)更新

新百合丘 「ゆりの」

新百合丘駅前だというのに静寂に包まれたレストラン、それが「フレンチダイニング ゆりの」です。
店内はご覧のようなオープンキッチンスタイルの明るい店内。

112812

昼どきだというのに空いてますね~。
ホテルモリノ新百合丘の中だからこそ?静かで落ち着いた雰囲気です。

どうやらテラスの向こうは、ホテルのお部屋になっているようです。

112813

新百合丘のセレブとのお忍びにはピッタリかも?なんちゃって!

いただいたのは、その名も「ペア ランチ」。
まずは、大好きな海老ちゃんがいっぱいのパスタから。

112810

続いては、大きくてジューシーな石焼ビーフステーキ。

112815

最後にコーヒーとかわいいデザートまでいただいちゃいました。

112816

「ゆりの」の「ペア ランチ」(但しケーキは別途)、お二人様で込み込みの6,000円なり~!
羽振りのいい保険屋さん(実弟ですが)、ごちそうさまでしたぁ!

2007年12月20日(木)更新

浅草千束柳通り「よし膳」

浅草浅草寺観音裏ゴロゴロ会館を一歩入ると、何とも風情のある千束柳通りへ。
そこは今なお芸者さんを手配する見番のある華やかな花柳界でもあります。
その見番の並びにあるのが、今回ご紹介するこちら「よし膳」です。

120963

一見さんを寄せ付けないこの佇まい、あまり人に教えたくないとっておきの1軒です。
今回は、ディープな浅草ということで3人のお客人をご案内させていただきました。
お通しの次に出てきたのは、なんとも華やかな「お刺身の盛り合わせ」。

112802

箸をつけるのがもったいない感じ、板前さんの腕が光ります。
見ているだけでもうっとりしてしまいますね~。

こちらは、いつも注文する定番メニューのひとつ、ヘルシーな「牛肉のサラダ」。

112804

ポン酢仕立てのサラダの上に牛しゃぶがのっていて、黄身をまぜまぜしていただきます。

こちらも定番メニュー、彩り華やかな「かにサラダ」。

112805

せっかくなんで何種類の具が入っているか数えていました。

112806

なんと!かにを含めて13種類も入っていますよ!
誰をお連れしても感動していただける一品です。

最後は、こちらご主人オススメの「白子鍋」。

112809

プリプリの白子を煮すぎないように注意して、玉子ポン酢をつけていただきました。

飲み物は、お料理につられて、ビールはアサヒ、日本酒は菊正宗、ウイスキーはスーパーニッカ、焼酎はいいちこと、かたっぱしからいただいちゃいました。

こちら「よし膳」さん、メニューは頭上にある値段の書いていない木札のみ。
何がいくらなのか?さっぱりわかりませんが、頭割りで一人分、約8,500円なり~でした。
「よし膳」さん、ごちそうさまでしたぁ!

2007年12月19日(水)更新

荒川熊野前「レストラン 山惣」

17日の月曜日、今年も東京中小企業家同友会荒川支部忘年会が荒川熊野前の「レストラン 山惣」
で開かれました。
1年ぶりの「山惣さん」、荒川区で現存するレストランの中では、最も古い1軒かもしれません。

121782

建物の外観からして風格があって歴史を感じますね~!

”私は今回の忘年会の司会を仰せつかった「マギーケン」でございます。”

121768

顔なじみの皆さん、年に1度きりの皆さん、総勢17名、「1年間お疲れ様でしたぁ!」

121759

まずは、お店が用意してくれた”ドンペリ”と”銀河高原ビール”で「カンパ~イ!」

121763

お料理はこちらの前菜からスタート!

121760

真ん中は、ほうれん草、赤と黄色のパプリカのムースになります。
ハムやサーモンも、もちろん手作りです。
前菜からクラクラするくらい美味しい~!

スープは、具沢山でシーフードのダシの利いたスープ。

121767

寒い日にはたまらない一皿?ワンカップ!ぐっときますね~。

今回のお魚料理は、贅沢な伊勢海老とバナナ?のグリル。

121772

バナナの甘さと相まって、独創的な一皿です。

メインのお肉は、和牛ヒレ肉の上にふわふわのフォアグラが!

121775

カロリー計算なんか今日はどうでもいい!と思ってしまうくらい美味しい~!

そうそう今回は特別にワインもこんなに沢山取り揃えていただきました。

121770

こちら最後のデザートとコーヒーで締めくくり、お腹は大満足なり~!

121779

参加者の山口さんの会社(名月製菓)の「ほのぼの都電サブレー」をお土産にいたきました。

121781

これで、会費は、おひとりさま、9,000円なり~!ちゃり~ん!

とっても真面目な柳川シェフ、気合いの入った素晴らしいお料理、感動いたしましたぁ!

2007年12月18日(火)更新

ジム仲間と忘年会

先週末、ジム仲間4人の方と地元日暮里の「関西料理 ふるさと」で忘年会を開きました。

121716

”ジム仲間”といっても、私のお仲間は60代の元気なおっさん4人。

121706

仲間の皆さん、これまた私に負けず劣らず元気なんですよね~!
気楽な仲間との気楽な飲み会は、とっても楽しい~!

いただいたお料理は、まずはこちらのお通し3点セット。

121702

次なるお料理は、お刺身のテンコ盛り!
大ぶりのぼたん海老や鮑まで盛りだくさんです。

121703

メインは、和牛ヒレステーキ、これもテンコ盛り!

121709

〆は、「ふるさと」さん自慢の焼きそばで止めを刺されて、一丁あがり~!

121714

いつもながらどこが「関西料理」なのか?わからないまま楽しい忘年会は終了しました。

2007年12月14日(金)更新

新宿御苑で最後の紅葉

新宿御苑前には母方の親戚がいるので、新宿御苑へは子供の頃からよく遊びに行きました。
同い年の従兄弟と池に入って取ってはいけないザリガニ取ったり、やってはいけないキャッチボールをしたりして、管理人さんに怒られた思い出の場所です。

そんな仲良かった従兄弟も7年ほど前に亡くなってしまい、めっきり足が遠のいていました。
久しぶりの新宿御苑、秋の紅葉をじっくり観たのは初めてかな~。
この日は裏口の千駄ヶ谷門から入ってみました。

120969

入口のイチョウの色づきがみごとです。
遠くに見えるのはDoCoMoビルかな?

ここ新宿御苑は、昔ながらの日本式庭園、イギリス風景式庭園、フランス式庭園が組み合わされた近代西洋庭園とも呼ばれているそうです。

調べてみたら、皇居外苑北の丸公園、京都御苑とともに国民公園として国が管理している由緒正しい公園なんですね~。

こちらは、日本式庭園のみごとな紅葉です。

120978

こちらは、フランス式公園のプラタナスの並木道。
まるでドラマに出てくるワンシーン、”冬ソナ”の世界のようです。

120972

私の気分もつい”紅葉”じゃなくて”高揚”してしまったみたい。

120976

次回は、プラタナス並木の前でマフラーさげて寂しげに歩いてみたいと思います??
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2007年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一