大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「土用の丑の日、うなぎの日」~尾花(南千住)

投稿日時:2015/07/23(木) 17:02rss


ご覧ください。地元のうなぎの名店、南千住にある尾花の開店30分前の光景です。

酷暑が続く蒸し暑い中、両親含め中高年の皆さんがじっと我慢して並んで待っています。

201507231800_1-300x0.jpg

さて11時半にシャッターが開くとお腹を空かせたお客さんが順番に席に案内されていきます。

その前にお店横の立派なお稲荷さんへのお参りもお忘れなく。

201507231800_2-300x0.jpg

座敷席に案内されて待つこと20分ほどでまずは焼き鳥と卵焼きの登場です。

どちらも期待を裏切らない美味しさでほっぺがおちそう。

201507231800_3-300x0.jpg

さらに待つこと20分ほどで真打、うな重の登場です。

身だけでなく皮まで限りなく柔らかいうなぎが尾花のウリなんです。

濃厚ですが食べるとあっさりとしたタレ加減も絶妙です。

201507231800_4-300x0.jpg

今年の夏の土用の丑の日は、7月24日(金)と8月5日(水)だそうです。

調べてみたら、夏の土用の丑の日にううなぎを食べるようになった由来は江戸時代にさかのぼります。

かの有名な天才平賀源内先生が知り合いの鰻屋に頼まれて「本日、土用丑の日、鰻の日」という張り紙を出し、

夏場なのに飛ぶように売れたとか。その結果、土用丑の日はうなぎを食べる風習ができたようです。

実は、本当にうなぎが美味しいのは脂ののった冬の土用の丑の日だそうですが、夏バテにはうなぎで決まり!

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
038b2d77838ac4e84178b4a2a2e3dd5b.png?1542286277
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

ブログ検索

キーワード

会社概要

昭和10年、現社長の祖父の斉藤壽市が当地において空びんの再生業を始める。 終戦後、空びん及び空缶の再生業を再開。 昭和32年10月、現会長で実父の山岸富二により有限会社エビスヤとして法人設立。 業務用規格汎用缶の加工及び販売を始める。 昭和42年、株式会社エビスヤとし工場生産を始める。...

詳細へ

プロフィール

1958年4月27日生まれ。東京都荒川区生まれ育つ。地元の小中学校を卒業後、明治大学付属中野高校から推薦で明治大学法学部へ進学。昭和56年明治大学法学部を卒業後、4年間の会計事務所勤務を経て、実父の経営するエビスヤに入社。入社後、従来の業務用缶の販売以外に新しいジャンルの雑貨缶分野を開拓し数年...

バックナンバー

<<  2018年11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • ひぐらしの里そば処 太宝家@日暮里 from たび☆めし☆うま BLOG
    カレーつけ蕎麦をいただきました。蒸し暑い日にはつるっとカレー味をいただくのがいいですね~。美味しかったです。 お店情報など・・・
  • chanel handbags from chanel handbags
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Seo Tools from Seo Tools
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • ralph lauren uk from ralph lauren uk
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一
  • Cheap Oakley Sunglasses from Cheap Oakley Sunglasses
    日暮里 「麺・酒処 ぶらり」 - 株式会社エビスヤ 代表取締役 山岸健一