大きくする 標準 小さくする
次ページ

2006年08月31日(木)更新

きたじま商店のメンチカツ

会社から西日暮里へ向かう途中に、あの水泳で有名な北島康介選手の実家、きたじま商店があります。
一昨年、北島選手がアテネオリンピックで金メダルを取った頃は、遠方からメンチカツを買い求める人で、長蛇の列ができるほどでしたが、今はウソのようにひっそりとしています。

きたじま商店

一昨年の長蛇の列の写真がありましたのでこちらをご覧ください。

http://www.tincan-gallery.co.jp/topics/200408/arakawa/index.html

店内に入ってみると、北島康介選手の写真が壁いっぱいに貼られていました。

北島君

北島選手は、子供の頃から、このメンチカツをパンにはさんで食べていたらしいです。
こちらが、名物?「きたじま商店特製 メンチカツサンド」です。

メンチカツサンド

お味のほうは、う~ん、普通でしょうか。
私は、ラードが苦手なので、一切れだけいただきました。

北島康介選手の実家、「きたじま商店特製 メンチカツサンド」 530円なり~!

2006年08月29日(火)更新

わんぱくトライアスロン2006

先日の日曜日、「桜橋 わんぱくトライアスロン 2006」が開催され、うちの息子が参加したので、
「親バカレポート」をさせていただきます。
コースは、隅田川沿いの隅田リバーサイドプールを100m泳いで、隅田公園を自転車で5キロ走り、最後にマラソンで2キロ走るという、ミニトライアスロンなんです。
参加者は、台東区と墨田区の4年生から6年生の小学生がエントリーして、学年別、男女別にタイムを競います。

うちの息子の台東区根岸小学校からは、3人の6年生男子と2名の女子が参加しました。
こちらが、うちの息子と友だちの、仲良し3人組です。

仲良し3人組

スタート前、3人とも余裕の表情ですね。

うちの大学1年になる長女が、小学校6年生の時は、クラスのほとんどの子が参加してましたから、
ずいぶん参加者が減ってしまいました。
流行ってないのか、お勉強がいそがしいのか、年々参加者が減っていくようです。

得意の泳ぎが終わって、自転車に向かう、うちの息子の勇姿です。

息子の勇姿

結果は、友だちの村田君が、なんと6年生で1位に輝きました。
パチ!パチ!パチ!

やったぜ1位

競技が終わってうれしそうな仲良し3人組

順位はともかく、頑張ってくれた息子の姿に、心から感動しました。

2006年08月28日(月)更新

浅草サンバカーニバル

8月の最後の土曜日、恒例の「浅草サンバカーニバル」が開催されました。
浅草といえば「江戸下町情緒」というイメージがありますが、実は、大の新しいもの好きが浅草っ子の気質なんですね。
かく言う私も、好奇心旺盛で、あっち、ちょろちょろ、こっち、きょろきょろ、歩き回るのが大好きなんです。
今回も、本場のダンサーさんと記念写真が撮れるとあって、鼻の下を長~くして行ってまいりました。

金髪の美女に囲まれて、気分はハーレム状態でしょ!
なんとも控えめな、この写真の大きさ?

浅草サンバカーニバル

我ながら満足げな、この表情、わかります?
実は、舞台の上なんでけっこう緊張しております。
こんなチャンス二度とないと思い、思い切ってダンサーさんの腰に手をまわしたら、ピシャリ!と払いのけられてしまいました。(このスケベオヤジと言われたかどうか?)
ざんね~ん!

今回でなんと26回を数える、浅草サンバカーニバル、今や東京下町を代表する夏の一大イベントにまで成長したようです。
来年こそは、ミッション・インポッシブルを達成するぞ~!?

カーニバルを観終わったあとは、興奮覚めやらぬうちに、即、反省会ということで、今や東京屈指の名店となった「焼き鳥 萬長」さんのカウンターで、一杯やってきました。

萬長さん

こちらの萬長さん、フランス料理店のオーナーがやっているとだけあって、ワインや焼き物すべてが、いわゆる通好みなんです。

たとえば、フランス産のうずら焼き、フランス産の鴨焼き、ブレス産若鶏のもも焼き、フォアグラのたれ焼き、鳥レバーのテリーヌ、コンソメのようなとりスープ等々‥‥、これに極上の赤ワインなんか飲んだひにゃあ、もう、うますぎてひっくり返り、お会計してひっくり返ること、間違いありません。

過去に強烈な経験をした私は、今回、焼き物と焼酎を軽くやって早々に引き上げました。

焼き鳥 萬長さんで、軽めに食べて飲んで、ひとり 5,000円なり~。
皆さんへのアドバイス~。
コース料理を食べて、おいしいワインを飲んで、やめられない、とまらない状態になってしまうと、1万円あっても足りませんので、心と体とお金の準備を忘れずに!

それから、こちらのお店、当然前もって予約しておかないと入れませんので、こちらも忘れずに! 
  TEL 03-3845-4430
場所は、銀座線田原町から菊水通りに入って、最初の路地を右へ曲がります。

2006年08月25日(金)更新

天然ゲルマのバスソルト

すっかり岩盤浴フリークになってしまった私ですが、西日暮里にある「岩盤浴 石の湯」へ行くのは、休日の早朝割引サービースの時間帯を狙って行ってます。
さすがに、この時間帯は早朝にもかかわらず混んでいて、30分前後は待つことになりますが。
そりゃあ、通常1,800円するのが、一式付いて、半額の900円なんですからね。
なんともありがたい企画なんで、やめないでほしいなぁ~。

といっても、岩盤浴には、週に1回行くのがやっとなんで、普段は、自宅のお風呂で本を読みながら半身浴を楽しんでいます。
いま私のお気に入りの入浴剤が、「超発汗!天然ゲルマのバスソルト」という塩にゲルマの入った商品です。
以前ご紹介した「情熱の赤い塩」と違って、無香料、無着色なんで、どなたでも抵抗なく、お使いいただけると思います。

こちらが、お気に入りの商品。
天然ゲルマのバスソルト

これ1個あれば、約20回分も使えるんですって。
パッケージには、「汗と一緒にギュッと絞って、まいにちスッキリ♪ホッッソリ♪」
なんて、抽象的な表現ですが、なんとなく痩せられそうなイメージが伝わってきますね。
どこがって、はっきり言えないところが、ミソなんでしょうね。

でも実際に使ってみると、5分もすると汗がタラタラ!10分もすると汗が噴出してきて、もう本なんか読んでいる状況でなくなってきます。

この体験を皆さんにも味わっていただきたいと思い、このバスソルトをうちの裏ホームページで販売することにしました。
いっしょに「情熱の赤い塩」も紹介させていただきました。
よかったら、いろいろご使用になってみて、ご感想などお聞かせください。

こちらが、うちの裏ホームページ、「健康楽ちんアカデミー」です。

http://www.e-raku.jp/suisho.html

「経営者ブログをみた」と書いていただければ、2個セット、3,150円のところ、
送料込み、税込みで、2,520円にさせていただきます。
数量に限りがありますので、お早めにどうぞ。

「超発汗!天然ゲルマのバスソルト」、今なら、2個で、2,520円なり~!

2006年08月24日(木)更新

浅草の夜は更けて

浅草仲見世も夜が更けてくると、着物姿の芸子さんもちらほら、ちょっと一杯飲みに行きたい気分にかられますが。

仲見世

そんな気持ちを押さえつつ、浅草ホープ教会でのゴスペルの練習に参加してきました。
ちょっと行かなかったら、新しいメンバーが増えたようです。

ゴスペル

来る9月18日、川口リリアホールでのコンサートに向けて、みんな熱心に練習しています。
このコンサートは、日本全国からゴスペルクワイアが集結する、まさに「ゴスペルのお祭り」だそうです。

ゴスペル2

末席の私は、久しぶりに参加したせいか、声が思うように出ないよぉ~。

ゴスペルクワイア トゥループレイズのレッスン参加費、1カ月、4,000円なり~♪
(レッスンは、毎週火曜日の7時からと土曜日の5時半からあります。)

2006年08月23日(水)更新

乾杯するなら、ジョッキーズ

先日の日曜日、うちのチビッ子を連れて、「浅草ROXまつり湯」に行ってきました。
たまたま、この日は、イベントで「KIRIN ジョッキーズ」のお姉さま二人がいらしたので、記念写真を撮ってもらいました。
こちらが、その記念写真です。

ジョッキーズ

カメラに向かって、みんなで元気よく、「ジョッキーズ!」と言ってます。

ポラロイド写真をスキャンしたんで、みづらくてごめんなさい。
スタイルのいい素敵なお姉さま方でしたよ。どちらも。
お聞きしたら、毎日健康ランドを渡り歩いているんですって。
次は、あなたの近くの健康ランドにあらわれるかもよ。

そういえば、私の小さい頃、京成線の谷津というところに、谷津遊園と船橋ヘルスセンターがあって、祖母に連れられて行ったのを思い出しました。
谷津遊園で潮干狩りをしてから、帰りにヘルスセンターに寄って、お風呂に入ったりしました。
そうそう、テレビCMのあの歌ですよ。(といっても、40年も前のお話ですが‥)
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「船橋ヘルスセンタ~、船橋ヘルスセンタ~、長生きしたけりゃちょっとおいで、チョチョンのパ!チョチョンのパ!‥??‥??‥ゆ~らゆ~ら大きなお風呂、手足の~ばせば、命ものびる~チョンパ!」
確か、そんな歌詞だったと思います。
映像は、白黒のアニメで、黄桜のCMに出てくるカッパのような人が、お風呂に入ると、歌にあわせて、手や足がのびたんじゃなかったでしょうか?
どなたかご存知の方がいたら、教えてくださいまし。

浅草ROXまつり湯の利用料金、荒川区のラドンセンター利用補助券があったので、
大人1名、1,275円、子供2名、435円×2名で870円、
しめて、2,145円なり~!

2006年08月22日(火)更新

羽二重団子を食す

日暮里の羽二重団子をご存知ですか?
鶯谷へ向かう途中に本店がありますが、今日は駅前の支店で団子をいただきました。
この支店、先日ご紹介した、「中国手打拉麺 馬賊」のトイメンにあります。

羽二重団子2

団子屋にしては、けっこうモダンなつくりの外観ですね。
店内を覗くと、女性の一人客が多いようですが、勇気をだして、店内へ入ってみましょう。

注文して食べたお団子ですが、「まぁ、こんな感じ?」っていう、普通のお味でした。

羽二重団子1

こちらは、お抹茶とセットで、651円なり~!
うわぁ~、650円あったら、前っかわの馬賊でラーメンが食べられたよ~!
なんだか、お腹も満たされないし~!

ちなみに、普通のお団子だけだとこんな感じです。

羽二重団子3

こちらは、462円なり~!

実は、この羽二重団子、小さい頃から祖母に連れられて、谷中のお墓参りの帰りに
いつも食べていた、懐かしいお団子なんです。
昔はもっと美味しかったような?気がするのですが‥‥。

ネットで調べたら、子供の頃、よく寄っていた昔の店舗の写真がありました。

羽二重団子4

懐かしいなぁ~。

かつては、店の前を音無川という小川が王子のほうから流れていたそうです。
店の角には、今でも当時の石標があり、「右王子街道 左芋坂」と記してあります。
昔、芋坂だったという陸橋を渡ると、うちのお墓のある谷中、上野寛永寺方面になります。

その昔、東軍に敗れた彰義隊の隊士たちは、羽二重団子裏の芋坂に集合することになっていたそうで、敗走した隊士たちは、この羽二重団子の店内で、野良着に着替えて北の方へ逃げていったそうです。

また、夏目漱石の「我輩は猫である」にも
「行きませう。上野にしますか。芋坂へ行って団子を食いましょうか。先生この団子を食ったことありますか。奥さん一辺行って御覧。柔らかくて安いですよ。酒も飲ませます。」
なんて書いてあるそうですよ。

2006年08月21日(月)更新

暑い日こそ、熱い映画を!

ロードショー中に、どうしても観たかった映画、「ラブ★コン」を、遅ればせながらというか、恥ずかしながら、観に行ってきました。
案の定、場内は、ほとんどが、10代と思しき女性ばかり。
恥ずかし~い!

この映画、少女コミックを実写化した作品だそうで、誰もがかかえるコンプレックス(身長)をテーマにしています。
必要以上に背の高い女子高生(藤澤恵麻)と、必要以上に背が低い男子高生(WaTの小池徹平)が繰り広げる、単純明快?な学園ラブコメディです。

ラブコン2

なんたって、超人気デュオWaTの小池徹平のカッコイイこと!
体型もキャラもピッタリのハマリ役だと思いました。

それと脇役さんたちのおもいろいのなんのって。

ラブコン2

暑い休日の午後には、持って来いの”笑える映画”でした。

もう一本は、アニメ、「時をかける少女」。
筒井康隆原作のこの映画、むかし、原田知世が主役をした映画をご覧になった方も
いらっしゃるでしょうね。

時をかける少女1

この映画、東京で上映しているのが、テアトル新宿だけだったので、久々に新宿まで
観に行ってきました。
行ったらビックリ!、お休みのせいか、超満員状態!
結局、整理券をもらって次の上映で観ることができました。
観客はというと、「ラブ★コン」とは一変して、アニメオタク系のお兄ちゃんばかり!
雨上がりのせいか、会場内も蒸していて、汗臭くて、濃~い感じでした。

たかがアニメと思って観ていましたが、いつも前向きで元気な主人公に胸打たれ、最後は、涙ぐむ始末でした。

どちらも、観終わって後味のいい、さわやか映画でしたよ!
オススメです!

今回の鑑賞券は、荒川区勤労者サービスセンターで手に入れましたので、
お一人さま、1,100円×2枚で、2,200円なり~!ちゃり~ん!

2006年08月18日(金)更新

甲子温泉 大黒屋

昨日ご紹介した、甲子温泉の大黒屋さんへのアクセスは、白河方面から国道289号を行き止まりまで向かいます。
こちらが、旅館の先にある行き止まり地点です。

国道289号

この旅館では、テレビはBS放送しか入らないですし、携帯もうまく受信できません。
そんな山奥なので、夜になると珍客があらわれます。
こちらが、夜な夜な餌をお目当てにあらわれる”テン”という動物です。

テン

イタチにも似た一見かわいい、”テン”ですが、調べてみると、山地に生息し、樹上の小鳥やリス、ネズミなどを素早く捕らえる肉食性の動物だそうで、餌になる小動物がいない森では、決して生きることのない、極めて自然環境に敏感な、警戒心の強い動物だそうです。
すなわち、ここは”自然度”の高い場所といえるようです。

しかし、現在行き止まりの289号も、2年後には、会津田島から新潟へ抜けるトンネルが開通するそうなので、自然環境が大きく変化するのは間違いないようです。
話はさかのぼること30年前、田中角栄さんの一声で始まったトンネル工事だそうで、ようやく開通のめどが立ったようです。
現在のところ、4月上旬から11月中旬営業中の大黒屋さんですが、トンネルが開通すると、年中無休になるそうなので、うれしいやら、大変やら、複雑な心境のようです。

また、国道289号沿いの西郷村には、村営の”キョロロン村”という自然を生かした遊戯施設があります。
連日、チビッ子とアスレチックやテニス、パターゴルフなどをして楽しんできました。

キョロロン村

いっぱい遊んだ後は、名物の白河ラーメンを食べてみんな大満足でした。

2006年08月11日(金)更新

ジャム君も暑さにぐったり

昨日は台風一過、本当に暑い一日でしたが、ジャム君もバテバテのご様子です。

バテバテジャム君1

実は、ジャム君、ドアの外に締め出されてしまってたようなのです。
「もう~マイッタワン!」と言ったかどうか?

バテバテジャム君2

こんな暑い日、ジャム君お気に入りの場所は、居間の入口の石のなのだ。

バテバテジャム君3

私は、明日からのお盆休み、暑さを逃れて、福島の秘湯へ湯治に行ってきま~す。
皆様も、楽しいお盆休みをお過ごしください。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2006年8月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一