大きくする 標準 小さくする
次ページ

2006年07月31日(月)更新

本社社屋改修工事終了

わが社は、祖父が、戦前この地で、再生びんの回収業を始めてから、すでに70年の月日が経ち、
昭和32年に、父が一斗缶などの業務用缶の卸会社を設立してからだと、50年を迎えようとしています。
こうやってエビスヤの歴史を顧みると、なんとなく家業を継いだ私でも、責任を感じずにはいられません。
そろそろ、会社設立50周年記念行事を考えなくてはいけない時期になりましたね。

さて、現在の本社屋ですが、こちらも築40年が経とうとしています。
そこで今回、思い切った全面改修塗装工事を行いました。

こちらが、1ヶ月に渡って行われた改修塗装工事中の様子です。
改装中のエビスヤ
当初は2週間の予定でしたが、長梅雨による天候不順や、雨漏りなどの追加工事で、1カ月以上掛かってしまいました。

そして本日、ようやく全ての工事が完了し、きれいにお色直しした改装後の本社社屋です。
改装後のエビスヤ

塗装工事の他に、屋根やテント等のの張替えや、雨漏り工事が追加になり、当初の予算の倍になってしまいました。工事の総額、なんと、600万円なり~!!

明日からまた頑張って稼がなくちゃ!

2006年07月28日(金)更新

千葉のおばちゃん

毎週金曜日の朝、うちの実家に野菜の行商をやっている、通称”千葉のおばちゃん”が台車を押してやってきます。
”千葉のおばちゃん”は、千葉県佐倉市郊外の農家の方だそうで、朝一番の京成電車に乗って、収穫した取立て野菜を売り歩いてまわっています。
以前は、いっぱいの野菜を、小さな背中にしょってまわっていましたが、最近は町屋駅の近くに台車を預けてあるので、ずいぶん楽になったそうです。

さて今日はどんな野菜があるかなぁ。
のぞいてみると、トマトに人参、キュウリに枝豆などなど、取立ての野菜がかごの中に詰まってます。
この野菜は、おばちゃんとご主人が丹精込めて作ったんだそうです。

笑顔の素敵なおばちゃんとツーショット。
千葉のおばちゃん
こちらのおばちゃん、今年でナント!80歳!だそうです。とても見えませんね。

おばちゃんのお話によると、東京には週2回来ているそうで、それ以外の日は、同い年のご主人と仲良く畑仕事をしているとのこと。
生まれてこのかた病気知らずで、医者の世話になったことがないんですって。
元気の秘訣は、毎日楽しく働くことだそうで、まさに生涯現役ですね。
同じ行商の仲間がリタイアしていく中で、元気なうちは、ずっと仕事を続けると意気込んでいるおばちゃんを見て、「可愛くて」、「かっいこいい」と思いました。

今朝も、おばちゃんの満面の笑顔で元気をいっぱいいただきましたので、
皆さんにも、おばちゃんの元気な笑顔のおすそ分け。
千葉のおばちゃん2

千葉のおばちゃんの取立てトマトと枝豆、しめて、800円なり~!チャリ~ン!

2006年07月26日(水)更新

「浜寿司」さん、店じまい

私が15年くらい前から御ひいきにしていた寿司屋さんが、この25日で閉店しました。
そのお店は、「浜寿司」さんといって、日暮里の生地問屋街の路地裏にある、小さなお店でした。
店のカウンターは、いつ行っても知った顔の常連さんがいて、私にとっては仕事帰りや、ジムの帰りに寄って、気の置けない仲間と気楽に一杯やる、居心地のいいお店だったので、とっても残念です。

その浜寿司さんに、常連の有志が集まって、先日、「閉店のお別れ会」を開きました。
こちらが、そのときの様子です。
浜寿司

親方の話では、17年くらい前に、この日暮里の地でお店を始めたそうで、バブル全盛の頃は、地元の生地屋の社長さんなどが、社用として頻繁に利用してくれて、繁盛していたそうです。
そういえば、私が通い始めた頃は、銀座の有名寿司屋が出しているのと同じネタの鮪なんかもいただきましたっけ。うまかったなぁ~!

それが昨年あたりから、毎月赤字続きで厳しくなったようです。
最近では、300円均一料理や、焼き魚定食など、寿司屋というより、居酒屋のような感じになって、単価も安くなり、それはそれですごく重宝していたんですけど、客層が変わっての苦肉の策だったんですね。

親方の話では、閉店後、寿司屋チェーン店に就職が決まったそうで、それはそれで大変なようですが、親方の新しい旅立ちに、みんなでエールを送りました。

「浜寿司」お別れ会、飲み代、5,000円、餞別、5,000円、しめて1万円なり~!

2006年07月25日(火)更新

珈琲といえば‥‥バッハ?

荒川の名店をもうひとつご紹介します。
日本中に珈琲店は数あれど、珈琲通の方ならきっとご存知なのが、バッハ珈琲店です。
こちらのご主人の田口さんは、日本の珈琲業界の第一人者としてつとに有名な方なんです。

こちらのお店は、南千住といっても更にディープなエリア、山谷地区の真ん中、
そう、”あしたのジョー”で有名な?泪橋を浅草方面に向かって、100メートルほど先の右側にあります。

バッハコーヒー

また、こちらのお店の近所には、生豆を焙煎する作業場があり、全国のお弟子さんのお店へコーヒー豆が発送されています。
こちらとのご縁は、20年ほど前、私が缶容器(米びつ)を売り込みに行ってからのお付き合いになります。
以来、エビスヤでは、バッハ珈琲店さんへ保存用の缶などをを収めさせていただいております。

そんなバッハ珈琲店のコーヒー以外のオススメは、田口さんの奥さんが丹精込めて作った自家製ケーキとパンです。
ぜひ、お試しになってみてください。

あれ~、ポットを傾けたら、首も傾いちゃったぁ。
バッハさん

この日は、ブルーマウウンテン№1をいただきました。
ポットサービスなんで3杯弱は飲めて、お得ですよ!

これからの暑い日には、ハニーコールド珈琲もオススメよ!ハニー!

バッハ珈琲店のブルーマウンテン№1、ポット入りで、700円なり~、ちゃり~ん!

2006年07月24日(月)更新

土用の丑の日は‥‥

昨日は土用の丑の日、皆さんは”うなぎ”食べましたか?
私も家族で”うなぎ”でもと思っていたのですが、うちのチビッコに押し切られ、あえなく”焼き肉”に変更とあいなりました。
まぁ”暑気払い”だと思えば、同じようなものかもね?

たぶんそんなことだろうと思い(ちょっと無理があるかな?)、数日前、荒川が誇る?南千住の名店!
うなぎの尾花}へ”うな重”を食べに行ってきました。
夕方早めに出向いたのですが、外で待つこと30分余り、ようやく店内に入ることができました。
ごきげんそうな、この笑顔!
うなぎ尾花
さすが、名店の佇まい!ここがあの山谷地区周辺とは思えない?まさにミスマッチ!
久しぶりの来店なんで、期待が高まります。

店内で待つこと40分、ようやく念願のうな重にありつくことができました。
うな重
こちらは、松竹梅でいえば、梅にあたるうな重ですが、小ぶりなうなぎが好きな私には、量もお値段も丁度いいようです。(負け惜しみじゃありませんから)
このうな重に山椒と七味をかけてサクッといただくのが”わたくし流”。

都内、いや日本ひろしといえども、こんなにおいしいうなぎを私は知りません。
ちょっとオーバーですかね。でも、あのやわらかくて、上品な味は一度食べたら、うなぎの概念が変わり、必ず病み付きになりますよ!

食べ終わって、なんとも満足そうな顔でしょ!
うなぎの尾花にて
「うなぎの尾花は」非常にわかりずらい場所にあります。
人通りの少ない常磐線の線路沿いを、上野方面に向かって歩いていくと、突然、場違いな、渋~いお店があらわれます。
予約はできませんし、カード払いもできませんので、あしからず。
外でも中でも待つこと覚悟で、お出かけくださいね。

名店”尾花のうな重”、すそで2,500円、肝吸い300円、〆て2,800円なり~!
ちゃり~ん!

2006年07月23日(日)更新

朝めし前の‥‥

皆さんは、朝のラジオ体操されてますか?
NHKラジオでは、この20日から、夏季巡回ラジオ体操・みんなのラジオ体操会が始まり、全国の会場を巡っての放送が行われています。
夏休み期間中、日本中のラジオ体操会場は、近所のチビッコでさぞかし盛り上がっているんでしょうね。

ちなみに、皆さんのご近所のラジオ体操会場は、こちらで探せますよ。
http://www.rajio-taiso.jp/

こちらは、私が毎朝通う、台東区根岸の御行の松の会場の様子です。
ラジオ体操
普段は、ご老人ばかりが目立つこの会場も、夏み期間中は、地元のチビッコたちが集まってにぎやかになります。
でも、集まるチビッコたちが、年々減っているのが気になります。
書く言う、うちの二人のチビッコも朝寝坊なんで不参加、お父さんだけ頑張ってます。

この後7時からは、地元倫理法人会の経営者モーニングセミナーに参加して、司会を担当させていただきました。
今回は、元衆議院議員、中山よしかつ様が、「敬天愛人」というテーマで、ご講演をしていただきました。
中山よしかつさんも講演前、隅田川リバーサイドのグラウンドでラジオ体操をされてきたそうです。スーツ姿にスニーカーがかっこよかったです。
こちらが、講演の様子です。
倫理法人会
会場の後ろには、上野公園が広がり、遠くには、西郷隆盛像があります。
西郷どんは、今の日本をどんな思いで観ているんでしょうか。

2006年07月19日(水)更新

休日の正しい過ごし方?

先日の日曜日は、朝からウォーキングに、ジムでのトレーニングと、あわただしく済ませて、
昼からは、チビッコ隊長に変身!
うちの子供二人を連れて、大田区にあるけ平和の森公園にあるフィールドアスレチックに行ってきました。
このアスレチック施設、野田の清水公園のアスレチック施設ほどの規模ではありませんが、区営にしては、なかなかの充実ぶりなんで、よく利用してます。

こちらが、うちのチビッコ隊の奮闘ぶり??です。
平和の森公園

チビッコといっしょになって思いっきり遊んだせいか、翌朝起きたら、身体はダルイし、シンドイし、クタクタ状態だったので、早朝から岩盤浴に行ってきました。
こちらの岩盤浴、朝6時から9時までは、浴衣、タオル一式、お水が付いて、通常料金の半額と聞いていたので、行ってみると、朝から超満員状態!
30分ほど待って、ようやく入ることができました。

こちらが、先日もご紹介した、行きつけの岩盤浴「山形 石の湯」です。
石の湯
暖かい石の上で、うつ伏せ、仰向けと交互に横になっていると、身体中から汗が滝のように吹き出てくるのはもちろん、遠赤外線効果なのでしょうか、身体が芯から温まる感じで、とっても身体が楽になりました。

ちなみに、大田区の平和の森公園フィールドアスレチックの利用料は、
大人1名、360円、子供2名×100円で、200円、合計560円なり~!

山形 石の湯 岩盤浴の早朝割引、通常料金1,800円のところ、900円なり~!

なんだか、とっても得した気分になりました。

2006年07月18日(火)更新

至福の焼き鳥コース

セミナー終了後、念願だった焼き鳥さん、銀座「バードランド」に行ってきました。
こちらのお店、私がいつも行く焼き鳥屋さんとは、段違い、味も値段もハイクラスなんです。
なんたって食べ歩きの本などでは、東京で一番なんて言われているお店なんですから。
お店の場所も、あの有名なすし屋「すきやばし次郎」の隣りとあって、緊張の面持ちでお邪魔しました。
こちらは、焼き物の前にでてきた「鳥レバーのパテ」です。
鳥レバーのパテ
フランスパンの上にのっけていただきますが、パテは口の中に入れると、スウッと
とける感じで、口どけ感がたまりません。

こちらが、お目当ての焼き鳥、レバーと砂肝は塩でいただきました。
焼き鳥
鳥は、奥久慈軍鶏だそうで、味わい深く、歯ごたえもしっかりしています。

閉めは、こちらのミニ親子丼です。
ミニ親子丼
上品な味だったので、食べられないかなぁと思ったら、ペロッと食べちゃいました。

今回の至福のコース、前菜3品、冷奴、サラダ、レバーのパテ、焼き物8本、スープにミニ親子丼で、
6,000円なり~!さすが銀座!

2006年07月16日(日)更新

得るは捨てるにあり!

先日の講演でお話を聞いて感動した、「そうじ力研究会代表」の舛田光洋氏の講演があると聞いて、14日の金曜日、銀座まで行ってきました。
お題は、「マイナスを取り除くそうじ力~捨てる」です。
前回のセミナーで「そうじ力」とは、掃除とはまったく違うものだということ。
「そうじ力」とは、掃除による力と心の力を合わせて、プラスエネルギーのスパイラルを起こし、磁場空間を作り上げる力、だと伺いました。
そう、この磁場空間によって、人の心に革命を起こして、運命を好転させていくということなのです。
だから、「あなたの部屋はあなた自身をあらわしている」ので、汚い部屋はマイナスの磁場を作り出して、悪運を引き寄せてしまうそうです。
そのマイナスエネルギー取り除くためには、
①換気をする、②捨てること、③汚れ取り、④整理整頓、⑤炒り塩をまく、の5つを
あげられていました。
今回は、その中でなかなかできそうでできない”捨てる”について話を伺いました。
こちらが、銀座東芝ビル8階でのセミナーの様子です。
そうじ力
このセミナーも、8割方が若い女性の方でした。
最近、私の行くセミナーは女性の方のほうが多いんです。皆さん、積極的で、前向きなんでびっくりします。世の男性はオチオチしてられませんぞ!

さて、いよいよ本題ですが‥‥‥。
捨てるという行為は、実は非常に奥の深いものがあって、「どういう自分になりたいのか」という、未来の自分とって不必要なものを捨てるというのです。
たとえば、結婚したいと思っているのなら、別れた彼女の写真や思い出の品物は、思い切って捨ててしまうというのです。
要するに、「捨てなければ、新しいものは入ってこない」という法則だそうです。

以下、4つの捨てる基準を述べていただきました。
1、「もったいない」を捨てる!
「もったいない」という言葉の意味をはき違えて、物をため込んでいませんか?
「必要か、必要でないか」の基準で判断して、部屋の中の不要な物はみんな捨てる。
2、「いつか」~未来を捨てる!
「いつか」使うかもしれない物は、使うことがありませんので、どうぞ捨ててしまってください。
3、「あなたのレベルを下げる物」~現在を捨てる
たとえば、男性なら誰でも持っている?低俗な雑誌や漫画、アダルトビデオなど欲望を増幅させるような物は、あなたの品性を下げます。
そこから出るマイナスの波動が、部屋の磁場を作り上げてしますそうです。
ドキッとする、怖い話ですねぇ~。
4、「過去の栄光や思い出」~過去を捨てる
人は年をとるにつれて、若かりし頃の輝かしい栄光や思い出を大切にしようとしますよね。そこからワンステージ、レベルアップするためには、今まで積み上げてきたステージをすべて捨て去り、新しい自分になる決意が必要なんですって。

私にとっては、特に、4番目の過去を捨てるのは相当勇気がいります。
要するに、自分が今まで積み上げてきた実績に甘んずることなく、社長の椅子にふんぞり返ることもなく、いつまでも現役で、新しい自分を見つけるために、「玉拾いから始める」覚悟を持って、自ら新しいことに挑戦し続けるっていうことですよね。

ふと、倫理研究所の万人幸福の栞の第12条、「得るは捨つるにあり」(捨我得全)を思い出しました。やはり丸山敏雄先生の教えも奥が深いですね。

今回の、気付きを与えてくれた、ありがた~いセミナー、ひとり4,000円なり~!

2006年07月14日(金)更新

お盆は7月?8月?

昨日13日はお盆の入りということで、根岸にある家内方のお墓と、谷中にある私方のお墓をお参りして、ご先祖様をお迎えしてきました。
義母とうちの家内は、根岸にあるお寺に長い間お世話になっていた関係で、うちの家内は今でも、お盆やお彼岸になると、お寺の入口でお花やお線香のお手伝いをさせていただいてます。
こちらが、昨日の様子です。
お盆の入り

まだお盆の入りということで人手は少ないようです。
15日の土曜日は、お参りの方でいっぱいになることでしょう。

お盆について調べてみると、東京など都心部では、7月13日~16日に行うことが多いようで、
地方では、8月13日~16日が多いようです。
お盆休み、実家に帰って水入らずのお盆休みっていいもんでしょうね。
東京生まれ、東京育ちの私には羨ましく感じますが、帰省ラッシュなどなど‥‥大変なのかな。

こちらの生花、1対、1,500円、お線香、1対、500円で、しめて2,000円。
2件分あわせて、4,000円なり~、ちゃり~ん!南無~。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2006年7月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一